制御機器

受注終了品を探す



FAYbレーザーマーカー LP-RV

ショートパルス ファイバレーザ

LP-RV
CE Marking Korean KC FDA GB

CE 、Korean KC 、FDA 、GB を取得しています。
CE : マーキング適合

特長

1999年、当社は世界で初めてレーザマーカにファイバ発振器を採用したFAYbレーザマーカLP-Fシリーズを発売して以降、約20年にわたり、ファイバレーザマーカのリーディングメーカとして様々なラインナップを販売して参りました。
ファイバ発振方式はYAGやYVO4方式と比べレーザダイオードの寿命が長く、消費電力が低いエコロジーなレーザ発振方式として認知されていますが、一方、レーザのショートパルス化が難しいという課題がありました。
LP-RVは3ユニット構造を採用することで、ファイバ発振方式でありながらパルス幅1nsのショートパルス化を実現。
表現力/アプリケーション対応力の圧倒的な向上に貢献します。

パルス発振ファイバレーザーマーカー(FAYbレーザ)
FAYbレーザとは?

「FAYbレーザ」とは、マスタオシレータから発振した微弱なレーザ光がYb(イッテルビウム)という元素を添加したファイバ内を通過することで増幅され、強いレーザ光を出力する画期的な方式です。

長寿命で高い信頼性

LDには高い信頼性と耐久性を誇るInGaAs(インジウムガリウムヒ素)を採用。さらにLDは印字中にのみ点灯するため、熱負荷が少なく、極めて長い寿命を実現します。

高効率で省エネルギー

イッテルビウム添加のファイバ内でレーザを増幅するため、約50%の光-光変換効率を実現。

ヘッド小型化

YVO4などの固体レーザと異なり、増幅部分を発振器内に収めることができ、ヘッドの小型化による設備の小型化に貢献します。

ショートパルスレーザ

当社独自の技術により、ファイバ方式でありながらパルス幅1nsのショートパルスを実現。
表現力が圧倒的に向上しました。

熱影響が少ない

ワークへの熱影響が少ないショートパルスレーザは熱による焦げや変色、変形を抑えることができます。ICや薄物金属等の熱影響を抑えたいデバイスや、樹脂の発色印字等に最適なレーザーマーカーとしてお使いいただけます。

熱影響が少ない

高繰り返しパルス発振

LP-RVはショートパルスのレーザを高繰り返し発振が可能なので、より高速にレーザ光を走査させても、右図のように、レーザ照射のドット間が離れることなく印字・加工が可能です。これにより、レーザ印字・加工タクトの短縮や品質向上に貢献します。

高繰り返しパルス発振

極小文字印字

ショートパルスレーザはワークへレーザ照射した際の熱の拡がりを抑えることができるため、より細い線分での印字が可能です。
□0.15mmの文字でも文字が潰れることなく、視認性の高い印字が可能です。

極小文字印字

設置がしやすい

3ユニット分離構造

万が一のトラブルの際には、トラブルの内容に応じて必要な個所のみ取り外して載せ替えが可能な3ユニット分離構造を採用。ダウンタイムの短縮に貢献します。
※ ユニット取り外しの際には、弊社技術サービス部門へご連絡ください。

3ユニット分離構造

設定が簡単

Laser Marker NAVI smart

パソコンやタブレットを使用して、文字列やロゴ、2次元コードなどを思いのままに設定が可能です。また、画面レイアウトをお使いの環境に合わせてカスタマイズでき、"設定する人"、"作業する人"など、使用者の目的に合わせて表示を変更することができます。

Laser Marker NAVI smart

【スマート条件設定機能】
レーザパワーやスキャンスピード、パルス周波数など印字条件設定のノウハウをワンタッチ機能に集約。14種類に及ぶ材質のイメージから希望の印字状態をワンタッチで実現します。

スマート条件設定機能

オープンネットワーク接続(オプション)

レーザーマーカー通信ユニットを利用すれば、レーザーマーカーにEtherNet/IPやPROFINETへ接続し、印字内容やレーザ設定などをオープンネットワーク経由で設定が可能です。
※オプション
LP-ANW10:EtherNet/IP
LP-ANW11:PROFINET

画像処理機ダイレクト連携

自動位置補正印字&読み取り確認

画像処理機PV230とのダイレクト連携機能を搭載。ラフに設置されたワークの位置を読み取り、レーザ照射位置を補正しレーザ印字、さらに印字したQRコードなどの情報が正しく印字されたか照合までの一連の流れをPLCレスで実現します。

画像処理機ダイレクト連携
自動印字位置補正
自動印字位置補正
設置されたワークの位置をPV230で読取り
レーザマーキング
レーザマーキング
読み取った位置情報をもとに、角度を補正してLP-RVにて印字
コード読み取り照合
コード読み取り照合
印字した2次元コードのデータを、正しく読み取り可能な情報として印字できているか確認し、印字データと照合。

豊かな印字表現

LP-RVのショートパルスレーザは樹脂発色印字を始め、様々な材質で印字品質、印字速度が向上しています。
ここでは印字条件の設定値を参考で紹介します。
※各設定条件は参考値です。素材の表面状態等により印字状態は異なります。
※ 記載のレーザ設定に対し、下地処理・文字・二次元コードの印字条件に補正値を設定している場合があります。設定値詳細に関しましては、弊社へお問い合わせください。

パワー:35%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:4ns
パルス周期:9μs
印字タクト:0.9秒
パワー:50%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:4ns
パルス周期:8μs
印字タクト:0.7秒
パワー:40%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:4ns
パルス周期:17μs
印字タクト:2.1秒
パワー:40%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:200ns
パルス周期:40μs
印字タクト:0.6秒
パワー:70%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:8ns
パルス周期:24μs
印字タクト:0.6秒
パワー:70%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:4ns
パルス周期:12μs
印字タクト:0.6秒
パワー:80%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:16ns
パルス周期:6.2μs
印字タクト:0.9秒
パワー:80%
スキャンスピード:1,500mm/s
パルス幅:200ns
パルス周期:90μs
印字タクト:0.6秒
パワー:35%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:4ns
パルス周期:9μs
印字タクト:0.9秒
パワー:80%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:16ns
パルス周期:6.2μs
印字タクト:4.6秒
パワー:80%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:8ns
パルス周期:6.2μs
印字タクト:4.6秒
パワー:80%
スキャンスピード:60mm/s
パルス幅:16ns
パルス周期:0.7μs
印字タクト:18.4秒
パワー:40%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:120ns
パルス周期:20μs
印字タクト:0.9秒
パワー:60%
スキャンスピード:100mm/s
パルス幅:16ns
パルス周期:6.2μs
印字タクト:0.7秒
パワー:25%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:120ns
パルス周期:30μs
印字タクト:0.6秒
パワー:35%
スキャンスピード:1,000mm/s
パルス幅:4ns
パルス周期:9μs
印字タクト:0.9秒

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る


ご注文・ご使用に際してのお願い