制御機器

受注終了品を探す



スマートグリッド向け商品のご提案

スマートグリッド向け商品のご提案

スマートグリッド向けリレー

アプリケーション紹介

電話番号(携帯OK)0120-101-550 FAX 0120-027-278 受付時間:9:00~17:00(弊社休業日除く)

太陽光発電システム向け

推奨商品

HE-V
HE-Vリレー
ソーラーストリング遮断用

表示器
表示器
エコパワーメータ
エコパワーメータ
電流センサ
電流センサ(CT)
※発電電力や売買電力を計測&表示

LF-G
LF-G
HE PV
HE PV
HE-S
HE-S
・AC安全遮断用 ・自立制御用

AQZ
AQZ
感電防止、バイパス用
(高効率化)

EP
EP
DC安全遮断用

[接続箱]

インバータ

分電盤

負荷

電 力 網

自立機能

[パワーコンディショナ]

AQ-A EP HE-V
AQ-A EP HE-Vリレー
・バッテリ-充放電の切り替え
・DC安全遮断用
突入防止用

蓄電池

推奨商品(AC側)

HE PV
HE PV
HE-S ※
HE-S
LF-G
LF-G

表示器
表示器
エコパワーメータ
エコパワーメータ
電流センサ
電流センサ(CT)

インバータ

分電盤

負荷

電 力 網

自立機能

HE-S リレー使用時

※2a1bタイプ×1個を使用
(接点溶着監視回路構築が可能)

お勧め
リレー

AC側安全遮断用途
リレーは電力網の安全遮断用として使用されます。具体的には、異常電流発生時にその影響が商用電源側に回りこまないよう遮断することです。電力系統の保護のため、安全対策としてパワーリレーは必要です。
自立機能運転用途
停電時にリレー接点はオンとなり、自立機能が使えるようになります。リレーは、自立機能運転用に使用されます。
エコパワーメータ/表示器用途
太陽光発電システムの売買電力量やパワコンからの発電電力をモニタリング表示するために使用されます。
蓄電池と連携した太陽光発電システムや燃料電池システムにおいては、系統への逆電力(潮流)監視が必要とされ、微小電流検知機能を備えたエコパワーメータであれば逆電力(潮流)監視用途にも最適です。

推奨商品(DC側)

ソーラーストリング用途

HE-V
HE-Vリレー

ジャンクションボックス用途

AQZ PhotoMOS
AQZ

お勧め
リレー

※1,000V DCは各1a接点を直列接続した時の最大許容電圧。定格は800V DCです。

●パネル上に遮蔽物がかかった場合や、不具合が発生した場合、パネルの発電効率がシステム全体で低下します。 このような場合はリレーを使い、低効率のパネルをバイパスする、あるいは、ストリングを遮断することでシステム全体の発電効率を保つことが可能です。
●火災など災害発生時に各パネルを短絡させることでシステムの安全性を保つことが可能です(消防隊員の感電防止など)。
●保守メンテナンス時に遠隔で制御が可能。メンテナンスコストの低減が可能です。

お勧め
リレー

接続箱・パワーコンディショナ用途

EP
EP

●火災など災害発生時にDCラインを遮断することでシステムの安全性を保つことが可能です。
●保守メンテナンス時に遠隔で制御が可能。メンテナンスコストの低減が可能です。
●蓄電池接続時の異常時大電流遮断が可能です。(80~300Aタイプ)

お勧め
リレー

※1,000V DCは最大許容電圧。定格は400V DCです。


ページトップへ戻る

蓄電システム向け

インバータ

ACコンセント

負荷

蓄電池

蓄電池

LF-G HE-S HE PV
LF-G HE-S HE PV
(LF-G/HE PV : 1a 22A-90A 277V AC)
(HE-S : 2a/2a1b 35A 277V AC)

EP HE-V AQ-A
SSR
EP HE-Vリレー AQ-A
(EP : 1a 10A-20A 1,000V DC ※1)
(HE-V : 2a 20A 1,000V DC ※2)
(AQ-A : 1a 10A 600V DC)

※1 1,000V DCは最大許容電圧。定格は400V DCです。
※2 1,000V DCは各1a接点を直列接続した時の最大許容電圧。定格は800V DCです。

