受注終了品を探す




コネクタとは

コネクタとは?

コネクタとは、ある機能と機能を電気的に接続する為の接続部品の事で、使われる用途や環境に応じて、大小様々な種類が存在しています。

AV機器
モバイル機器
車載機器
アミューズメント 機器
産業機器
医療機器

機器内・機器間接続用コネクタの種類

基板と線の接続
MILコネクタ ヘッダ
ローブロファイル ヘッダ
フラットケーブル用 ソケット
バラ線用ソケット
細線同軸 コネクタ
基板と基板の接続
DINコネクタ
カードエッジコネクタ
小型基板対基板 コネクタ
FPCコネクタ
ICソケット
CPUソケット
メモリーカード用コネクタ
メモリー用コネクタ
丸型
角型
同軸
丸型 I/O
D-Subコネクタ
USBコネクタ
同軸コネクタ
光コネクタ

パナソニックが扱うコネクタの分類

当社はモバイル機器など小型デジタル機器の内部配線用のコネクタを主に扱っており、大きく分けると下記3種類に分類することができます。

(1)狭ピッチコネクタ
ヘッダ ソケット
基板と基板又は基板とFPCを接続するコネクタで、ヘッダ・ソケットからなる2ピースタイプのコネクタです。
FPCを直接挿入しレバーでロックして接続する、1ピースタイプのコネクタです。
(2)FPCコネクタ
FPC
基板と細線同軸線というケーブルで接続するタイプのコネクタで、プラグ・レセプタクルからなる2ピースタイプのコネクタです。
(3)細線同軸コネクタ
プラグ (ケーブル付) レセプタクル



機器内部配線の用途

例えばスマートフォンなどのモバイル機器の場合。
主に下記接続用途に当社コネクタが搭載されます。

タッチパネル
サブカメラモジュール
操作用スイッチ
メインカメラモジュール
液晶モジュール
サブ基板(メモリー)
サイドスイッチ



なぜ当社コネクタは
スマートフォンなどのモバイル機器に
搭載されるのか

スマートフォンなど小型モバイル機器は非常に厳しい環境で使用される事が 想定され、搭載される接続部品(コネクタ)についても厳しい仕様が要求されます。

特に、①使用時の接触信頼性の確保②小型化③組み立て時の作業性
これら条件を満たす コネクタが必要
などが重要視されており、当社コネクタは携帯電話などのモバイル機器の発展・普及と共に 事業を拡大、要求仕様を満足する商品開発を進めてまいりました。
狭ピッチコネクタA4S
狭ピッチコネクタA4S

パナソニックコネクタの特長(1)

接触信頼性の確保

ベローズ型コンタクト構造
モバイル機器では避けられない振動・衝撃に対してのコンタクトバネ性を向上!極小部品でも優れた接触信頼性を確保!
Vノッチ+ダブルコンタクト構造
極小な部品になれば損なわれる接触信頼性をVノッチの2点エッジ接点+クリップ型のダブル接点で1ピンあたり3接点確保!
Niバリア構造
極小・低背部品においてのはんだ這い上がりを防止!実装性と接触信頼性を確保!
封孔処理 “腐食性ガス“にタフ!
周囲のガス(車の排気ガスなど)や身に付けた際の汗などによる腐食に対する耐性を強化!
タフコンタクト

さまざまな環境に強いタフコンタクト

さまざまな環境に強い高信頼コンタクト構造でモバイル機器の耐性を高めるコネクタ。
詳しく見る


パナソニックコネクタの特長(2)

小型化

モバイル機器の高機能化・小型化に合わせた幅広い商品ラインナップ!

狭ピッチコネクタラインナップ

狭ピッチコネクタラインナップ 図

パナソニックコネクタの特長(3)

組立て時の快適性

コネクタは必ず接続(嵌合)する作業が発生する為、その際の工数や作業性を配慮する必要があります。

狭ピッチコネクタ

狭ピッチコネクタ

簡易ロック機構で、嵌合時に
良好なクリック感を実現!

FPCコネクタ

FPCコネクタ

FPCの入れやすさとレバー操作性を
配慮した設計






ご注文・ご使用に際してのお願い