制御機器

受注終了品を探す



アンプ内蔵・小型レーザセンサ CX-L400

使用上のご注意

・ご使用にあたっては必ず製品付属の取扱説明書をお読みくだ さい。

  • 本製品は人体保護用の検出装置としては使用しないでください。
  • 人体保護を目的とする検出にはOSHA、ANSI、およびIEC等の各国の人体保護用に関する法律および規格に適合する製品をご使用ください。

レーザ光に関する注意事項

  • 本製品は、JIS/IEC規格のクラス2(CX-L411□はクラス1)レーザ製品です。危険ですので、レーザ光を直接見たりレンズなどの観察光学系を通して見ないでください。
  • 本製品には下記の内容のラベルが貼付されています。ラベルの内容に従ってお取り扱いください。

レーザ製品の安全基準

  • レーザ光はエネルギ密度が高く、目や皮膚など人体に有害な場合があるため、JISやIECでは、安全性がクラス分けされ管理方法などが規定されています。CX-L421□はクラス2、CX-L411□はクラス1のレーザ製品に該当します。

JIS C 6802(IEC 60825-1)によるクラス分け

クラス分け 概 要
クラス1 合理的に予見可能な運転条件下で安全であるレーザ。
クラス2 まばたきなどの嫌悪反応(回避行動)によって目が保護される400nm〜700nmの波長範囲の可視光を放出するレーザ。

レーザ光の安全方策について

  • レーザ製品を安全に使用するために、JIS C 6802(IEC60825-1)において「レーザ製品の安全基準」が規定されています。ご使用になる前に内容をご確認ください。

各部の名称

(注1): 透過型の投光器には、装備されていません。
(注2): 透過型の投光器およびスポット反射型は、レーザ放射表示灯(緑色:レーザ放射時点灯)になります。

動作切換スイッチについて

動作切換スイッチ 内 容
動作切換スイッチ(透過型は受光器に装備)をL側に回し切った状態で入光時ONに設定されます。
動作切換スイッチ(透過型は受光器に装備)をD側に回し切った状態で非入光時ONに設定されます。

取り付け

  • 締め付けトルクは、0.5N・m以下としてください。

その他

  • 電源投入時の過渡的状態を避けてご使用ください。
  • シンナーなどの有機溶剤や強い酸、アルカリ、油、油脂がかからないようにご注意ください。
  • 本製品の投・受光面に、水、油や指紋など光を屈折させるもの、あるいはホコリやゴミなど光を遮断するものを付着させないようにしてください。付着した場合は、ホコリの出ない柔らかい布、またはレンズ用ペーパーで拭いてください。
  • センサヘッドの投光窓/受光窓を清掃する際は、必ず電源を切った状態で行なってください。

ページトップへ戻る

関連情報

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])