PhotoMOS
PhotoMOS
最大1,500V耐圧品を品揃え。
品種については、営業にご確認ください。

EP AQ-A
SSR
EP AQ-A
(EP : 1a 20A-300A 1,000V DC ※)
(AQ-A : 1a 10A 600V DC)

1,000V DCは最大許容電圧。
定格は400V DCです。

その他
お勧め商品
機器用はめ込みコンセント
AC側安全遮断用途
リレーは電力網の安全遮断用として使用されます。具体的には、異常電流発生時にその影響が商用電源側に回りこまないよう遮断することです。電力系統の保護のため、安全対策としてパワーリレーは必要です。
DC側安全遮断用途
バッテリーおよびシステムが不具合・故障した際に、安全対策としてパワーリレーは必要です。
充放電用途
AQ-A SSR(PhotoMOSリレー)は充電・放電時の切替に使用されます。ON/OFFの切替回数の多い用途には半導体リレーがお勧めです。

充電制御
放電制御
蓄電池

1
通常時
充電・放電制御の両方の半導体リレーをON。
双方向に電流が流れます。
2
過充電防止
過充電防止のため、充電制御側の半導体リレーがOFFになります。
放電側はダイオードがあるため電流は流れます。
3
過放電防止
過放電防止のため、放電制御側の半導体リレーがOFFになります。
充電側はダイオードがあるため、電流は流れます。
半導体リレー内部ダイオードを有効活用することにより、充電・放電制御が可能です。
出力側等価回路
※内部ダイオードを有効活用する場合は、当社までお問い合わせください。
(最大制御容量が出力部と異なります。)

充電時コンデンサの突入防止用(プリチャージ回路)
AQ-A SSR(PhotoMOSリレー)、HE-Vリレー、EPリレー 10A、20Aタイプは充電時コンデンサの突入電流防止用として使用されます。小型要望の場合は半導体リレー、高電圧の場合はHE-Vリレー、EPリレー10A、20Aタイプがお勧めです。

メインリレー
(DC安全遮断用)

インバータ

高容量コンデンサを使用。
突入電流の恐れあり。

突入防止用リレー
(プリチャージリレー)


機器起動時、突入防止用リレーがONし、コンデンサ充電後にメインリレーがONします。
コンデンサ充電時に発生する突入電流に対する保護として有効です。
絶縁検知用途
PhotoMOSリレーは蓄電池ユニットの絶縁劣化を監視するのに使用します。
ユニット内に絶縁劣化がある場合、ON時に地絡電流が流れ、センサで検知します。
蓄電池が高電圧なため、高耐圧タイプのPhotoMOSリレーが最適です。

警報信号出力
〈異常時〉

電流センサ

蓄電池

電流センサ

絶縁劣化部

蓄電池ユニット内部

絶縁劣化部がある場合、リレーをオンすると電流が流れる。

(高電圧部とシャーシの絶縁が劣化している時)
1. PhotoMOS がON
2. 電流センサで地絡電流を検知
3. 警報信号の出力

電流

バッテリーモニタリング用途
PhotoMOSリレーは電池セル(群)の充電電圧のモニタリング回路用として使用されます。
小型サイズ、高頻度開閉可能なPhotoMOSリレーが最適です。
リレーを使用する事で高電圧部との絶縁を可能にしています。

コンデンサ充電時

〈電池セル側〉

〈計測側〉

1. 電池セル側のPhotoMOSがON
2. コンデンサに充電

計測時

〈電池セル側〉

〈計測側〉

1. 電池セル側のPhotoMOSがOFF
2. 計測側のPhotoMOSがON
3. コンデンサの電圧(=電池セル(群)の電圧)を計測

ページトップへ戻る

急速充電スタンド向け

AC 側

DC 側

整流器

電気自動車

PhotoMOS
30~60Vタイプ

PhotoMOS

LF-G HE-S HE PV
LF-G HE-S HE PV
(LF-G/HE PV : 1a 22A-90A 277V AC)
(HE-S : 2a/2a1b 35A 277V AC)

