制御機器

受注終了品を探す



測長センサ - 変位センサ(検査・判別・測定用センサ)

測長センサ

特徴

測長センサは投光器と受光器より構成され、物体の幅や位置を測定するセンサです。
方式としては、受光量の変化を見る光量変化方式と受光素子にCCDを使用したCCD方式の2つの方式があります。

ページトップへ戻る

検出原理

光量変化方式

投光器から受光器に対して平行な光が投光され、受光器のレンズによってこの平行光を受光素子に集光します。この平行光の中に遮光物体があると光が遮られ、受光量が変化します。この変化により、光量を遮光物体の大きさとして出力することができます。

CCD方式

投光器から平行な光が受光器に対し投光され、受光器のリニアCCDイメージセンサで受光されます。
平行光の中に遮光物体があると光が遮られ、CCD上に遮光物体の大きさに比例した影が生じます。この影により物体の大きさ、位置を出力します。

ページトップへ戻る

測長センサの上手な使い方

シェーディング補正

CCD方式の測長センサには、光源の半導体レーザの光量分布のバラツキやCCDイメージセンサの受光感度のバラツキがあり、受光感度分布が均一になりません。
これを均一にするための機能として、LDシリーズ(LD-C60)にはシェーディング補正機能があります。
シェーディング補正は、検出前に実施してください。

ページトップへ戻る

関連商品


関連情報

動画ライブラリ

動画ライブラリ

光変位計・磁気式等の変位センサ(検査・判別・測定用センサ)の動作を動画でご紹介いたします。

FAセンサ・システム 用途・事例・アプリケーション検索

変位センサ 用途・事例・アプリケーション検索

用途・業界別にアプリケーション事例と最適な変位センサ(検査・判別・測定用センサ)をご案内いたします。

PDFダウンロード

  • displacement.pdfダウンロード

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート