【システムメンテナンスのお知らせ】
現在、システムメンテナンスのため、サイト内検索およびスペック条件検索の機能が一時的にご利用いただけません。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【パナソニック デバイスSUNX商品 および パナソニック デバイスSUNX竜野商品 製造者変更のお知らせ】
2024年4月1日以降、本ページ内の表記、およびダウンロード対象のマニュアル等の「パナソニック デバイスSUNX株式会社」および「パナソニック デバイスSUNX竜野株式会社」を
全て「パナソニック インダストリー株式会社」と読み替えて適用するものといたします。

受注終了品を探す


パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > FA技術サポート > 設定例・設定手順集 > FP7 No.8 FP7とFP0H EtherNet/IPを使用した 送信・受信2ワードの簡易PLCリンク


FP7とFP0H EtherNet/IPを使用した 送信・受信2ワードの簡易PLCリンク

説明

対象機種

FP7[CPS31E or CPS31ES or CPS41E or CPS41ES] + FP0H C32ET

概要

  • FP7とFP0Hの簡易PLCリンクを実現します。
  • LANケーブルで接続し、 EtherNet/IP機能を使用します。
  • 送信2ワード/受信2ワードずつのPLCリンクを行います。

説明

下記の内容でPLCリンクを行います。

FP7 IPアドレス 192.168.1.100
FP0H IPアドレス 192.168.1.99
FP7の送信エリア WL0とLD0
FP0Hの送信エリア WL1とLD1

システム構成図

動作説明図

FPWIN GR7(FP7) 設定

1.FP7側 「内蔵ET-LAN設定」IPアドレスなど基本的な内容の設定

メニューバー「オプション」-「FP7コンフィグレーション」-「内蔵ET-LAN設定」を開く
(1)「IPアドレス」に"192.168.1.100"を設定
(2)「拡張機能」に"使用する"、「EtherNet/IP機能」に"使用する"を設定
(3)「OK」をクリック

 

2.FP7側 「Ethernet/IP設定」EtherNet/IP設定を開く

メニューバー「オプション」-「FP7コンフィグレーション」-「EtherNet/IP設定」を開く

 

3.FP7側 「Ethernet/IP設定」スキャンリストにFP0Hを登録

(1)「FP0H CONTROL…」をスキャンリストへドラッグ&ドロップ
→スキャンリストの下にFP0Hが追加される

 

4.FP7側 「Ethernet/IP設定」相手機器(FP0H)のIPアドレスを設定

「スキャンリスト」→「FP0H CONTROL…」をクリック
(1)「IPアドレス」に相手機器(FP0H)のIPアドレス"192.168.1.99"を設定

 

5.FP7側 「Ethernet/IP設定」自動割付を外す

メニューバー「設定」-「EtherNet/IP基本設定」を開く
(1)「自動割付」を"する"→"しない"に変更
(2)「OK」をクリック

 

6.FP7側 「Ethernet/IP設定」自局FP7の入力割付けを行う

(1)「スキャンリスト」-「FP0H…」-「Input Only(Tag type)」をクリック
(2)「パラメータ設定」→「データサイズ」に"4"(byte)を設定
(3)「入力情報」-「デバイス割付」に"WL1"と"LD1"を追加

先頭デバイス サイズ オフセット
WL1 1 0
LD1 1 1

 

7.FP7側 「Ethernet/IP設定」IOマップを追加する

「スキャンリスト」→「IOマップ 使用予定コネクション」を右クリック
(1)「IOマップ追加」を選択

IOマップ…の下に、「[1] タグ(Tag_1)」が追加される

 

8.FP7側 「Ethernet/IP設定」自局FP7の出力割付けを行う

(1)「データサイズ」に"2"(Word)を設定
(2)「デバイス割付」に"WL0"と"LD0"を追加し、「OK」をクリック

先頭デバイス サイズ オフセット
WL0 1 0
LD0 1 1

FPWIN GR7(FP0H) 設定

1.FP0H側 「イーサネット設定」IPアドレスなど基本的な内容の設定

メニューバー「オプション」-「イーサネット設定」-「通信基本情報」を開く
(1)「IPアドレス」に"192.168.1.99"を設定
(2)「拡張機能」に"使用する"、「EtherNet/IP機能」に"使用する"を設定

 

2.FP0H側 「EtherNet/IP設定」を開く

メニューバー「オプション」-「EtherNet/IP設定」を開く

 

3.FP0H側 「EtherNet/IP設定」スキャンリストにFP7を登録する

(1)「FP7CPU UNIT…」をスキャンリストへドラッグ&ドロップ(実際に使用するFP7タイプをご選択ください。)
→スキャンリストの下にFP7が追加される

 

4.FP0H側 「EtherNet/IP設定」相手機器(FP7)のIPアドレスを設定する

「スキャンリスト」→「FP0H CONTROL…」をクリック
(1)「IPアドレス」に相手機器(FP7)のIPアドレス"192.168.1.100"を設定

 

5.FP0H側 「EtherNet/IP設定」自動割付を外す

メニューバー「設定」-「EtherNet/IP基本設定」を開く
(1)「自動割付」を"する"→"しない"に変更
(2)「OK」をクリック

 

6.FP0H側 「EtherNet/IP設定」自局FP0Hの入力割付けを行う

(1)「スキャンリスト」-「FP7CPU…」-「Input Only (Tag type)」をクリック
(2)「パラメータ設定」→「データサイズ」に"4"(byte)を設定
(3)「入力情報」-「デバイス割付」に"WL0"と"LD0"を追加

先頭デバイス サイズ オフセット
WL0 1 0
LD0 1 1

 

7.FP0H側 「Ethernet/IP設定」IOマップを追加する

「スキャンリスト」→「IOマップ 使用予定コネクション」を右クリック
(1)「IOマップ追加」を選択

IOマップ…の下に、「[1] タグ(Tag_1)」が追加される

 

8.FP0H側 「Ethernet/IP設定」自局FP0Hの出力割付けを行う

(1)「データサイズ」に"2"(Word)を設定
(2)「デバイス割付」に"WL0"と"LD0"を追加し、「OK」をクリック

先頭デバイス サイズ オフセット
WL0 1 0
LD0 1 1

通信の確認

下記の手順は、FPWIN GR7を2つ同時に起動して操作してください。

1.[FPWIN GR7操作]

それぞれの設定をそれぞれのPLC本体に転送する。
(プロジェクトを転送しても結構です。)

2.[配線]

両方のPLCをLANケーブルで接続する。
(FP0Hには、ポートが2つありますが、どちらのポートでも結構です。)

3.[本体操作]

両方のPLCをRUNモードに切り替える

4.[本体表示]

暫くすると、両方のPLCの「IPMS」ランプと「IPNS」ランプが点灯する。
(もし「IPNS」ランプが点灯せずに点滅しますと、
     ・IPアドレス
     ・割付けのサイズ
     ・相手機器の登録機種
の何れかが間違っています。)

5.[FPWIN GR7-デバイスモニタ操作]

FP7側のWL0に何らかの値を書き込むと、FP0H側のWL0にその値が表示されます。
FP7側のLD0に何らかの値を書き込むと、FP0H側のLD0にその値が表示されます。
(両方のFPWIN GR7のデバイスモニタにWL0-1とLD0-1を登録し、モニタ実行してください。)

6.[FPWIN GR7-デバイスモニタ操作]

FP0H側のWL1に何らかの値を書き込むと、FP7側のWL1にその値が表示されます。
FP0H側のLD1に何らかの値を書き込むと、FP7側のLD1にその値が表示されます。

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAデバイス技術相談窓口

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート