画像センサをソフトで体験

SVシリーズでは画像センサ本体を利用せずにソフトウェア上で検査設定/画像を使った動作確認が可能です。SVシリーズを気軽にお試しいただけるよう、ソフトウェア(SVWorks)の体験版、設定データ、サンプル画像のパッケージをご用意しました。当社画像処理専門エンジニアが作成した実践的な設定データを使って、よりリアルにSVシリーズの検査設定や検査イメージをご体感いただけます。


モールド部品の検査 | 3Mモノクロ

トレーに入ったモールド部品のモールド不良および端子の曲がり不良を検出してOK/NGを判定、部品ごとに検査結果を表示します。SVの設定を変えずに、撮像毎に画像に写っている部品数が違っていても、毎回全ての部品について検査を行なうことが可能です。

ループ機能を使って、OK画像では3x3=合計9個、NG画像では4x3=合計12個の部品を一度に検査しています。

文字描画機能を使って、部品毎の判定結果をOK(緑色)またはNG(赤色)で表示しています。

体感パッケージ内にSVでの検査フローの概要説明と
検査フロー設定データを同梱しています。
設定ノウハウを是非ご確認ください。

モールド部品検査“体感”パッケージ



マーキング検査 | 5Mモノクロ

トレーに入ったIC部品の捺印状態を検査しています。500万画素カメラを使用して一度に多くの部品を撮像しています。また、SVの設定を変えずに、撮像毎に画像に写っている部品数が違っていても、毎回全ての部品について検査を行なうことが可能です。ピッキング&プレイスするために、部品毎のピッキング位置および傾き角度を画面に表示、および外部機器へ出力することができます。

ループ機能を使って、3x3=合計9個のIC部品を一度に検査しています。

文字描画機能を使って、部品毎の判定結果をOK(緑色)またはNG(赤色)で、さらにピッキング位置や傾き角度も表示しています。

画面に映っている部品ごとの検査の結果(ピッキング位置や傾き角度)を配列に格納し、検査の最後にまとめて結果出力を行ないます。

体感パッケージ内にSVでの検査フローの概要説明と
検査フロー設定データを同梱しています。
設定ノウハウを是非ご確認ください。

マーキング検査“体感”パッケージ

電子部品方向検査 | 1.2Mモノクロ

パーツフィーダを左から右に流れるチップ部品の方向判別を行ない、逆向きの部品を検出したら、フィーダ上部からエアを吹いて排出します。外部のセンサ等からのタイミング信号を使わずに、SV自身で繰り返し撮像して検査を行っています。部分撮り込み機能を使って撮像時間を短縮し、さらにチップ部品全体が撮像されていない場合は検査をスキップする工夫により、トータル検査時間を短縮できるよう設定しています。

繰り返し撮像した画像を、フローの分岐機能を使って部品全体が撮像できた場合だけ検査し、それ以外は検査をスキップしています。

逆向きの部品を排出するためのI/O信号出力をフローで制御することができます。

【同期センサを使⽤しない場合(本サンプルプログラム)】

繰り返し撮像した画像で部品全体が写っていない場合は検査をスキップしてトータルの検査時間を短縮することで、最⼤3,500個/分の⽅向判別を実現。

【同期センサを使用する場合】

SVの高速画像撮り込み+高速処理で、最大10,000個/分の方向判別を実現。

体感パッケージ内にSVでの検査フローの概要説明と
検査フロー設定データを同梱しています。
設定ノウハウを是非ご確認ください。

電子部品方向判別“体感”パッケージ

お客様ワークでの実験を無料で承っています!

お客様のワークをお預かりしてリモート環境で実験をご確認いただいたり、
デモ機をお送りしてお客様で実験いただくことも可能です。
ご要望に応じて対応いたしますので、お気軽にご用命ください。

お問い合わせはこちら