制御機器

受注終了品を探す


レーザー樹脂溶着技術のご紹介 第2回 レーザー溶着セミナ

お申込受付中!その道のプロが伝える 第2回レーザー溶着セミナ

レーザー樹脂溶着技術のご紹介

電話番号(携帯OK)0120-394-205 FAX 0120-336-394 受付時間:9:00~17:00(12:00~13:00・弊社休業日除く)

レーザー溶着セミナのご案内

Webや文献だけでは調べきれないレーザー溶着のリアルな情報を、研究者・素材メーカー・溶着機メーカー・自動機メーカーのプロフェッショナルが、各専門分野の視点からわかりやすく解説します。
既に溶着機を導入されている方、これから情報収集する方にもしっかりと樹脂溶着を学んでいただけます。

前回開催内容 / 受講者の声

 

開催概要

日程 名古屋 2019年 2月22日
横浜   3月22日
場所 名古屋 〒460-0002 名古屋市中区丸の内1丁目17番19号
キリックス丸の内ビル 1階中会議室(1階がファミリーマートのビルです)
http://www.officepark-net.jp/conference/kirix/?tab=3
横浜 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-5-15
プレミア横浜西口ビル3Fビジョンセンター横浜 306号室
https://www.visioncenter.jp/yokohama/access/
時間 13時00分~17時30分
受講費(税込) 30,000円(※当社指定口座へのお振込みとなります。)
定員 両開催地とも25名

 

講演内容

1. プラスチック熱溶着・接合技術の基礎と強度評価・異種接合への応用 [研究機関]

講師:邱 建輝(きゅう けんき)

講師:邱 建輝(きゅう けんき)
秋田県立大学工学部
システム科学技術学部 教授

レーザー溶着、超音波溶着、熱板溶着等はすべて熱によって溶着する工法です。
プラスチック熱溶着のメカニズムや接合の技術についての基礎的な内容を中心に、強度評価の方法や、異種接合についてもお話しします。


2. PPS樹脂におけるレーザー溶着条件の最適化について

講師:山口 裕(やまぐち ひろし)

講師:安田 昌充(やすだ まさみつ)
東レ 株式会社
樹脂技術部 樹脂開発室 係長

レーザー溶着の難易度が高いといわれているPPS樹脂ですが、適切な条件設定をすることでレーザー溶着が可能になります。
本講義ではPPS樹脂の特性やなぜ溶着が困難といわれているか、最適条件の求め方等を中心に解説します。
他の樹脂材でレーザー溶着をご検討の方にもご参考頂けると思います。


3. レーザー溶着設備の自動化におけるトラブル事例と注意点 [量産設備]

講師:鎌田 将臣(かまた まさおみ)

講師:鎌田 将臣(かまた まさおみ)
株式会社広島
メカトロ二クス事業部 部長

量産工程の自動化設備では、安定的な生産稼動が求められます。
レーザー溶着工法を試作評価段階から量産・自動化に移行する際に起きうるトラブルや改善ポイントを、事例をもとに解説いたします。


4. ガルバノスキャニング方式を使用したレーザ樹脂溶着工法の応用 [レーザー溶着機]

講師:井上 浩輔 (いのうえ こうすけ)

講師:井上 浩輔(いのうえ こうすけ)
パナソニック デバイスSUNX株式会社
プロセッシング機器事業部 商品企画グループ

一点照射タイプの溶着機とガルバノミラーを使用したレーザー溶着の原理的な違いから、それぞれの特徴・優位性、シングルスキャンとマルチスキャン比較などについて蓄積した実験データを基に解説します。


このセミナを受講して得られるメリット

  • プラスチック熱溶着の基礎から材料の選定、製造工程への応用まで、体系的に学ぶことができます。
  • 各専門分野講師の視点から、文献やWeb等からは得られないリアルな最新情報を学ぶことができます。
  • 材料メーカ、自動機メーカ、溶着機メーカの開発担当者が登壇。実際の工程に即した情報が得られます。

 

予約申込み

ご注意

※1カリキュラムには、変更の可能性があります。
※2個別のテーマのみの聴講はできません。
※3当日会場までの交通費は、ご参加者様にてご負担をお願いいたします。

 

下記フォームにご登録いただきました時点でお申込みの受付とさせて頂きます。

ご不明点等がある場合も下記フォームよりお問い合わせください。
※申込み多数の場合は、受講できない場合がありますのでご了承ください。

 

ご登録フォーム


ページトップへ戻る


ご注文・ご使用に際してのお願い
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)