制御機器

受注終了品を探す



CMOSタイプ マイクロレーザ測距センサ HG-C

使用上のご注意

このWebサイトは製品を選定していただくためのガイドであり、ご使用にあたっては必ず製品付属の取扱説明書をお読みください。

  • 本製品は人体保護用の検出装置としては使用しないでください。
  • 人体保護を目的とする検出にはOSHA、ANSI、およびIEC等の各国の人体保護用に関する法律および規格に適合する製品をご使用ください。
  • 製品付属の取扱説明に記載されている以外の方法で操作しないでください。規定した以外の手順による制御や調整は、危険なレーザ放射の被ばくをもたらす可能性があります。
  • 本製品は、JIS/IEC/GB規格およびFDA規則※のクラス2レーザ製品です。危険ですので、レーザ光を直接見たりレンズなどの観察光学系を通して見ないでください。
  • 本製品には、警告ラベル(英語)が貼付されています。ラベルの内容に従ってお取り扱いください。(日本語・中国語も同梱されています。)

※FDA規則のLaser Notice No.50(2007.6.24)の規定に従い、FDA規則(21 CFR 1040.10および1040.11)に準拠しています。

取り付け

  • 本製品を取り付ける際は、M3ビスを使用し、締め付けトルクは0.5N・mとしてください。M3ビスは、別途ご用意ください。

  • 簡易取付金具(別売)を本製品に取り付ける場合の締め付けトルクは、0.5N・m以下としてください。

(注1): 簡易取付金具のため、変位データ取得およびシビアな検出を目的とした用途では、設置条件により検出特性を保持できない場合がありますのでご注意ください。

取り付け方向

  • 移動体に対する方向

<材質・色差がある場合>

  • 移動する測定対象物の材質・色が極端に異なる測定を行なう場合、次のような方向に取り付けることで、測定誤差を最小限に抑えることができます。

材質・色差がある場合

<回転する対象物の測定>

  • 回転する対象物を測定する場合、次のように取り付けることで、対象物の上下の振れや位置ずれなどの影響を抑えて測定することができます。

回転する対象物の測定

<段差がある場合>

  • 移動する測定対象物に段差がある場合、次のように取り付けることで段差エッジの影響を抑えて測定することができます。

段差がある場合

  • 狭い場所や凹部での測定
  • 狭い場所や穴の中で測定を行なう場合、投光部から受光部までの光路を遮らないように取り付けてください。

狭い場所や凹部での測定

  • 壁面に取り付ける場合
  • 壁面での多重反射光が受光部に入光しないように、次のように取り付けてください。また、壁面の反射率が高い場合には、光沢の無い黒色にすると効果的です。

壁面に取り付ける場合

ページトップへ戻る

その他

  • 本製品は、工業環境に使用する目的で開発/製造された製品です。
  • 配線作業は、必ず電源を切った状態で行なってください。
  • 誤配線をしますと、故障の原因となります。
  • 高圧線や動力線との並行配線や、同一配線管の使用は避けてください。誘導による誤動作の原因となります。
  • 電源入力は、定格を超えないよう電源変動をご確認ください。
  • 電源に市販のスイッチングレギュレータをご使用になる場合には、必ず電源のフレームグランド(F.G.)端子を接地してください。
  • センサ取り付け部周辺にノイズ発生源となる機器(スイッチングレギュレータ、インバータモータなど)をご使用の場合は、機器のフレームグランド(F.G.)端子を必ず接地してください。
  • 電源投入時の過渡的状態を避けてご使用ください。
  • ケーブル延長は、0.3mm2以上のケーブルにて全長10mまで可能です。
  • ケーブルの引き出し部に無理な曲げ、引っ張りなどのストレスが加わらないようにしてください。
  • 種類にもよりますが、ラピッドスタート式や高周波点灯式の蛍光灯および太陽光などの光は、検出に影響を及ぼすこと がありますので、直接入光しないようにご注意ください。
  • 屋外で使用しないでください。
  • 本製品の投・受光面に、水や油や指紋など光を屈折させるもの、あるいはホコリやゴミなど光を遮断するものを付着させないようにしてください。付着した場合は、ホコリの出ない柔らかい布、またはレンズ用ペーパーで拭いてください。
  • 蒸気、ホコリなどの多い所、腐食性ガスなどの雰囲気での使用は避けてください。
  • シンナーなどの有機溶剤や強い酸、アルカリ、油、油脂がかからないようにご注意ください。
  • センサヘッドの投光窓/受光窓を清掃する際は、必ず電源を切った状態で行なってください。
  • 本製品の指向性にはばらつきがあります。本製品をご使用の際は、取付金具などで光軸調整ができるようにご配慮ください。
  • 本製品の内部メモリ(不揮発性メモリ)には寿命があり、設定を10万回以上行なうことができません。