PhotoMOS
PhotoMOS
最大1,500V耐圧品を品揃え。
品種については、営業にご確認ください。

EP
EP
(1a 80A-300A 1,000V DC ※)

1,000V DCは最大許容電圧。
定格は400V DCです。


その他
お勧め商品
EV・PHEV 充電用接地コンセント※
※上記商品は普通充電スタンド対象のお勧め商品です。
AC側安全遮断用途
リレーは電力網の安全遮断用として使用されます。具体的には、異常電流発生時にその影響が商用電源側に回りこまないよう遮断することです。電力系統の保護のため、安全対策としてパワーリレーは必要です。
絶縁検知用途
PhotoMOSリレーは急速充電スタンドの絶縁劣化を監視するのに使用します。
ユニット内に絶縁劣化がある場合、ON時に地絡電流が流れ、センサで検知します。
急速充電スタンドは高電圧なため、高耐圧タイプのPhotoMOSリレーが最適です。
DC側安全遮断用途
バッテリーおよびシステムが不具合・故障した際に、安全対策としてパワーリレーは必要です。
信号制御用途  ICカード起動用
充電コントロール等にICカードが必要な機種は、信号制御用に低オン抵抗のPhotoMOSリレーが使用されます。

ページトップへ戻る

スマートメータ向け

分電盤へ(宅内)

配電網へ(電力会社)

メインリレー

表示器

入力コントローラ

制御回路

データ通信
インターフェイス

PhotoMOS

アクセサリー
外部出力

DW リレー
LQ リレー

データ入出力
RS485

電気温水器など

PhotoMOS
AQ-H
SSR
PhotoMOS PhotoMOS
駆動回路用: 60Vタイプ
通信用  : 350/400Vタイプ

DZ
DZ
DZ-S
DZ-S
(1a 120A 250V AC) (1a 90A 250V AC)

DW
DW
LQ
LQ
(1a 8A 250V AC) (1a 10A 125V AC)

その他
お勧め商品
主電源遮断用途
メインリレーは主電源遮断用として使用されます。計画停電、プリペイド式、安全対策、電気料金不払い対策などの必要性から遠隔遮断が求められています。
アクセサリー外部出力用途
リレーは、深夜に電気温水器のヒータ等をオンさせるコンタクタの駆動用として使用されます。
メインリレー駆動用 用途
PhotoMOSリレーやAQ-H SSRはメインリレーを駆動させるリレーとして使用されます。
データ通信用途
PhotoMOSリレーは外部へ通信する際の出力用接点として使用されます。

ページトップへ戻る

ラピッドシャットダウンシステム向け (NEC2014 690.12)

太陽光発電システム電源ライン緊急遮断装置用

緊急遮断装置

パワーコンディショナ

緊急遮断釦(火災時など)

HE-V
HE-Vリレー
UL規格対応(20A 600VDC)

消火活動時の電源ライン遮断用途
【ラピッドシャットダウンシステムとは】
太陽光発電設備のパネル側DC電源ライン遮断を目的としたシステムです。
北米では火災発生時の消火活動中に消防士が感電するケースが発生したため、NFPA(National Fire Protection Association)がNEC2014(National Electric Code 2014)の中で定義(690.12)し法制化されつつあります。 また、ドイツでも火災保険に入るためには設置が必須となっております。

【NEC2014 690.12 定義(要約)】
●緊急遮断装置(遮断用リレー使用)は建築物内に設置の場合は太陽光パネルから1.5m(5ft)以内、屋外の場合は3m(10ft)以内に設置が必要。
●遮断開始から10秒以内に30V及び240VA以下に制限が必要。
●システム構成にはUL規格対応済みの部品を使用する必要あり。

ページトップへ戻る


カタログダウンロード

シリーズカタログ タイトル 言語 ファイル
サイズ
更新日
スマートグリッド向け商品のご提案
第3版
JP 6.6MB 2015年10月1日
Panasonic Products for Smart Grids Solutions
3rd edition
EN 5.8MB 2015年11月30日
電話番号(携帯OK)0120-101-550 FAX 0120-027-278 受付時間:9:00~17:00(弊社休業日除く)
メールでのご連絡

ページトップへ戻る


ご注文・ご使用に際してのお願い