制御機器

受注終了品を探す



2画面・デジタル圧力センサ [気体用] DP-100L

使用上のご注意

  • 本製品は、人体保護用の検出装置としては使用しないでください。
  • 人体保護を目的とする検出にはOSHA、ANSI、およびIEC等の各国の人体保護用に関する法律および規格に適合する製品をご使用ください。
  • 本製品は、非腐食性気体用です。液体や腐食性気体には使用できません。また、人体に影響を及ぼす引火性、毒性などの流体は絶対に使用しないでください。

各部の名称

配線

  • 配線作業は、必ず電源を切った状態で行なってください。
  • 電源入力は、定格を超えないよう電源変動をご確認ください。
  • 電源に市販のスイッチングレギュレータをご使用になる場合には、必ず電源のフレームグランド(F.G.)端子を接地してください。
  • センサ取り付け部周辺にノイズ発生源となる機器(スイッチングレギュレータ、インバータモータなど)をご使用の場合は、機器のフレームグランド(F.G.)端子を必ず接地してください。
  • 高圧線や動力線との並行配線や、同一配線管の使用は避けてください。誘導による誤動作の原因となります。
  • 誤配線をすると、故障の原因となります。

接続

  • 直接ケーブルの引き出し部およびコネクタ部にストレスが加わらないようにしてください。

接続

取り付け

  • センサ取付金具MS-DP1-1/MS-DP1-5を別途用意していますので、ご利用ください。尚、センサをセンサ取付金具などで取り付ける場合の締め付けトルクは、0.5N・m以下としてください。

センサ取付金具MS-DP1-1/MS-DP1-5

  • パネル取付具MS-DP1-2(別売)および前面保護カバーMS-DP1-3(別売)も用意しています。

パネル取付具MS-DP1-2(別売)および前面保護カバーMS-DP1-3 (別売)

  • 当社従来機種DP2/DP3シリーズ(受注終了品)DP2/DP3シリーズから置き換えるためのパネル取付具MS-DP1-4を用意しています。

パネル取付具MS-DP1-4

  • DP-10□-M(-P) / DP-10□ZL3-M-P(-C)用に変換ブッシュMS-DP1-7を用意しています。当社従来機種DP2 / DP3シリーズ(受注終了品)との置き換えが可能です。圧力ポートに接続する場合の締め付けトルクは1.0N・m以下としてください。

ショートポートタイプDP-10□-M用変換ブッシュ

  • ショートポートタイプDP-10□-M(-P)用にフラットアタッチメントMS-DP1-F□を用意しています。

(1)本製品の取付方向を決めます。

本製品の取付方向を決めます。
(注1):圧力ポートを上向きにして取り付けることはできません。

(2)付属のM3ビス(長さ8mm)を使用して、本製品をセンサ(M3めねじ)に取り付けます。その際の締め付けトルクは、0.5N・m以下としてください。

付属のM3ビス(長さ8mm)を使用して、本製品をセンサ(M3めねじ)に取り付けます。

(3)付属のM4ビス(長さ20mm)を使用して、本製品を取付面に取り付けます。その際の締め付けトルクは、1.2N・m以下としてください。

付属のM4ビス(長さ20mm)を使用して、本製品を取付面に取り付けます。
(注1):コネクタ付ケーブルが本製品側面のミゾ部からはみ出した状態で取り付けると、断線するおそれがありますので、ご注意ください。

CE適合のための使用条件

  • 本製品は、EMC指令に対応したCE適合製品です。本製品に適用しているイミュニティに関する整合規格は、EN 61000-6-2ですが、この規格への適合として下記条件が必須となります。

[条件]
<DP-100シリーズ>
・配線長は、全長30m未満としてください。
<DP-100Lシリーズ>
・配線長は、全長20m未満としてください。

配管

  • 圧力ポートに市販の継手を接続する場合は、圧力ポート六角部分に12mmスパナ(DP-100-Eタイプは14mm)を掛けて固定し、締め付けトルク9.8N・m以下で取り付けてください。過大なトルクで締め付けると、市販の継手または圧力ポート部が破損します。
    また、リークのないよう継手にはシールテープを巻いて接続してください。

  • DP-10□-M(-P) / DP-10□ZL3-M-P(-C)の圧力ポートに市販の継手を接続する場合は、製品本体を手で持って固定し、締め付けトルク1N・m以下で取り付けてください。過大なトルクで締め付けると、市販の継手または製品本体が破損します。
  • 変換ブッシュMS-DP1-7の圧力ポートに継手を接続する場合の締め付けトルクは、9.8N・m以下としてください。

  • フラットアタッチメントMS-DP1-FMの圧力ポートに継手を接続する場合の締め付けトルクは、1N・m以下としてください。

  • フラットアタッチメントMS-DP1-FR/FE/FNの圧力ポートに継手を接続する場合は、圧力ポートに14mmスパナを掛けて固定し、締め付けトルク9.8N・m以下で取り付けてください。また、リークのないよう継手にはシールテープを巻いて接続してください。

(注1):圧力ポート以外にスパナを掛けて、圧力ポートを締め付けないでください。センサが破損するおそれがあります。

フラットアタッチメントMS-DP1-F□についてについて

  • フラットアタッチメントMS-DP1-F□とセンサを正しく取り付けてください。正しく取り付けないとエアリークが発生する可能性があります。
  • 過度の着脱を行なうと、Oリングが劣化しますので、ご注意ください。
  • フラットアタッチメントMS-DP1-F□のOリングに触れたり、または傷、ゴミなどが付着するとエアリークが発生し、検出性能が低下するおそれがあります。フラットアタッチメントMS-DP1-F□の取り扱いおよび保管には、充分ご注意ください。

