Terminal GTWIN Ver.2.E3 差分ファイル

お取り扱いについて (必ずお読みください)

制限事項

Terminal GTWIN Ver2.E3差分ファイルは、Ver.2.0以降をVer2.E3にバージョンアップするためのソフトウェアです。

このソフトウェア単体では、インストールできません。
このソフトウェアをインストールするには、すでにTerminal GTWIN Ver.2.0以降がインストールされている必要があります。
Terminal GTWIN Ver.1をご使用のお客様は、別途バージョンアップ版をお求めください。

ページトップへ戻る

ご注意

本ソフトウェアのご使用に際しては、以下の点にご注意ください。
本ソフトウェアの著作権は、パナソニック デバイスSUNX株式会社(以下"弊社")が保有しております。
ご使用になられた時点で、下記の【使用条件】に同意いただけるものといたします。

使用条件

  • 弊社は、本ソフトウェアに対していかなる保証もいたしません。
  • 弊社は、本ソフトウェアの使用または、動作から発生する直接損害・間接損害・波及的損害・結果的損害、または特別損害についても一切の責任を負いません。
  • 弊社は、本ソフトウェアの使用・転載、および配布に関しては、特に制限をいたしません。
    ただし、転載・配布する際に、メディア代等以上の手数料を徴収したり使用に制限を付けることはこれを禁じます。
  • ご利用いただく使用者は全員、制御機器会員(Webサイト)のマイページにてソフトウェアユーザ登録をお願いしております。

動作環境

インストールする際のパソコン動作環境をご確認ください。

OS Windows®8, Windows®7, Windows Vista®, Windows® XP, Windows® 2000
必要ハードディスク容量 600MB以上
推奨CPU Intel® Pentium® III 600MHz以上
推奨搭載メモリ 128MB以上
推奨画面解像度 1240×768以上
推奨表示色 4096色以上

Windows(64bit 版)について

Windows®の64bit 版はWindows® 7およびWindows® 8 のみ対応しております。
Windows® 7およびWindows® 8 以外は、32bit 版をご使用ください。

パソコンスペック

上記の使用できる環境は最低限必要な環境となります。各OS が推奨するスペック以上のパソコンでご使用ください。

インストール方法

1.以下のダウンロードファイルをクリックし、ファイルの保存先を指定してください。

任意の保存先を指定して「保存」ボタンをクリックしてください。
ファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロードファイル 言語 バージョン ファイルサイズ 更新日
gtwin_spv2e30j.exe JP 2.E3 260.8MB 2014年3月4日

2.ダウンロードが終了したら、上記でダウンロードしたファイルをダブルクリックしインストールを行ってください。

 

3.インストールが開始されます。

  • 「このパソコンには、すでにGTWINが存在するためインストールできません。アンインストールしてからインストールしてください。」のメッセージ表示がない場合は、手順の5.へお進みください。
  • 「このパソコンには、すでにGTWINが存在するためインストールできません。アンインストールしてからインストールしてください。」のメッセージ表示があった場合は、インストールを中断して「コントロールパネル」-「アプリケーションの追加と削除」でGTWINをアンインストールしてください。
    (※旧バージョンのGTWINがインストールされているかをチェックをしているため、手順2.のインストールを行わず先にアンインストールを実行した場合、バージョンアップできなくなります。手順通りにインストールください。)
 

4.再度ダウンロードしたファイルをダブルクリックしインストールを実行してください。

 

5.インストールが完了したら、パソコンの再起動を行ってください。

  • USBを使用してパソコンを初めて接続した時、「新しいハードウェアの検出ウィザード」が起動しますので、「一覧または特定の場所からインストールする」を選択し「次へ」をクリックしてください。
  • 「次の場所を含める」をチェックし、GTWINをインストールしたフォルダの「GTWIN_USB」サブフォルダ(デフォルトでは「C:\Program Files\Panasonic-ID SUNX Terminal\GTWIN\GTWIN_USB」)を指定して「次へ」ボタンをクリックしてください。
  • USBドライバのインストールが始まりますので、画面のメッセージに従って操作してください。
 

6.制御機器Web会員(Webサイト)のマイページにてソフトウェアユーザ登録を実施してください。

制御機器Web会員マイページよりソフトウェアのユーザ登録を実施してください。

ユーザ登録にはパナソニック 制御機器Web会員への登録が必要です。
未登録のお客様は下記よりご登録ください。

 

バージョンアップ後の注意・制限

ユーザ登録されたユーザ部品ライブラリの移行

GTWIN Ver2.C11以下からバージョンアップされる場合、インストール先が「Panasonic-ID SUNX Terminal」に変更されています。インストール後の初期状態では以前のバージョンのGTWINでユーザ登録された部品ライブラリは利用できません。以前の保存先から、現在使用中のフォルダ(※)に「***.UPL」ファイルをコピーしてください。

現在使用中のフォルダはGTWINの「ファイル」→「環境設定」→「GTWIN環境設定」→「ドライブ」→「部品ライブラリ」で確認できます。(デフォルトでは「C:\Program Files\Panasonic-ID SUNX Terminal\GTWIN\stp」となります。

「***.SPL」ファイルはコピーしないでください。標準の部品ライブラリが使用できなくなる場合があります。

ビットマップライブラリの移行

GTWIN Ver2.C11以下からバージョンアップされる場合、インストール先が「Panasonic-ID SUNX Terminal」に変更されています。インストール後の初期状態では以前のバージョンのGTWINで登録されたビットマップライブラリは利用できません。以前の保存先から、現在使用中のフォルダ(※)に「***.bml」ファイルをコピーしてください。

現在使用中のフォルダはGTWINの「ファイル」→「環境設定」→「GTWIN環境設定」→「ドライブ」→「BMPライブラリ」で確認できます。(デフォルトでは「C:\Program Files\Panasonic-ID SUNX Terminal\GTWIN」となります。

ベリファイについて

バージョンアップ前のGTWINで転送されたGTに対して、バージョンアップ後のGTWINでベリファイした場合、「NG」と表示されることがあります。バージョンアップ後のGTWINで全てのデータを再転送した上でベリファイを行ってください

 

ページトップへ戻る