制御機器

受注終了品を探す



SV (画像センサ)

高度な検査・測定・位置決めを
画像センサで手軽に。

SV (画像センサ)
CE Marking TUV Rheinland Korean KC

CE 、Korean KC 、UL/CSA を取得しています。

画像センサSVシリーズ 体感パッケージ - SVシリーズの使い勝手をソフトウェア+検査サンプル画像で、まずは体感!

NEW 2020年6月 ラインアップ追加しました。

500万画素(カラー/モノクロ)、300万画素(カラー/モノクロ)、120万画素(カラー)を追加

特長

コンパクトボディ × 高速検査テクノロジー

SVシリーズはコンパクトなボディに高速CMOSセンサ、Dual Core CPU、Gigabit Ethernetを搭載し、クラス最速の高速撮像と独自アルゴリズムによる高速検査を実現。
また、高速画像圧縮・高速画像出力によりトレーサビリティ構築のための「検査画像全数保存」の実現に貢献します。
※:2020年5月現在、当社調べ。

コンパクトボディ × 高速検査テクノロジー

[アプリケーション例]
電子部品の方向検査

テープ内の電子部品の方向を濃淡エッジの方向と面積値で判別

[アプリケーション例]電子部品の方向検査
※: 部分撮り込み機能使用、12万画素での代表値です。すべての検査において2msを保証するものではありません。

[新型CMOS/CPU]
高速撮像 & 画像出力

[BEFORE] 従来方式(シングルタスク)

従来方式の画像処理機では、シングルタスクで検査実行後に画像の圧縮を行なうため、画像圧縮による通信時間の削減のメリットを十分活かせませんでした。

[AFTER] SVシリーズ(マルチタスク)

Dual Core CPUにより、検査と並行してマルチタスクでJPEGファイル画像圧縮が可能。出力までの時間を大幅に短縮可能です。検査画像の全数保存実現に貢献します。

[新型CMOS/CPU]高速撮像 & 画像出力

※:120万画素、JPEG圧縮での代表値です。

豊富な検査機能

目的から選べる"かんたん設定"

設定は用途に合わせて以下の2通りから設定が可能です。

  • 「寸法計測」など、実施したい検査内容からアイコンを選んで設定を実施。
  • 「パターンマッチング」など、搭載する機能からアイコンを選んで設定を実施。

実施したい検査内容から選択
搭載する機能から選択

[実施したい検査を「柔軟」に実現]
検査機能 / 検査例

輪郭マッチング

検出したい画像の輪郭情報をテンプレートとして登録し、そのテンプレートと似ている部分を探して検出します。
検出対象物のカケ等の影響を受けずに、正確な位置を検出できるアルゴリズムを搭載し、検出個数、相関値、検出座標、検出角度、スケールなどについてOK / NG判定を行なうことができます。

輪郭マッチング

特許出願中

輪郭マッチング 類似候補サーチ機能
輪郭検出後に設定した角度方向(90°、180°、270°)を追加でサーチするため、高速性を維持したまま安定した方向検出が可能です。向きがわかりにくい輪郭の場合でも、意図しない方向での検出を低減することができます。

輪郭マッチング 類似候補サーチ機能

スマートエッジ(線)

多数のセルを用いて検出した座標値から、近似直線を算出します。ワークの位置や傾きの位置補正、バリ・欠け、歪み、波打ちの判定に利用します。

スマートエッジ(線)

スマートエッジ(円)

丸い対象物のエッジを多数のセルを用いて検出し、対象物の半径や直径、中心点を算出できます。ワークの位置や傾きの位置補正、バリ・欠け、歪みの判定に利用します。

スマートエッジ(円)

カラーウィンドウ

RGB、HSV(色相、彩度、明度)色空間による色検査が可能です。領域内のRGB値またはHSV値の最大、最小、平均、標準偏差を求め、その値についてOK / NG を判定します。

カラーウィンドウ

傷検査

傷の面積や、濃淡差から小さな傷、バリ、カケ、異物などの有無を判定します。

傷検査

[実施したい検査を「柔軟」に実現]
画像加工

照明不均一や、ノイズの発生する画像でも、より安定した検査に貢献します。
それぞれ画面上で元画像と比較しながら画像加工の操作が可能です。

前処理フィルタ画像の一括表示

前処理フィルタ(20種類)の適用後の画像を一覧表示。実施したい検査に対する適切な前処理を最短で選択可能です。

前処理フィルタ画像の一括表示
主な目的 フィルタ名
欠損抽出 ・異物抽出 ・濃淡差分 ・動的2値化 ・静的2値化
ノイズ除去 ・膨張 ・収縮→膨張 ・収縮 ・膨張→収縮
輪郭強調 ・ソーベル ・ラプラシアン ・プレヴィット ・エッジ強調 ・エッジ抽出X ・エッジ抽出Y
ぼかし ・メディアン ・平滑化
コントラスト改善 ・自動階調補正 ・カット範囲 ・背景カット ・階調設定

[実施したい検査を「柔軟」に実現]
設定ツール SVWorks

画像処理に関する専門用語を極力排除した操作画面に、「ガイドライン表示」で設定内容の説明を表示。 高機能画像処理機に搭載されるフローチャート方式プログラムを採用し、実施したい検査の設定をアシストします。
設定は「設定手順表示」の順番に設定を進めることで、検査項目や出力設定まで簡単に設定が可能です。
>>SVWorksの詳細は「ソフトウェア」ページ

[遠隔からの設定、モニタリングでIoTを実現]
SV Web Console

SV Web Console(Webサーバ機能)を搭載しており、事務所のPCなどで、遠隔で検査画面や検査状況をモニタリング可能。タブレットを利用すれば、照明やカメラの設置状態などをリアルタイムで実物を見ながら調整作業することができます。さらに、SVWorksでネットワーク上から本体へ接続し、現場のSVを操作することも可能です。

EtherNet/IP対応

SVシリーズはオープンネットワークのEtherNet/IPに対応。
簡単な設定のみで上位PLCから高速通信による制御が可能です。

EtherNet/IP対応
※: EtherNet/IP ネットワーク上のアダプタ(スレーブ)として機能します。

照明電源内蔵

照明電源(10W)をコンパクトボディに内蔵。固定型(照明一体型カメラ)の照明では、正反射で照明が映りこんでしまい、うまく撮像ができなかったり、コントラストが出せない場合があります。
SVシリーズではあえて照明一体型とせず、照明電源のみを内蔵することにより、さまざまな照明や撮像条件に対応できるよう配慮しています。

照明電源内蔵

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])