ページトップへ戻る

各部の名称

各部の名称

PROモード設定

各部の名称

各部の名称
・PROモード設定時は、PRO表示灯(黄色)が点灯します。
・PROモード設定途中でDOWNキーを3秒以上長押しすると、計測画面に戻ります。
設定項目 初期状態 内 容
応答時間設定 応答時間を設定します。
:高精度10ms、 :標準5ms、 :高速1.5ms
出力動作設定 制御出力の動作モードを選択します。
:入光時ON" :非入光時ON
検出出力設定 検出出力を設定します。
:通常検出モード
:1点ティーチング (ウィンドウコンパレータモード)
:2点ティーチング (ウィンドウコンパレータモード)
:3点ティーチング (ウィンドウコンパレータモード)
:立ち上がり微分モード
:立ち下がり微分モード
アナログ出力設定 アナログ出力の動作モードを設定します。
:アナログ電圧出力(0~+5V)
:アナログ電流出力(4~20mA)
ヒステリシス設定 ヒステリシス幅を設定します。
HG-C1030□:0.001~5.00mm
HG-C1050□:0.01~15.00mm
HG-C1100□:0.02~35.00mm
HG-C1200□:0.1~80.0mm
HG-C1400□:0.2~200.0mm
外部入力設定 外部入力を設定します。
:ゼロセット機能、 :ティーチング機能
:投光停止機能、 :トリガ機能
タイマ設定 タイマ動作を設定します。タイマ時間は、5ms固定です。
:タイマなし、 :オフディレイタイマ
:オンディレイタイマ、 :ワンショットタイマ
表示設定 測定値の表示を切り換えることができます。
:通常、 :反転、 :オフセット
ホールド設定 計測エラー(受光量不足、光量飽和、測定範囲外)発生時の制御出力 とアナログ出力の動作を設定します。
:ホールドOFF、 :ホールドON
エコ設定 キー操作を30秒間行なわないとデジタル表示部を消灯することができ、消費電流を抑えることができます。
:エコOFF :エコON
リセット設定 初期状態(工場出荷状態)になります。
:リセットNG、 :リセットOK

ページトップへ戻る

エラー表示

・エラー時は以下の対処をしてください。

エラー表示 内 容 処 理
反射光量不足、検出物体が検出範囲外。 検出物体が測定範囲内か確認してください。
センサの設置角度を調整してください。
フラッシュメモリの破損・寿命です。 弊社までお問い合わせください。
検出出力の負荷が短絡して、過電流が流れています。 電源を切ってから負荷を確認してください。
半導体レーザの破損または寿命です。 弊社までお問い合わせください。
・ゼロセット時に正常に測定されていません。
・表示設定が「オフセット」に設定されているため、ゼロセット機能が使用できません。
・検出距離が仕様範囲内か確認してください。
・表示設定を「オフセット」以外に設定してください。
ティーチング実行時に正常に測定されていません。 検出距離が仕様範囲内か確認してください。
システムエラー 弊社までお問い合わせください。

ページトップへ戻る

関連情報

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])