【サイトアクセス状況について】

ご使用のブラウザや、回線の接続状況等により、ページの閲覧や資料のダウンロードが一時的に不安定になる場合がございます。
その際は少しお待ちいただき、お手数ですが再度アクセスをお願いいたします。

制御機器

受注終了品を探す



KW2G-Hエコパワーメータ

導入から計測・データ管理まで、使用エネルギーの「見える化」を簡単に!

AKW2020GB
AKW2020GB
AKW2110GB
AKW2110GB
AKW2160GB
AKW2160GB
AKW2152G
AKW2152G
AKW2182G
AKW2182G
CE Marking Korean S Mark Korean KC

CE 、Korean S Mark 、Korean KC を取得しています。
CE : EMC指令、低電圧指令
韓国安全認証「Sマーク」 : AKW2020GB, AKW2160GBを除く

 

2015年11月 さらに使いやすくアップグレードされました。

  • ●アワーメータ機能が追加され、負荷OFF/ON時間等の計測ができるようになりました。
    ※アワーメータ機能は増設ユニット1台までになります。
  • ●通信速度 57600、115200bpsが追加になりました。

特長

1.SDメモリーカードで簡単データ収集

計測データは、自動的にSDメモリーカードに保存。
ネットワーク不要でデータ収集ができます。
● 保存周期は1分、5分、10分、15分、30分、60分より選択可能。
● 過去の使用量を画面表示(最大8日分)。
● リチウム電池によるバックアップで、停電時も安心。
● SDメモリーカードが挿入されていない時は、本体にデータが蓄積されます。

2.KW Viewで簡単「見える化」

SDメモリーカードに保存された計測データをパソコンで読み出し、無償でダウンロードできるツール「KW View」を使って簡単にグラフ表示できます。
● 複雑な設定は必要ありません。
複数のエコパワーメータのデータから番号を選択して、比較グラフを表示できます。
● 電力のほか、増設ユニット(パルス入力タイプ/アナログ入力タイプ)で取り込んだパルスデータ/ アナログデータも比較グラフを作成できます

3.簡易計測機能

簡易計測モードを使えば、測定したい電線に、電流センサを接続するだけでOK。
既設の装置も電源をOFFすることなく、電力計測が可能です。
● 計測電源の配線ができない場合でも、電力計測を行うことができます。

4.簡単増設で省配線、かつムダがない!

最大7台までのユニットを必要な分だけ増設できます。増設ユニットへの電源などの配線は不要です。
増設ユニットの計測内容は本体ユニットで確認が可能。
単相2線なら最大16回路、単相3線・三相3線なら最大8回路の測定に対応します。

5.USBで素早く初期設定! 立ち上げが早い!

PCとUSBで接続し、動作の設定・確認ツールKW Monitorを使用することで
KW2G-Hの初期設定と動作確認がその場で行え、立ち上げ時間を短縮できます。


※設定値を保存できるようになりました。
(KW2GシリーズのUSB通信の場合)

  • KW Monitor  こちらよりダウンロードできます

6.JIS協約寸法でワンタッチ取付け

JIS協約の取付金具とDINレールへの取付が可能です。

7.様々な計測が可能

■電力とパルス入力、アナログ入力の同時計測が可能
■インバータ電源の1次側も計測可能
■回生電力(マイナス電力)計測が可能
■微小電力も計測でき、待機電力も「見える化」が可能

8.電力以外にも各種センサの接続も可能!

パルス入力/アナログ入力用増設ユニットを使うことにより、エア・水の使用量や温湿度・照度などの環境把握ができます。
■電力計測
・基本ユニット [AKW2020GB]
・増設ユニット [AKW2110GB]
・増設ユニット [AKW2160GB]
■パルス入力
・基本ユニット [AKW2020GB] = 1入力
・増設ユニット [AKW2152G] = 2入力
■アナログ入力
・増設ユニット [AKW2182G] = 2入力

SDメモリーカードの電力データ・パルスデータ・アナログデータはKW View(無償ツール)で簡単に見える化できます。
また、KW Watcher(無償ツール)*を使ってSDメモリーカードのデータを表示することもできます。

*SDメモリーカード内の計測データを表示するためにはKW Watcherの設定を修正する必要があります。

9.計測回路毎にパルス出力が可能

基本ユニット、増設ユニット(AKW2160GB)で計測した電力に応じて積算電力値または警報をパルス出力することができ、PLCなどの上位側システムによる制御が可能になります。
パルス出力により、パルス入力機能のある他社機器への接続も簡単に実現できます。

積算パルス出力に加え、3種類の汎用出力に対応しました。

ON/OFF出力アプリケーション事例 : 自動点滅器へのデマンド警報

ON/OFF出力アプリケーション事例 : 自動点滅器へのデマンド警報

(1) KW1M-Hのデマンド警報のレジスタON
(2) DLLで、フラグの検知
(3) DLLから、KW2G/KW2G-Hの汎用出力用レジスタをON
(4) KW2G/KW2G-Hから制御出力で自動点滅器をON

フリッカON出力アプリケーション事例 : ブザーへのデマンド警報

フリッカON出力アプリケーション事例 : ブザーへのデマンド警報

(1) KW1M-Hのデマンド警報のレジスタON
(2) DLLで、フラグの検知
(3) DLLからKW2G/KW2G-Hの汎用出力用レジスタをON
(4) KW2G/KW2G-Hから制御出力でブザー制御

ワンショット出力アプリケーション事例 : ホストからの照明制御

ワンショット出力アプリケーション事例 : ホストからの照明制御

(1) PC(ホスト)からKW2G/KW2G-Hの汎用出力に対応したフラグをDLLに書き込み
(2) DLLから、KW2G/KW2G-Hの汎用出力レジスタにON/OFF書き込み
(3) ローカルコントローラを介してKW2G/KW2G-Hの制御出力で制御

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

FAX 0120-336-394

海外サポートはこちら
+81-568-20-5080

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

3年保証 FAシステム・FA機器商品
関連情報


ご注文・ご使用に際してのお願い