制御機器

受注終了品を探す



ファンモータ 使用上のご注意

使用上のご注意

DCファンモータ

  • 短時間定格電圧を逆に接続しても異常ありませんが、ファンが回転しないため逆接続にご注意ください。
  • ファンの電源をパルス的にON/OFFして運転/停止を行う場合は、必ず+電源側にスイッチを設けてください。回路破壊の原因になりますのでご注意ください。

ACファンモータ

  • ファストン端子挿入は、49N以下の力でお願いします。

DCファンモータ&ACファンモータ

  • 弊社ファンモータには、精密ボールベアリングが使用されていますので、衝撃などを与えないよう取扱いには充分ご注意ください。
  • 軸受部の構造上、ファンの運転時間経過とともに騒音レベルは上昇します。温度の高い場所やゴミの多い場所でのご使用は避けてください。
  • ファン本体樹脂部にオイル、グリスなどが付着しないようご注意ください。オイル、グリスなどの中には高温雰囲気中で分解変質し、ファンに付着しますと悪影響をおよぼすものがありますので、ご使用に際しては十分なご配慮をお願いいたします。
  • 取扱いは内部部品に不要な力が加わらないように注意してください。また、ファンを単品落下されました場合は、ご使用しないでください。
  • 取付けについて
    下記図の通りお取付けください。
  • ファンの寿命については、常温、湿度15~45%RHでのものです。ファンの寿命は使用頻度、使用時間、周囲雰囲気などで異なりますので実機にてご確認ください。
  • 輸送、保管における注意事項
    輸送・保管可能な温・湿度は下図に示す範囲です。

    ●-20℃~0℃で氷結のないこと。
    ●0℃~+70℃では上図の範囲で結露のないこと。
  • 結露について
    高温多湿下で温度が急変するときなどに発生します。ファンの絶縁劣化などが発生することがありますのでご注意ください。
  • 氷結について
    0℃以下では、結露などの水分が凍りつき、ファンの可動部の固着や、動作遅延などの支障をきたすことがありますのでご注意ください。
  • 低温低湿雰囲気について
    低温・低湿中に長時間さらされるとプラスチックがもろくなることがありますのでご注意ください。
  • 保管の際、高温多湿の場所および腐食性ガス中は避けてください。
  • 保管は6ヶ月以内に留めていただきますようご配慮ください。

ページトップへ戻る

関連情報

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])