【サイトアクセス状況について】

ご使用のブラウザや、回線の接続状況等により、ページの閲覧や資料のダウンロードが一時的に不安定になる場合がございます。
その際は少しお待ちいただき、お手数ですが再度アクセスをお願いいたします。

制御機器

受注終了品を探す



エア流量モニタ EWA2

今度はエアだけでなく、窒素ガス(N2)の使用量も「見える化」!
消費電力のムダを徹底チェック!!

小口径
25A・32A
小口径25A・32A
中口径
40A・50A・65A・80A
中口径40A・50A・65A・80A
大口径
100A・150A・200A
大口径100A・150A・200A
CE Marking

CE を取得しています。
CE : EMC指令(全品番)、圧力機器指令(AEWA2150/2200)

※窒素ガスの計測は小・中口径タイプのみ

実はコンプレッサは、他の設備に比べて大量の電力を必要とします。

つまり、工場の省エネを考えたとき、コンプレッサの使用エネルギーの削減が大きなポイントとなります。

さらに、一般にエア漏れは、設備能力の20~25%もあるといわれています。

そこで、エア使用量の「見える化」で、ムダをチェック!

"超音波式"エア流量モニタの取り付けで、エア使用量を「見える化」!
エア漏れ検知やコンプレッサの稼動効率アップにつながります。

特長

エア流量モニタ(EWA2シリーズ)4つの特長

[特長1]超音波式

使いやすく、耐久性も抜群!
検出原理に超音波式を採用しているためにフィルタなどが不要で、オイルミストを含んだ状態でも計測が可能。
センサ部分が汚れに強く、メンテナンスの必要もありません。

[特長2]適用流体 圧縮エア / 窒素ガス

窒素ガスの計測も可能に!
従来は圧縮エアだけでしたが、コストの高い窒素ガスの流量計測も可能になりました。
配管からの漏えい検知やコンプレッサの供給能力の最適化が図れ、消費電力のムダを改善できます。
※窒素ガスの計測は小・中口径タイプのみ

[特長3]流量換算 NORMAL / STANDARD

流量換算機能を選択!
[ノルマル流量] 0℃、1atm(大気圧)における単位時間当たりの体積流量
[スタンダード流量] 任意の指定温度(℃)、1atm(大気圧)における単位時間当たりの体積流量

[特長4]RS485通信 MODBUS(RTU)

MODBUS(RTU)通信機能を新たに搭載!
現場で取得したデータをData Logger Light (DLL)に送信可能。省配線で簡単に、細かなデータ管理を実現します。

その他特長

エネルギーロス「ゼロ」

超音波式の場合、計測管内に突起物がないため、圧力損失がありません。

エア流量モニタ(流量計・流量センサ)は計測管内に突起物がないため、圧力損失がありません

高い流量計測精度

R.S.(リードスケール)精度は、流量域内のどのポイントでも、その表示値に対しての精度を意味します。そのため、小流量域でも精度よく検出することができます。

高い流量計測精度

ループ配管に対応

正流・逆流の計測が可能。建屋間で受け渡しているエア使用量が把握できます。

ループ配管に対応

出力機能が豊富

パルス出力、アナログ電流出力を搭載。通信と併用して使用できます。

出力機能が豊富

KW Watcherでデータの「見える化」

Data Logger Light(DLL)と接続して計測データを簡単に「見える化」

エア流量モニタをData Logger Light(DLL)に接続することで、圧縮エア・窒素ガスの積算・瞬時流量、圧力、温度等のデータを蓄積。KW Watcherを使用すれば、蓄積したデータをパソコン上でグラフ表示できます。
※さらにエコパワーメータの計測データとあわせ、多角的な視点からコンプレッサの電力と流量を分析することができます。

2014年4月施行の改正省エネ法にも対応しているため、定期報告も容易に!

夏期(7~9月)と冬期(12月~3月)の8~22時の原単位を1.3倍にして、電気需要平準化評価原単位のグラフを表示できます。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

FAX 0120-336-394

海外サポートはこちら
+81-568-20-5080

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報


ご注文・ご使用に際してのお願い