KW1M-H/KW2G-H エコパワーメータ(SDカード対応タイプ)専用 電力表示ツール KW View Ver.1.53

お取り扱いについて (必ずお読みください)

制限事項

KW Viewとは、KW1M-H/KW2G-Hエコパワーメータ(SDカード対応タイプ)にてSDメモリーカード内に取り込んだロギングデータを、パソコン上で確認できるソフトウェアです。

  • 本ソフトウェアは、省エネを目的とし簡易的に現在の状況を見るためのソフトウェアです。 本体側のシステムの誤動作、計測開始時間や計測タイミングのずれ等により、表示内容が実際の値と異なる場合がありますので表示したデータは保証するものではありません。
  • 本ソフトウェアは省エネ目的の自主管理用のため、課金目的には利用できません。

ページトップへ戻る

ご注意

本ソフトウェアのご使用に際しては、以下の点にご注意ください。
本ソフトウェアは、フリーウェアです。著作権は、パナソニック デバイスSUNX株式会社(以下"弊社")が保有しております。
ご使用になられた時点で、下記の【使用条件】に同意いただけるものといたします。

使用条件

  • 弊社は、本ソフトウェアに対していかなる保証もいたしません。
  • 弊社は、本ソフトウェアの使用または、動作から発生する直接損害・間接損害・波及的損害・結果的損害、または特別損害についても一切の責任を負いません。
  • 弊社は、本ソフトウェアの使用・転載、および配布に関しては、特に制限をいたしません。
    ただし、転載・配布する際に、メディア代等以上の手数料を徴収したり使用に制限を付けることはこれを禁じます。

動作環境

インストールする際のパソコン動作環境をご確認ください。

OS Windows XP Professional / Vista Business (*1) / 7 (*1) / 8 (*1) / 8.1 (*1) / 10 (*1)
必要ハードディスク容量 100MB 以上
推奨CPU Intel Celeron 700MHz 以上
メモリ 256MB 以上
画面解像度 1024×768 以上
対象機種 KW1M-H/KW2G-H エコパワーメータ(SDカード対応タイプ)
*1

Program Filesフォルダの下にお客様で作成されたファイルを保存した場合、実物のファイルは /userID/AppData/Local/VirtualStore フォルダに自動的に保存されます。

※1 画面の色をHigh Color(16bit)で使用すると、本来の色とは異なってしまう可能性があります。32Bit 色に設定することを推奨します。
※2 KW View の仕様およびマニュアルの記載内容は、将来予告なしに変更することがありますので御了承ください。
※3 Microsoft Windows、Windows XP、Vista、7、8、8.1、10は、Microsoft 社の米国およびその他の国での登録商標です。
※4 マニュアルに記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。

インストール方法

1.以下のダウンロードファイルをクリックし、ファイルの保存先を指定してください。

任意の保存先を指定して「保存」ボタンをクリックしてください。
ファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロードファイル 言語 バージョン ファイルサイズ 更新日
kwview_freev153(32bit).exe JP 1.53 4.2MB 2017年12月19日
kwview_freev153(64bit).exe JP 1.53 4.5MB 2017年12月19日

2.ダウンロードが終了したら、上記でダウンロードしたファイルを実行し、インストールを行ってください。

  • 途中の「使用許諾契約」は必ず内容をご確認ください。
 

3.インストール完了です。

  • KW Viewの詳細につきましては、マニュアル「電力表示ツール KW View 導入ガイド 」をご参照ください。
  • エコパワーメータの使用方法につきましては、商品に同封されている取扱説明書、又は、ウェブサイトのユーザーズマニュアルをご参照ください。
  • 上記マニュアルはウェブサイトからダウンロード頂けます。ダウンロードのご利用には、制御機器Web会員へのご登録が必要です。
 
マニュアル タイトル 言語 ファイル
サイズ
更新日
電力表示ツール KW View 導入ガイド JP 1.3MB 2017年12月19日

 

【お願い】

  • KW Viewを既にインストールしているパソコンで、KW Viewを最新版へ バー ジョンアップする場合は、インストールの前に、旧バージョンをアンインストールしてください。
  • インストール・アンインストール及び、ソフトウェアを起動する場合は、OSの管理者権限を有効にしてください。
 

ページトップへ戻る