制御機器

受注終了品を探す



薄型イオナイザ[高周波AC方式] ER-VW

薄型フォルムに、パワフルな2つのノズルを採用

薄型イオナイザ[高周波AC方式] ER-VW
CE Marking cTUVus Certificate

UL 、CE 、CSA を取得しています。
CE : EMC指令
UL、CSA : TÜV SÜD America Inc.によるNRTL認証

特長

ノズル角度調整機構

2つのノズルは先端部を回して緩めることで、約190°の範囲で角度調整が可能です。角度調整後、ノズル先端部を回して締めれば固定できます。これにより、ER-VW設置後のノズル角度調整が簡単に行なえます。

ノズル角度調整機構

簡単に連結レイアウトが可能

連結セット(別売)を使用して、最大5台のER-VWを連結することができます。
エア供給はクイック継手、電源と入・出力信号は両端コネクタ付連結ケーブルによる接続ですので、簡単に連結可能です。複数のER-VWを連結して、装置に合わせた除電エリアをレイアウトすることが可能です。

簡単に連結レイアウトが可能

最小エア消費 15ℓ/min.(ANR)

ER-VWは、エア流量最小15ℓ/min.から使用可能です。エア消費量が少ないため、エア供給設備への負担を少なくでき、高価なクリーンエアを大切に使用できます。

最小エア消費 15l/min.(ANR)

逆帯電による電子デバイスの破壊がない

68,000Hzの高周波ACコロナ放電を行ない、(+)イオン(-)イオンを交互に高速で放出。他方式のように急激なイオン放出がないため、局部的に異なって帯電している絶縁体の除電でも、部分的な逆帯電を助長することがなく、電子デバイスの破壊がありません。

逆帯電による電子デバイスの破壊がない

優れたイオンバランス

高周波AC方式の採用により、安定したイオンバランスを実現しました。イオンバランスは、供給エア圧力や設置距離にほとんど影響を受けないため、設置後の面倒な調整は不要です。

優れた除電効果を実現する68,000Hzの高周波AC方式
高周波AC方式は従来の低周波方式・DC方式と異なり、(+)イオン(-)イオンを効率良く発生させ、イオン密度の高い安定した環境を迅速に作り上げることができます。これにより、設定距離に左右されない安定したイオンバランスと、優れた除電能力を実現しました。

優れた除電効果を実現する68,000Hzの高周波AC方式

コンパクト&薄型設計

本体の厚さは18.9mm。しかもノズルの角度が調整できますので、装置内部や、接近した複数のラインへの設置など、取り付けスペースに制約がある場合にも対応できます。

コンパクト&薄型設計

供給エア監視機能 [新提案]

供給エアが規定圧以下の場合、自動的に放電を停止する機能です。表示灯(AIR)の点灯と放電出力(DSC)のOFFでお知らせします。エア供給がされなかった場合の除電忘れを防止します。

供給エア監視機能 [新提案]

確実な除電を支える機能

ER-VWは確実に除電できるように、供給エア監視機能のほか以下の機能を装備しています。

・放電停止入力 :外部入力により、強制的に放電を停止します。
・チェック機能: :放電針の清掃・交換時期を表示灯(CHECK)と出力でお知らせします。
・異常放電監視機能: :異常放電があった場合、表示灯(ERROR)と出力でお知らせし、放電を停止します。リセット入力で解除。
・放電出力: :放電時に出力がONします。放電が行われているか確認できます。
・チェック出力: :放電針が汚れると、出力がONします。
・エラー出力: :異常放電時に出力がOFFします(正常時ON)。イオナイザへの電源供給も確認できます。

確実な除電を支える機能

Webショールーム
イオナイザ ラインアップ 除電デモ

動画を見る

エリアタイプ、スポットタイプ、超小型タイプ、薄型タイプ、エアガンタイプなど、それぞれの除電状況をご紹介いたします。

動画を見る

ページトップへ戻る

関連情報

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

FAX 0120-336-394

海外サポートはこちら
+81-568-20-5080

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報


ご注文・ご使用に際してのお願い