【サイトアクセス状況について】

ご使用のブラウザや、回線の接続状況等により、ページの閲覧や資料のダウンロードが一時的に不安定になる場合がございます。
その際は少しお待ちいただき、お手数ですが再度アクセスをお願いいたします。

制御機器

受注終了品を探す



コントロールユニット ELC1

ピーク電力監視/制御とエネルギー使用量の一元管理を実現!

コントロールユニット ELC1

2014年2月 さらに使いやすくアップグレードされました。

特長

「見える化」からスタートした省エネルギー活動は、電力逼迫への対応や電気料金の値上げなどを背景に、電力のピークカット/ピークシフト対策を求められるようになりました。
従来のデマンドコントロールシステムにはなかった環境パラメータの要素を制御に取り込み、快適性と省エネの両立を実現します。

EcoLogiX

エコパワーメータ、リモートI/Oユニットと組み合わせることで、ピーク電力監視/制御とエネルギー使用量の収集を同時に行えます。
システムの拡張は、リモートI/Oユニットを追加するだけなので、小さな施設から大規模設備まで無駄のない拡張/制御が実現できます。

受電点でのシステム例

複数拠点の一括管理・遠隔監視が可能

本体のイーサネットポートを通じて社内LANやイントラネット回線での通信が可能です。
支店や支社間でのバラつきを改善するために、本社からの制御もできます。

特定事業者/特定連鎖化事業者単位でエネルギーの一括管理と電力制御ができます。
(事業全体のエネルギー使用量が原油換算値で1,500kℓ以上の事業者が対象)

特定事業者/特定連鎖化事業者単位でエネルギーの一括管理と電力制御ができます。

例:工場、事業場等
工場 + 事業場 + 営業所 = 1,500kℓ以上

例:フランチャイズチェーン等
本部 + 直営店 + 加盟店(注) = 1,500kℓ以上

(注):本部と加盟店の約款により指定がある場合

選べる2種類の使い方

受電点電力の監視
KW1M-Hエコパワーメータを使用することで電力メータのデマンド値を収集し、デマンドコントロールが可能

受電点電力の監視

合算計測電力の監視
ビルテナント契約での受電点が無い場合の使用配電盤電力を最大50台までの機器の合算計測電力に対して制御が可能

合算計測電力の監視
注)どちらか一方の監視のみとなります。

快適と省エネの両立を実現する環境パラメータ設定追加

電力使用量のみを基準にしたデマンドコントロールシステムでは、過ごす人々の環境が損なわれ、「我慢の省エネ」になってしまいがちです。
温度や湿度、照度といった環境パラメータのほか、温湿度データを元にPMV(注)や不快指数を演算して制御に取り入れることで、快適空間を保持しながら省エネコントロールやデマンド制御が実現できます。
(注):PMV(Predicted Mean Vote):人間が感じる温冷感を定量的に示す指標としてISO7730にも規定されている指標です。

従来のデマンドコントロールシステム
「我慢の省エネ」

従来のデマンドコントロールシステム「我慢の省エネ」

EcoLogiXにて環境パラメータを28度で設定
「快適な省エネ」

EcoLogiXにて環境パラメータを28度で設定「快適な省エネ」
28度以上の場合は、警報1、2が発報しても環境パラメータが優先され、快適性を優先しデマンド制御が実行されない。
警報3はデマンド制御が優先され、目標デマンドは超過しない。


2種類のデマンド予測方式
■平均電力方式
経過時間に対しての平均電力で予測デマンドを算出

平均電力方式

■移動平均方式
直近n分(任意で選択可能)の積算電力量の増加量から予測デマンドを算出
時限の前半後半(任意で選択可能)で別の値(直近n分)にできる

移動平均方式

簡単初期設定

PLC等のプログラム構築が不要で、制御パターンを簡単に設定することができます。

※Configurator EL:コントロールユニットELC1 / ELC2設定用ツールソフト(Ver.2.0以降)


設定用ツールソフト Condigurator EL では、PCで簡単に初期設定ができ、デマンドグラフ(現在・年次デマンド)も用意していますのでシステム導入時の検証用にご使用できます。
また、日報・月報・年報機能により報告資料や分析に役立ちます。


制御パターン1:警報連動制御
デマンド時限開始時(○時 0 分、または○時 30 分)を基準として、1分間隔でデマンド監視を行います。予測デマンド値が、設定された警報発生値を超えると、各警報(警報レベル 1,2,3)を発生させます。

(例)

警報連動制御

制御パターン2:サイクリック制御
設定した時間間隔で、グループごとに空調機器を停止させ、体感的には快適性を維持しながらピーク電力をカットする制御です。

(例)

サイクリック制御

制御パターン3:始動制御
複数の空調機器などを同時に ON にすると、ピーク電流が大きくなってしまうため、始動開始時間をグループごとにずらし、ピーク電流を抑える制御です。

(例)

始動制御
空調など同時に電源をONすると始動時のピーク値の電流が高くなるので始動開始時間をグルーピングしてずらす事でピーク値を低くできます。

ご使用のエアコンメーカ・機種などにより異なりますので  お客様にてご確認のうえ、安定時間を設定してください。

制御パターンを最大8パターンまで登録が可能です。
季節ごとや時間帯、曜日など状況に応じてフレキシブルに対応し、最適な省エネをサポートします。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

FAX 0120-336-394

海外サポートはこちら
+81-568-20-5080

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報


ご注文・ご使用に際してのお願い