制御機器

受注終了品を探す



機能 - 光電センサ(ビームセンサ)

機能

 

自己診断機能

ホコリなどの汚れや光軸ズレにより、受光量が減少すると自己診断し、出力で知らせる機能です。

汚れ

光軸ズレ

タイムチャート

(1) 安定検出時には、自己診断出力の出力トランジスタは"OFF"状態になっています。
(2) 検出出力が反転したときに安定入光レベル、安定非入光レベルに達しなければ"ON"します。
また、自己診断出力は検出出力が入光から非入光に反転するタイミングで切り換わります。
(出力動作切換スイッチには影響されません。)
(3) 遮光不足の場合、自己診断出力が"ON"するタイミングにはズレが生じます。
  • 機種により、タイムチャートが異なります。
  • ライトカーテンは、上記入光量自己診断の他に内部回路自己診断も行なっています。

ページトップへ戻る

光量モニタ

入光量を、デジタル数字またはバーLEDで表示させることができます。

FX-500/FX-100/FX-300/FX-410シリーズ、
FX-301-F、EQ-L401、LSシリーズ、LX-100シリーズ

入光量を、デジタル表示(LEDまたはLCD)で表示します。

例:FX-500シリーズ

赤外光タイプおよび赤色光タイプの透過型光電センサ(ビームセンサ)

別売のセンサチェッカCHX-SC2を使用することにより、入光量をレベルインジケータとブザーで確認できます。

ページトップへ戻る

自動感度(しきい値)設定

感度(しきい値)設定がスイッチを押すだけで行なえます。

ワークのある状態でジョグスイッチ(注1)を押します。

ワークのない状態でジョグスイッチ(注1)を押します。

(注1):ジョグスイッチはFX-300シリーズ / LS-400シリーズに装備されています。
FX-500 / FX-550 / FX-100シリーズおよびLX-100シリーズはボタン操作となります。

FX-500 / FX-550 / FX-100 / FX-300シリーズ、LS-400シリーズおよびLX-100シリーズは、ラインを止めずにワークを動かしたままの状態で感度設定が行なえるフルオートティーチングも可能です。
また、FZ-10シリーズおよびSU-7シリーズは、ボタンスイッチで感度設定が行なえます。

ページトップへ戻る

外部同期機能

判別を行なうタイミングを限定させることができます。

タイムチャート(SU-75の場合)

  微分同期 期間同期
検出用センサ信号
外部同期入力
検出出力

T≧0.6ms(干渉防止機能使用時T≧0.8ms)

使用例
ICの方向判別

ページトップへ戻る

安定表示灯

安定表示灯(緑色)は、信号光の入光量が動作レベルに対して充分な余裕がある場合に点灯します。
安定表示灯が点灯する入光レベルであれば、入光動作・非入光動作ともに温度や電圧の変化などに影響されず、安定した検出が行なえます。

  • NA2-NシリーズおよびNA1-PK5/NA1-5シリーズ、NA1-PK3シリーズは、安定入光表示灯となり、入光余裕幅以上で点灯します。
  • CX-440シリーズおよびEQ-500シリーズの安定表示灯(緑色)は、設定距離に対する余裕度を表示します。
  • EQ-30シリーズの安定表示灯(緑色)は、距離の余裕度を表示しているのではなく、入光量の余裕度を表示しており、検出物体の反射率によって点灯/消灯する距離が異なってきますので、出力動作とは全く連動しません。安定表示灯が消灯する状態(不安定入光状態)では検出が不安定となりますので使用しないでください。

ページトップへ戻る

BGS/FGS機能

検出時の背景物体と検出物体の位置関係により、BGS/FGS機能を選択します。

BGS (Background suppression)

受光素子(2分割素子)のAの位置に入光したときのみワークありと判別します。ワークと背景物体が離れている場合に使用します。検出原理は従来の距離設定反射型と同じです。

FGS (Foreground suppression)

受光素子(2分割素子)のBの位置に入光しない場合にワークありと判別します。
従って、光沢のあるワークも検出ができます。ワークと背景物体が密着していたり、検出物体に光沢がある場合の検出時などに便利です。

この条件のみOFF

左記の条件以外はすべてON

ページトップへ戻る

干渉防止機能

複数の光電センサ(ビームセンサ)を隣接して使う場合に、投光周波数を異なる周波数にすることにより、相互干渉を防止します。
スイッチまたは干渉防止線で周波数を切り換える干渉防止機能と、センサが自動で周波数を変える自動干渉防止機能があります。

検出例

ワークの方向判別

ICの足ピン検知

ページトップへ戻る

タイマ機能

出力信号幅を制御し、入力機器の条件に合わせた信号幅にします。

オンディレイ

機能 短時間の検出を無効にします。
用途 ラインの詰まり状態検出など、通過に要する時間の長いもののみを検出する場合に便利です。

オフディレイ

機能 出力信号を一定時間延長します。
用途 接続機器の応答時間が遅く、検出時間がそれを満足しない場合に最適です。

ワンショット

機能 検出時から一定時間幅の信号を出力します。
用途 接続機器の入力条件により、信号時間が一定でなくてはならない場合に最適。
もちろん短時間の信号を必要な時間幅に延長するという用途にも有効です。

タイムチャート

検出状態
動作
入光
通常動作
入光
オンディレイ
入光
オフディレイ
入光
ワンショット
非入光
通常動作
非入光
オンディレイ
非入光
オフディレイ
非入光
ワンショット

T:タイマ時間

FX-500シリーズ、FX-305(P)には、オンディレタイマとオフディレタイマを同時に使用できるオン・オフディレイタイマと、オンディレイタイマとワンショットタイマを同時に使用できるオンディレイ・ワンショットタイマも装備しています。

ページトップへ戻る

自動感度補正機能

設定距離に応じて感度を補正し、常に最適感度を維持する機能です。

投・受光器を近づけた場合、感度 DOWN

ホコリや汚れがある場合、感度 UP

ページトップへ戻る

投光停止機能

外部入力により投光を停止させることができます。

使用例
始業点検

タイムチャート

多数個並べて使用するときに、投光をスキャニング点灯させると相互干渉防止にも役立ちます。

(注1):FX-502(P)の場合は、動作設定を入光時ONにしてください。

ページトップへ戻る

関連商品


関連情報

FAセミナ

FAセミナ

オンラインでお申し込みいただける定期開催セミナから、会員登録するだけで自己学習が可能なセルフラーニングまで、さまざまなコースをご用意しています。

動画ライブラリ

動画ライブラリ

各種センサの動作を動画でご紹介いたします。

FAセンサ・システム 用途・事例・アプリケーション検索

光電センサ・レーザセンサ
用途・事例・アプリケーション検索

用途・業界別にアプリケーション事例と最適な光電センサ(ビームセンサ)・レーザセンサをご案内いたします。

PDFダウンロード

  • photoelectric.pdfダウンロード

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)