制御機器

受注終了品を探す



デジタルセンサ用外部入力ユニット FX-CH2

リモートで操作
PLC・タッチパネルでティーチング&設定変更

デジタルセンサ用外部入力ユニット FX-CH2
CE Marking

CE を取得しています。

特長

最大16台のセンサを一括切り換え

最大16台のデジタルファイバセンサの各種設定/切り換えをセンサ本体を操作することなく、PLC・タッチパネルや押しボタンなどの外部信号で一括して行えます。

最大16台のセンサを一括切り換え

外部ティーチングによる安定検出アプリケーション

<ガラス基板の検出(微妙な検出の安定化)>

透明体の検出など、非常に微妙な検出を行なう場合、振動による光軸のわずかなズレなどの外部要因による光量変化は誤動作の原因となります。この場合、定期的に「リミットティーチング“−”」を使用すると検出を安定させることができます。

ガラス基板の検出(微妙な検出の安定化)

<悪環境でのワークの検出(ホコリによる入光量減衰対策)>

ホコリや粉塵などがファイバ部に積もると、入光量が減少します。このような場合、定期的に「リミットティーチング“−”」を使用すると検出を安定させることができます。

悪環境でのワークの検出(ホコリによる入光量減衰対策)

スムーズな段取り替えアプリケーション(外部オートティーチング/データバンク切り換え)

タッチパネルやスイッチからの入力で、デジタルファイバセンサの設定変更、ラインの段取り替えが、簡単に行なえます。

● 外部ティーチング
ワークが変わった時に、ワークを止めずにティーチングする、「フルオートティーチング」がお勧めです。

● データバンク切り換え
出力動作(L-ON/D-ON)やタイマ動作といった設定をデジタルファイバセンサのデータバンクに登録しておくことで、外部入力で切り換え可能です。※3ファイルまで可能。

<ティーチング入力>

下記種類の、外部ティーチングが可能です。[FX-305(P)の場合は、出力1のみティーチング可能です]
●フルオートティーチング
●リミットティーチング“−”
●リミットティーチング“+”
●2点ティーチング

キーロック設定入力

オペレータの誤操作を防ぐキーロックの設定と解除ができます。

データバンク切り換え入力

3チャンネルのデータバンクを切り換えて、一括ロードおよび一括セーブできます。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])