制御機器

受注終了品を探す



堅牢セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B-□G Ver.2

使用上のご注意

  • 本装置を機械の始動装置として使用する「PSDIモード」で使用するには、本装置と機械の間に適 切な制御回路を構成する必要があります。詳細については、使用する国や地域の該当する規格、規制をご参照ください。
  • 日本国内でSF4B-□V2〉、SF4B-□-03V2〉をプレス安全用として使用しないでください。日本国内で使用するプレス機械・シャー(紙断裁機)にはSF4B-□-01V2〉をご使用ください。
  • 本装置を海外に設置する場合は、OSHA 1910.212およびOSHA 1910.217(米国)、 EN ISO 13855(EU)などが適用されます。設置条件については、 各国の法律および規格などをご確認ください。
このWebサイトは製品を選定していただくためのガイドであり、 ご使用にあたっては必ず取扱説明書をお読みください。
出荷時に投・受光器で調整してありますので、投光器と受光器は同じシリアルNo.の組み合わせでご使用ください。シリアルNo.は、投光器および受光器の銘板に表記されています。(型式名の下側)
  • 必ず、安全のため始業点検を行なってください。
  • 本製品は、危険部分の駆動装置が電源遮断により急停止するか、または急停止装置を備えた各種機械装置に適合しています。動作サイクルの途中で停止できない機械には、適合しませんのでご注意ください。

SF4B-□-01〈V2〉を日本国内プレス機械・シャー(紙断 裁機)安全装置として使用する場合

  • 厚生労働省公示の「動力プレス機械構造規格」、「プレス機械又はシャー(紙断裁機)の安全装置 構造規格」および「プレス機械の安全装置管理指針について」に従ってください。
  • 必ず保護チューブ付ケーブル(SFPB-□)を使用してください。

SF4B-□-01〈V2〉を設置する機械について

  • 日本国内でプレス機械・シャー(紙断裁機)の安全装置としてご使用になる場合は、以下の仕様を満たす機械以外には使用しないでください。

プレス機械

項 目 仕 様
機械の種類 急停止機構および再起動防止機構を有するプレス
圧力能力 50,000kN以下
急停止時間 500ms以下
ストローク長 (防護高さ-スライド調整範囲内)(注1)
金型の大きさの範囲 ボルスターの幅以内
(注1): 2012年9月生産分まで。2012年10月生産分より(防護高さ-ダイハイト)以内。

シャー(紙断裁機)

項 目 仕 様
機械の種類 急停止機構および再起動防止機構を有するシャー(紙断裁機)
断裁厚さ 200mm以下
断裁幅 5,000mm以下
刃物の長さ 5,500mm以下

ハンディコントローラについて

  • 本装置は、ハンディコントローラSFB-HC(別売)を用 いることにより各種機能設定が可能です。(但し、 SF4B-□-01V2〉、SF4B-□-03V2〉および SF-C14EX-01使用時はハンディコントローラを使用で きません。)機能の中には、最小検出物体の大きさな ど安全距離に関わる内容が変化するものがあります。 各機能を設定する際には、安全距離の再計算を行 ない安全距離以上の空間をあけて設置してください。 充分な空間をあけていない場合は、機械の危険部に 到達する前に機械が急停止せず、死亡または重傷を 負うおそれがあります。
・ハンディコントローラSFB-HC(別売)を用いる機能設定に関する詳細については、ハンディコントローラに付属の取扱説明書をご参照ください。

コーナーミラーについて

  • コーナーミラーは厚生労働省型式検定は受けていませんので、日本国のプレス機械・シャー(紙断裁機)には使用できません。
  • セーフティライトカーテンSF4Bシリーズの取扱説明書に従い、メンテナンスを必ず行なってください。
  • コーナーミラーの反射面に汚れ、水、油などが付着した状態で使用しないでください。拡散または屈折により、適切な検出範囲が保たれない可能性があります。
  • コーナーミラーおよびセーフティライトカーテンの設置は、必ず取扱説明書の内容をご理解の上、設置条件に従ってください。設置条件が満たされない場合は、意図しない誤入光状態となり、死亡または重傷を負うおそれがあります。
  • 取扱説明書は、Webサイトよりダウンロードできます。
  • コーナーミラーを使用して、セーフティライトカーテンSF4Bシリーズを回帰反射型として、使用しないでください。
  • コーナーミラーの反射面の材質は、ガラスです。破損した場合、破片が飛び散る可能性がありますので、ご注意ください。
  • コーナーミラーの反射面にひびが入った状態や割れた状態で使用しないでください。拡散または屈折により、適切な検出範囲が保たれない可能性があります。反射面にひびや割れがある場合は、コーナーミラーを交換してください。
  • レーザ式の光軸調整器などを用いて光軸調整を行なう場合、コーナーミラーで反射したレーザ光が目に入らないよう、充分ご注意ください。
  • 上記の事項が守られない場合、死亡または重傷を負うおそれがあります。

その他

  • 本製品は、工業環境に使用する目的で開発/製造された製品です。
  • 電源投入時の過渡的状態(2s)を避けてご使用ください。
  • 蒸気、ホコリなどの多い所での使用は避けてください。
  • シンナーなどの有機溶剤や、水、油、油脂が直接かからないようにご注意ください。
  • 種類にもよりますが、ラピッドスタート式や高周波点灯式の蛍光灯の光は、検出に影響を及ぼすことがありますので、直接入光しないようにご注意ください。

ページトップへ戻る

セーフティライトカーテン選択ガイド

セーフティライトカーテン選択ガイド

二者択一の質問に答えるだけで、用途やご使用条件に適したセーフティライトカーテンを選択していただけます。

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])