制御機器

受注終了品を探す



センサ&省配線リンクシステム S-LINK

2本の信号線で入・出力128点を伝送!
しかもレイアウトフリーのT型分岐配線を実現!

センサ&省配線リンクシステム S-LINK
CE Marking

CE を取得しています。
CE : EMC指令(一部機種を除く)

特長

使い易い省配線システムを実現

使い易い省配線システムを実現

高い耐ノイズ性

高い伝送電圧(24V)と広いクロック幅(35μs)による信号伝送でインパルスノイズの影響を受けにくく、符号誤りを起こしません。
この高い耐ノイズ性により、従来、高価な光通信リモートI/Oを使用していた現場でも使用できます。

異常S-LINK入・出力機器を特定

例えば、幹線が断線し、認識できないS-LINK入・出力機器が発生した場合でも、認識できなかったS-LINK入・出力機器のアドレスを特定し表示しますので、装置の復旧時間を大幅に短縮します。

異常S-LINK入・出力機器を特定

技術者の設計負担や、現場の配線作業を軽減

省施工の圧接コネクタを使用し、どこからでもT型分岐させることが可能です。また、渡り配線(バス配線)や多分岐配線(スタ-配線)も行なうことができます。

技術者の設計負担や、現場の配線作業を軽減

簡単・確実接続

各種圧接コネクタを用意。S-LINK入・出力機器の幹線への接続や、センサなど接続機器のS-LINK入・出力機器への接続が圧接コネクタでワンタッチで行なえます。追加したい場所に即座に接続でき、メンテナンスも容易です。

支線の幹線への接続およびS-LINK入・出力機器の幹線への接続

支線の幹線への接続およびS-LINK入・出力機器の幹線への接続
※()内は対応する導体断面積

接続機器のS-LINK入・出力機器への接続

接続機器のS-LINK入・出力機器への接続
※()内は対応する導体断面積

接続機器の延長

接続機器の延長
※()内は対応する導体断面積

また、圧接の確実性を高めるため、専用圧接ペンチを用意しましたので誰でも簡単に圧接作業が行なえます。

センサ・アクチュエータを幹線へ直結可能

伝送ラインへの直結ができる各種直結型センサを用意。
各パートナーメーカからも、S-LINKに直結できるマニホールド電磁弁などが発売されています。
さらなる省配線・省施工が実現できます。

センサ・アクチュエータを幹線へ直結可能

幹線・支線の途中で着脱が可能

コンベヤや大型の装置の場合、工場で数メートル程度の長さでユニット化し分割してから輸送します。そして現地で組み立て、その後配線を行ないます。S-LINKは、幹線・支線の途中で市販のコネクタや端子台により簡単に分割することができますので、分割した装置を輸送前に配線し、現地では各ユニット同士を連結するだけで組立作業は完了します。
また、装置の組み立て時、S-LINKはPLCと切り離した状態でも動作しますので、ソフトウェア(PLCのプログラム)とハードウェア(機械の組み立て、入・出力のチェック)が並行して作業でき、大幅な納期短縮が可能です。
さらにハンディモニタを使用することにより、分割された装置ごとに入・出力機器のチェックが行なえますので、協力会社がチェックして納入ということも可能となり、トータル的な納期の大幅短縮と責任分担が行なえます。
また、プログラム無しでチェックが可能なため、異常時にはPLC側の異常か、S-LINK側の異常かも即座にわかります。

 

幹線・支線の途中で着脱が可能

トータルコストダウンと大幅な工期短縮が可能

部材費用を含めた総費用でも、大幅なコストダウンを実現できます。
また、工数の削減により、大幅な工期短縮ができますので、厳しい納期にも対応できます。
S-LINKは
●ハードのみの構成により、設計がラク
●圧接コネクタ接続により、施工時間短縮
●レイアウトの変更もカンタン
●分割された装置単位でのデバックが可能
●分割された装置の接続は市販のコネクタで簡単接続

トータルコストダウンと大幅な工期短縮が可能

副資材を削減

ケーブルラック・ケーブルダクト、中継端子台、そしてケーブルなどの副資材を大幅削減できます。
また、ケーブルの切りクズなどのゴミの大幅削減にも貢献します。

副資材を削減

省スペース

中継端子台やケーブルの大幅削減により、省スペース化を実現し、制御盤や機械の小型化に貢献します。
今まで使えなかったスペースの有効利用が図れます。

省スペース

上位ネットワークへの接続が可能

世界の主要なオープンネットワークに接続可能ですから、長距離・多点伝送のネットワークが構築可能。ネットワークの大幅なスケールアップを実現できます。また、接続機器の大多数を占めるセンサ、スイッチなどの分散化したビット単位のI/O機器をS-LINKで配線することにより、効率的な省配線を実現できます。海外へ各フィールドバスネットワークで構築した装置を輸出する場合、S-LINKシステムはそのままでS-LINKゲートウェイコントローラを取り換えるだけで、異なるネットワークに即座に対応できます。

上位ネットワークへの接続が可能

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い