制御機器

受注終了品を探す



モーションコントローラ GM1

モーション、I/O、情報を一台で実現

RTEX タイプ
EtherCATタイプ
CE Marking Korean KC

CE 、Korean KC を取得しています。
CE : マーキング適合
Korean KC : PNPタイプはKCマーク認証対象外

2022年4月 Hello! GM1(技術資料)を掲載しました。

技術資料はWEBサイトよりダウンロードできます。
>>Hello! GM1

特長

小型装置に必要な機能をオールインワンで搭載

「位置決め」「トルク制御」「速度制御」装置の高速・高精度化に貢献

モーション制御
RTEXタイプ : 実軸16軸
EtherCATタイプ : 実軸32軸
Ethernet 2ポート
EtherNet/IP(1ポート)
Modbus-TCP
汎用通信
※EtherNet/IP は、ODVAの商標です。
RS-232C
Modbus-RTU
汎用通信
SDメモリカード
選べるネットワーク

汎用入・出力(I/O) 各16点
入力16点 / 出力16点 NPN/PNPトランジスタ
増設ユニット(64点)×最大15台 増設可能
高速カウンタ入力 2ch
4逓倍 16 MHz 対応
PWM出力 4ch
最大 100 kHz

設定ソフトウェア
[IEC 61131-3規格準拠] GM Programmer

6つのプログラミング言語に対応

・LD(ラダー・ダイアグラム)
・FBD(ファンクション・ブロック・ダイアグラム)
・ST(ストラクチャード・テキスト)
・SFC(シーケンシャル・ファンクション・チャート)
・CFC(コンティニュアス・ファンクション・チャート)
・IL(インストラクション・リスト)
※ソフトウェア設定変更で選択可能

カムエディタ

グラフィカルなインタフェースにより、カム曲線を直接ドラック&ドロップで編集が可能です。曲線カーブを確認しながら調整ができるので滑らかな変速を直感的な操作で実現します。

カムエディタ

シミュレーション機能

シミュレーションモードにすると、実機未接続で動作確認やプログラムのデバックが可能です。トレース機能でモータの動作確認ができます。デバック時間の短縮と設計工数の削減に貢献します。

シュミレーション機能

CNCエディタ(Gコード)

補間制御(直線補間、円弧補間、ヘリカル補間)を行う際にGコードを使用します。設定動作をグラフィックでリアルタイムに表示可能です。表示の回転やスケール変更も行えます。

CNCエディタ(Gコード)

PANATERM Lite for GM

補間制御(直線補間、円弧補間、ヘリカル補間)を行う際にGコードを使用します。設定動作をグラフィックでリアルタイムに表示可能です。表示の回転やスケール変更も行えます。

※GMProgrammerに付随しており、HPより無償ダウンロード可能です。
※PANATERMのすべての機能はサポートしていません。

PANATERM Lite for GM

ページトップへ戻る

WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

修理相談窓口

072-870-3123
FAX 072-870-3152

受付時間 9:00 - 17:00
(日本時間)
12:00-13:00、当社休業日を除く

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート