【夏期休業期間のお知らせ】 2022年8月11日 (木) ~ 2022年8月21日 (日) の期間、勝手ながら当ウェブサイトへのお問合せの回答を休止いたします。

制御機器

受注終了品を探す



CMOSタイプ マイクロレーザ測距センサ HG-C1000L

仕様

種類 測定中心
30mmタイプ
測定中心
50mmタイプ
測定中心
100mmタイプ
測定中心
200mmタイプ
測定中心
400mmタイプ
型式名 バラ線 HG-C1030L3-P HG-C1050L3-P HG-C1100L3-P HG-C1200L3-P HG-C1400L3-P
M12コネクタ HG-C1030L3-P-J HG-C1050L3-P-J HG-C1100L3-P-J HG-C1200L3-P-J HG-C1400L3-P-J
適合規制および認証 CEマーキング(EMC指令、RoHS指令)、FDA規則、UL/c-UL認証
測定中心距離 30mm 50mm 100mm 200mm 400mm
測定範囲 ±5mm ±15mm ±35mm ±80mm ±200mm
繰り返し精度 10μm 30μm 70μm 200μm 300μm
(測定距離200~400mm)
800μm
(測定距離400~600mm)
直線性 ±0.1%F.S. ±0.2%F.S. ±0.2%F.S.
(測定距離200~400mm)
±0.3%F.S.
(測定距離400~600mm)
温度特性 0.03%F.S./℃
光源 赤色半導体レーザ クラス2[JIS / IEC / GB / FDA(注2)] 最大出力:1mW、発光ピーク波長:655nm
ビーム径(注3) 約ø50μm 約ø70μm 約ø120μm 約ø300μm 約ø500μm
電源電圧 24V DC±10% リップルP-P10%
消費電流 40mA以下(電源電圧24V DC時)
通信出力
(C/Q)
(注4)
IO-Link通信 IO-Link Specification V1.1
伝送速度 COM3(230.4kbps)
プロセスデータ 4byte
最小サイクル時間 1.0ms
制御出力
(DO)
PNPトランジスタ・オープンコレクタ
• 最大流出電流:50mA
• 印加電圧:30V DC以下(制御出力-+V間)
• 残留電圧:1.5V以下(流出電流50mAにて)
• 漏れ電流:0.1mA以下
  出力動作 入光時ON / 非入光時ON 切り換え可能
短絡保護 装備(自動復帰型)
応答時間 1.5ms / 5ms / 10ms 切り換え可能
汚損度 2
使用標高 2,000m以下



保護構造 IP67(IEC)
使用周囲温度 -10~+45℃(但し、結露および氷結しないこと)、保存時:-20~+60℃
使用周囲湿度 35~85%RH、保存時:35~85%RH
使用周囲照度 白熱ランプ:受光面照度3,000ℓx以下
耐振動 耐久10~55Hz(周期1分) 複振幅1.5mm XYZ各方向2時間
耐衝撃 耐久500m/s2(約50G) XYZ各方向3回
ケーブル バラ線タイプ:0.2mm2 4芯PVCケーブル2m付、
M12コネクタタイプ:0.2mm2 4芯コネクタ付PVCケーブル0.3m付
ケーブル延長 0.3mm2以上のケーブルにて全長20mまで延長可能
材質 本体ケース:アルミダイカスト、前面カバー:アクリル
質量 バラ線タイプ:約30g(ケーブル含まず)、約80g(ケーブル含む)、
M12コネクタタイプ:約30g(ケーブル含まず)、約50g(ケーブル含む)

(注1): 指定なき測定条件は、電源電圧:24V DC、周囲温度:+20℃、応答時間:10ms、測定中心距離のアナログ出力値とします。対象物体は、白セラミックとします。
(注2): FDA規則のLaser Notice No.50(2007.6.24)の規定に従い、FDA規則(21 CFR 1040.10および1040.11)に準拠しています。
(注3): 測定中心距離における大きさです。中心光強度の1/e2(約13.5%)で定義されています。
定義域外にも漏れ光があり、検出ポイントの範囲が検出ポイントに比べて反射率が高い場合は、その影響を受ける場合があります。
(注4): 一般のセンサとして使用する場合、通信出力(C/Q)は制御出力(DO)と同じ出力動作になります。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAデバイス技術相談窓口

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])