その他

  • 本製品は、工業環境に使用する目的で開発/製造された製品です。
  • 定格圧力範囲内でご使用ください。
  • 耐圧力を超える圧力を印加しないでください。ダイヤフラムが破損して正常な動作が得られなくなります。
  • 電源投入時の過渡的状態(0.5s)を避けてご使用ください。
  • 屋外で使用しないでください。
  • 強い電磁界内では、性能が満足できない場合があります。
  • 蒸気、ホコリなどの多いところでの使用は避けてください。
  • シンナーなどの有機溶剤や水、油、油脂が直接かからないようにご注意ください。
  • 圧力ポートに針金などを入れないでください。ダイヤフラムが破損して正常な動作が得られなくなります。
  • 針先などの鋭利なものでキーを操作しないでください。

RUNモードについて

  • 通常動作のモードです。

設定項目 内容
しきい値設定 UPキー、DOWNキーを押すだけで、ON/OFFのしきい値を直接変更できます。
ゼロアジャスト機能 圧力ポートを大気圧側に開放したとき、圧力値の表示を強制的に"ゼロ"にします。
キーロック機能 キー操作を受け付けなくします。
ピーク・ボトムホールド機能 変動する圧力のピーク値およびボトム値を表示します。ピーク値はメイン表示部、ボトム値はサブ表示部に表示されます。

メニュー設定モードについて

  • RUNモード時にモード切換キーを2秒間押すとメニュー設定モードに切り換わります。
  • 設定途中でモード切換キーを長押しすると、RUNモードに切り換わります。その際、変更された項目は設定されます。

設定項目 内容
比較出力1出力モード設定 比較出力1の出力モードを設定します。
比較出力2出力モード設定
(DP-100シリーズ
高機能タイプを除く)
比較出力2の出力モードを設定します。
アナログ出力/外部入力
切り換え
(DP-100シリーズ
高機能タイプのみ)
アナログ電圧出力またはアナログ電流出力、オートリファレンス入力、リモートゼロアジャスト入力との切り換えができます。
N.O./N.C.切り換え ノーマルオープン(N.O.)またはノーマルクローズ(N.C.)に設定します。
応答時間設定 応答時間を設定します。
応答時間は2.5ms、5ms、10ms、25ms、50ms、100ms、250ms、500ms、1,000ms、5,000msの中から選択できます。
メイン表示部の表示色
切り換え
メイン表示部の表示色の切り換えができます。
出力のON/OFFに対し、 "赤色/緑色"または"緑色/赤色"。 また常時"赤色"または"緑色"に固定可能。
単位切り換え
(DP-100シリーズ
高圧用タイプのみ)
圧力単位の切り換え(MPaとkPa)ができます。

PROモードについて

  • RUNモード時にモード切換キーを5秒間押すとPROモードに切り換わります。
  • 設定途中でモード切換キーを長押しすると、RUNモードに切り換わります。その際、変更された項目は設定されます。

設定項目 内容
サブ表示部切り換え RUNモード中のサブ表示部の表示を任意の英数字に切り換えます。
表示更新周期切り換え メイン表示部に表示される圧力値の表示更新周期を切り換えます。
応差固定値切り換え EASYモードとウィンドウコンパレータモードの応差を設定します。(8段階)
表示色連動切り換え
(DP-100シリーズ
高機能タイプを除く)
比較出力1または比較出力2の出力動作に連動させてメイン表示部の表示色を切り換えることができます。
ECOモード設定 表示部を暗くまたは消灯することにより、 消費電力を抑えることができます。
設定確認コード 設定内容をコードで確認できます。
設定コピーモード
(DP-100シリーズのみ)
マスタセンサの設定内容をスレーブセンサにコピーすることができます。
リセット設定 工場出荷状態にします。

設定確認コード一覧表

コード一覧表
コード 1桁目 2桁目 3桁目 4桁目
標準タイプ 高機能タイプ   標準タイプ
のみ
比較出力1
出力モード
N.O./N.C.
切り換え
比較出力2
出力モード
N.O./N.C.
切り換え
アナログ出力
/外部入力
しきい値
表示
メイン
表示部
の表示色
表示色連動
0 EASY N.O. OFF OFF アナログ電圧出力 P-1、Lo-1 ON時赤色 比較出力1
1 N.C. EASY N.O. オートリファレンス Hi-1 比較出力2
2 ヒステリシス N.O. N.C. リモートゼロアジャスト P-2、Lo-2 ON時緑色 比較出力1
3 N.C. ヒステリシス N.O. アナログ電流出力 Hi-2 比較出力2
4 ウィンドウ
コンパレータ
N.O. N.C. - ADJ. 常時赤色 比較出力1
5 N.C. ウィンドウ
コンパレータ
N.O. - - 比較出力2
6 - - N.C. - - 常時緑色 比較出力1
7 - - - - - - 比較出力2
コード 5桁目 6桁目 7桁目 8桁目
応答時間 単位切り換え 表示速度 ECOモード
0 2.5ms MPa 250ms OFF
1 5ms kPa 500ms STD
2 10ms - 1,000ms FULL
3 25ms - - -
4 50ms - - -
5 100ms - - -
6 250ms - - -
7 500ms - - -
8 1,000ms - - -
9 5,000ms - - -

DP-100Lシリーズ・イベント機能

エラーレベル センサの表示 状態
正常 E-3 0点調整時に圧力が印加 通知情報
正常 E-4 定格圧力範囲外でゼロ調整
正常 1010 圧力上限オーバーまたは
圧力素子異常
正常 -1010 圧力下限オーバー
注意 圧力値表示 稼働時間オーバー
注意 圧力値表示 不揮発性メモリ保存回数オーバー
異常 E-1 出力短絡

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])