【システムメンテナンスのお知らせ】
現在、システムメンテナンスのため、サイト内検索およびスペック条件検索の機能が一時的にご利用いただけません。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【パナソニック デバイスSUNX商品 および パナソニック デバイスSUNX竜野商品 製造者変更のお知らせ】
2024年4月1日以降、本ページ内の表記、およびダウンロード対象のマニュアル等の「パナソニック デバイスSUNX株式会社」および「パナソニック デバイスSUNX竜野株式会社」を
全て「パナソニック インダストリー株式会社」と読み替えて適用するものといたします。

受注終了品を探す



WP10 トランシーバ登録手順

説明

準備

WP10のトランシーバモードの登録には、2台のパソコンを用意するか1台のパソコンに2個のRS232Cポートが必要です。

構成

WP10とパソコンは市販RS232Cケーブル(9pin-9pinストレート)を2本用意し、おつなぎください。

下記に示します登録手順は2台のパソコンを使用する方法です

手順

1.[両方の本体]
本体DipSWの設定

本体DipSWの設定

2.[両方のパソコン]
トランシーバ登録ソフトを立ち上げる

トランシーバ登録ソフトを立ち上げる

3.[両方のパソコン]
「通信設定」ボタンをクリックし、下記設定を行う

通信設定

4.[両方のパソコン]
待ち受け種別「変更」ボタンをクリックし、下記設定を行う

待ち受け種別変更

5.[子機側のパソコン]
トランシーバ番号に"0001"を設定、暗証番号は任意の番号を設定し「登録」ボタンをクリックする。

トランシーバ登録

6.[子機側のパソコン]
下記のメッセージが現れる。
はいをクリックする。

トランシーバ登録

7.[親機側のパソコン]
(6.を操作し60秒以内に7・8.を操作してください。)
トランシーバ番号に"0000"、暗証番号に任意の番号を設定し、「登録」ボタンをクリックする。

トランシーバ登録

8.[親機側のパソコン]
下記のメッセージが表示される。
はいをクリックする。

トランシーバ登録

9.[子機側のパソコン]
下記のメッセージが表示される。

トランシーバ登録

10.[親機側のパソコン]
下記のメッセージが表示される。

トランシーバ登録

参考)

  • 親機から接続する場合は、端末機器から"ATD0001##3、5”を送信してください。
  • 子機から接続する場合は、端末機器から"ATD0000##3、5”を送信してください。
  • 接続時間は、ATDコマンドを発行してから3分間です。
    3分間経ちますと自動的に切断されます。
  • 任意のタイミングで切断する場合は下記の手順に従い操作してください。
1. 端末機器からWP10へ「+++」を送信する。
2. WP10から端末機器へ「OK」が返る。
3. 端末機器からWP10へ「ATH0」を送信する。

1台のパソコンで行う場合)

市販のRS232C-USB変換アダプタを使用し、ポートを2個に増やしてください。そして、1台のパソコン上にトランシーバ登録ソフトを2つ起動してください。2つのソフトは「通信設定」にて、それぞれのCOMポート番号を設定してお使いください。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAデバイス技術相談窓口

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート