制御機器

受注終了品を探す



高精度渦電流式変位センサ GP-A(終了品)

使用上のご注意

  • 本製品は対象物の検出を行なうもので事故防止など安全確保を目的とした制御機能を有するものではありません。
  • 本製品は人体保護用の検出装置としては使用しないでください。人体保護を目的とする検出にはOSHA、ANSI、およびIEC等の各国の人体保護用に関する法律および規格に適合する製品をご使用ください。
センサヘッドとアンプは必ず同じ製造番号(5桁)の組み合わせでご使用ください。出荷時に調整してありますので、同じ型式名であっても製造番号の異なる組み合わせでは、特性が変化します。
センサヘッドのケーブルの長さは、変更しないでください。延長または切断すると特性が変化します。

円板径および円柱径に対する直線性特性について

  • 測定対象が円板および円柱の場合、アナログ出力の直線性は検出物体の大きさにより変化します。
    その場合、密着時にゼロ調整を行ない、最大検出距離で電圧出力を5V(電流出力は20mA)に調整すれば、下表に示すサイズ以上の検出物体であれば、フルスケールにて直線性(±0.5%F.S.)を満足することができます。

型式名 円板径ø(mm) 円柱径ø(mm)
GP-A5S(I) 12 10
GP-A8S(I) 12 10
GP-A10M(I) 12 10
GP-A12ML(I) 30 50
GP-A14F(I) 12 10

<円板の場合>

円板の場合

<円柱の場合>

円柱の場合

センサヘッドの取り付け

セットビスによる取り付け

  • 取り付け時の締め付けトルクは、下記の値以下としてください。
  • セットビスは、必ずM3以下のクボミ先を使用してください。

<円柱型>

セットビスによる取り付け
型式名 A(mm) 締め付けトルク
GP-A5S(I) 5以上 0.44N・m
GP-A8S(I) 0.58N・m
(注1): 締め過ぎないようにしてください。

ナットによる取り付け

  • 取り付け時の締め付けトルクは、下記の値以下としてください。

<ネジ型>

ナットによる取り付け
型式名 B(mm) 締め付けトルク
GP-A10M(I) 7以上 9.8N・m
GP-A12ML(I) 14以上 20N・m
(注1): ナットがネジ部より、はみ出さないように取り付けてください。

GP-A14F(I)の取り付け

GP-A14F(I)の取り付け

周囲金属との間隔

  • センサヘッドの周囲にある金属が検出に影響を及ぼす場合がありますので、下記事項にご注意ください。

<金属内への埋め込み>

  • 金属の種類にもよりますが、完全に埋め込んでしまうと、アナログ出力が変化する場合がありますので、以下に示す値以上の空間をあけてください。

<円柱型、ネジ型>

円柱型、ネジ型

<フラット型>

フラット型
型式名 C(mm) D(mm)
GP-A5S(I) ø18 4
GP-A8S(I)
GP-A10M(I) 7
GP-A12M(I) ø50 14
  • GP-A14F(I)は、金属に完全に埋め込んで使用できます。但し、検出面よりも周囲金属が前に出ないようにしてください。

<相互干渉について>

  • 複数のセンサヘッドを並べて使用する場合は、仕様を満足できなくなる場合がありますので、以下に示す値以上の間隔をあけてください。

<円柱型、ネジ型>

円柱型、ネジ型

<フラット型>

フラット型
型式名 E(mm)
“I”タイプと“I”のないタイプ “I”タイプ同士または“I”のないタイプ同士
GP-A5S(I) 11 36
GP-A8S(I)
GP-A10M(I)
11 38
GP-A12ML(I) 14 130
GP-A14F(I) 0 30
(注1): “ I”タイプは、異周波タイプです。
(注2): 分解能の要求精度が仕様(0.04%F.S.)より低い場合は、表の値よりさらに接近させることができます。詳細については、お問い合わせください。

アンプ適用圧着端子寸法

アンプ適用圧着端子寸法
(注1): 絶縁チューブ付のものをご使用ください。
(注2): 推奨圧着端子:呼び1.25-3.0

その他

  • 電源投入時の過渡的状態(0.5s)を避けてご使用ください。
  • 振動の激しい所では、誤動作する場合がありますので使用しないでください。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])