制御機器

受注終了品を探す



LF-Gリレー

安全面の観点より、機器メーカとの間で仕様の確認及び評価確認を実施してリレーをお使い頂いております。安全面を考慮し、個人のお客様とのお取引やお問い合わせには対応致しかねますことをご承知おき下さい。

太陽光発電のパワーコンデショナー用途
小型サイズ1a 22A/33A パワーリレー

LF-Gリレー
RoHS規格 UL C-UL Recognaized VDE HOUSE MARK

UL/C-UL 、VDE を取得しています。
CSA規格はC-ULにて取得しています。

保護構造:フラックスタイト

機器設計の際は、『最新の商品仕様書』にてご確認願います。
使用上の注意事項は、カタログ/データシートや、関連情報をご覧ください。

特長

1.小型サイズ(L:15.7×W:30.1×H:23.3mm)にて22A/33A(高容量タイプ)250V ACの高容量制御を実現

2.接点GAP:1.5mm、1.8mm※1
太陽光発電規格(IEC62109※2、VDE0126※3)適合

欧州における太陽光発電規格(IEC62109、VDE0126)に適合
EN61810‑1:耐サージ電圧2.5kV(接点間)に適合
 ※1: 太陽光発電インバータ向け国際安全規格
 ※2: 太陽光発電インバータ向けドイツ安全規格
 ※3: IEC62109に高度規定(2,000m以上)追加のため

3.コイル保持電圧※1による機器の省エネに貢献

コイル保持電圧をコイル定格電圧の35%Vまで低減できます(周囲温度20℃※2)。
これにより消費電力は170mW相当となり、機器の省エネに貢献できます。
 ※1: コイル保持電圧:コイル定格電圧印加から100ms以降のコイル電圧
 ※2: 使用周囲温度85℃の場合、コイル保持電圧はコイル定格電圧の45~80%Vとしてください。

4.高絶縁

接点-コイル端子間の沿面距離は9.5mm以上、空間距離は6.5mm以上を確保しています。耐サージ電圧は6kVです。

用途

1.太陽光発電システム(パワーコンディショナー)

2.UPS(無停電電源装置)

3.家電機器

4.OA機器

※電気用品安全法には準拠しておりませんので、ご使用の際はご注意ください。
対応品ご要望の際は、当社までお問い合わせください。

ページトップへ戻る

新規CTA
お電話でお問い合わせ
0120-101-550 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
制御部品・電子デバイス
技術サポート

0120-101-550

FAX 0120-027-278

ダウンロード

コネクタ オリジナルレシピ 初級編 コネクタ オリジナルレシピ 初級編

SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/ssr/index.jsp>

PhotoMOS リレーの基本 PhotoMOS リレーの基本 <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/photomos/index.jsp>

PhotoMOS リレー上級編 PhotoMOS リレー上級編


ご注文・ご使用に際してのお願い