制御機器

受注終了品を探す



オンディレータイマ基本回路

オンディレータイマ基本回路

記号

遅延動作(瞬時入力)

コントロールスイッチAを押すと、タイマTが瞬時に動作し、t時間経過後に負荷Lに通電されます。Bを押すとタイマTが復帰し、負荷Lが切れます。

遅延動作(瞬時入力)

遅延動作(連続入力)

スイッチAを入れると、t時間後にタイマ接点が閉じ負荷Lに通電します。
スイッチAを開くと、タイマは復帰し、負荷は切れます。

遅延動作(連続入力)

一定時間動作(瞬時入力)

コントロールスイッチAを押すと瞬時に負荷Lに通電され、t時間経過後、負荷Lが切れます。

一定時間動作(瞬時入力)

一定時間動作(連続入力)

スイッチAを閉じると負荷Lに通電され、t時間後に負荷が切れます。
Aを開にすると、タイマTは復帰し、負荷Lが切れます。

一定時間動作(連続入力)

遅延復帰動作

接点Aを反転すれば瞬時に負荷Lに通電されます。接点Aを元にもどせばt時間経過後に負荷が切れます。
この回路は電源が常時ON状態の時、一種のオフディレー的な用途として利用できます。
ただし停電時のオフディレータイマとしての用途には利用できません。

遅延復帰動作

遅延投入後の一定時間動作(瞬時入力)

コントロールスイッチAを押すと、t1時間経過後、負荷Lに通電され、通電時間がt2時間経過すれば、負荷Lが切れます。
この回路は瞬時入力(ワンパルス)の場合に利用されます。

遅延投入後の一定時間動作(瞬時入力)

遅延投入後の一定時間動作(連続入力)

スイッチAを入れると、t1時間後に負荷Lに通電され、t2時間後負荷Lが切れます。

遅延投入後の一定時間動作(連続入力)

繰り返し動作

スイッチAを入れると、t1時間経過後、負荷Lに通電され、通電時間がt2 時間経過すれば負荷Lが切れ、引きつづき順次t1とt2が交互に繰り返され ます。そしてAを切れば繰り返し動作が停止します。

繰り返し動作

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])