制御機器

受注終了品を探す



SV

かんたん、自由に検査プログラムをつくる画像センサ

SV
CE Marking TUV Rheinland Korean KC

CE 、Korean KC 、UL/CSA を取得しています。

特長

[照明電源内蔵]
カメラ一体型ボディ

カメラ・処理機能・照明電源(10W)の全てをコンパクトボディに内蔵。 外付けの照明電源やコントローラが不要になり、制御盤内の設置スペースなどを 気にする必要がありません。取り付け面も3面可能。かんたんに検査の追加ができます。

[照明電源内蔵]カメラ一体型ボディ

[新型CMOS/CPU]
高速撮像

新型CMOSセンサとCPUを、カメラ一体型画像センサのコンパクトなボディに搭載。最高クラスの画像転送速度と、出力時間により検査時間の短縮に貢献します。

[新型CMOS/CPU]高速撮像

(注1) : 1,280×960(ピクセル)JPEG画像出力時。画像データサイズにより変動します。
(注2) : 120万画素 撮像時

[モニタリングはタブレットで]
SV Web Console(Webサーバ機能)

従来の画像センサでは、検査画像や検査の状況を専用のモニタで確認することが必要でした。SVシリーズはWebサーバ機能(SV Web Console)により、確認したいときは、タブレットなど遠隔で確認することが可能です。

[モニタリングはタブレットで]SV Web Console(Webサーバ機能)

[トレーサビリティ]
検査画像全数保存

検査画像を外部PCへ、検査結果に応じて"JPEG画像""BMP画像"の形式に分けて保存するなど、自由自在にプログラミングが可能です。

[トレーサビリティ]検査画像全数保存

パナソニックの画像センサは、かんたん、自由に
検査プログラムを作ることができます。

私たちは多くの製造現場で、かんたんに画像センサを導入していただけるよう、高機能とシンプルさを両立。検査プログラムの作成は、専用の設定ソフトがアシスト。さらにフロー編集機能で自由にプログラムを作ることが可能です。
直感的な操作感とシンプルかつ高度な検査機能により、製品の品質向上に貢献します。

>>SVシリーズ設定ソフト「SVWorks」ページへ

パナソニックの画像センサは、
検査プログラムを活かすことができます。

お客さまの製造工程において、検査内容・方法はさまざまです。SVシリーズは、お客さまが作った検査プログラムをパッケージ化して、他の製造工程へ応用したり、組み合わせて使用することが可能です。
作った検査プログラムを”資産”として応用することにより、製造現場の品質向上と、装置の立ち上げ時間の削減に貢献します。

[装置の立ち上げ時間の削減]
アプリケーションパッケージ

いくつかの検査フローを組み合わせた検査プログラムをパッケージ化して、他の製造工程などへ応用することが可能になります。
パッケージ化した検査プログラムはコピー&ペーストで編集することができ、装置の立ち上げ時間の削減に貢献します。

[装置の立上げ時間の削減]アプリケーションパッケージ

パッケージ例

パッケージ例

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

FAX 0120-336-394

海外サポートはこちら
+81-568-20-5080

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報


ご注文・ご使用に際してのお願い