【お知らせ】

制御部品・電子デバイス商品の電話・FAXによるお問合せ受付を6月1日(月)9:00より再開いたします。 回線を通常より減らしての受付体制となりますため、電話がつながりにくいことがございます。悪しからずご了承ください。メールでのお問い合わせにご協力をお願いいたします。

制御機器

受注終了品を探す



焦電型赤外線センサ PaPIRs(パピルス)設計構造

市場要望に対応した独自の設計構造

パナソニックの焦電型赤外線人感センサは、優れた検知性能や信頼性を得るため、内部信号処理から製造方法に至るまで従来品とは異なる独自の設計がなされています。

設計省力化と優れた耐輻射ノイズ性

お客様の製品設計の省力化に貢献するような感度設計がされたアンプとコンパレータをASICに構成。それをTO-5メタルCANに内蔵することによる磁気シールド効果で、Wi-Fiルーターや携帯電話から発生する電磁波を遮断。優れた耐輻射ノイズ性を実現しました。

小型でスマートなレンズデザイン

従来より小型の特別な焦電素子設計(0.6mm×0.6mm)により、光学的焦点距離が短くなり、レンズの小型化を実現しました。

高感度(従来品の約2倍)

焦電素子に独自のスリットを形成することにより、4つの焦電素子の熱絶縁性を高め、赤外線変化をそれぞれの焦電素子に確実に取り込むことにより高感度を実現しました。

 

スリットの無い焦電素子の熱分布

 

スリットのあるパナソニックの焦電素子の熱分布

優れたS/N比(従来品の約4倍)

センサ素子の微小出力信号を電流/電圧変換(I/V回路)に、従来のFETを使わない独自のコンデンサ帰還回路を採用しました。これにより温度揺らぎによる誤検知を低減します。

【PaPIRs】 S/Nが高い(=定常ノイズが小さい)
 

しきい値

 

出力(アナログ)

しきい値

 
【従来品】 S/Nが低い(=定常ノイズが大きい)
 

しきい値

 

出力(アナログ)

しきい値

 

鉛を含有しない焦電素子材料

従来品は焦電素子に鉛を含有するセラミック材を採用している場合が多いですが、パナソニックは鉛を含有しないリチウムタンタレート(LiTaO3)を焦電素子材料に採用しました。

低消費電流設計〈EKMB(WL)シリーズのみ〉

独自の回路設計技術により、1μA、2μA、6μAレベルの低消費電流を実現。電池駆動用途での電池の長寿命化に貢献します。

ページトップへ戻る


ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
制御部品・電子デバイス
技術サポート

0120-101-550

FAX 0120-027-278

ダウンロード

コネクタ オリジナルレシピ 初級編 コネクタ オリジナルレシピ 初級編

SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/ssr/index.jsp>

PhotoMOS リレーの基本 PhotoMOS リレーの基本 <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/photomos/index.jsp>

PhotoMOS リレー上級編 PhotoMOS リレー上級編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)