見せる化ソフト EnerVisualizeR Ver.1.31 差分ファイル

お取り扱いについて (必ずお読みください)

制限事項

EnerVisualizeR Ver.1.20以前の本体をVer.1.31にバージョンアップするためのソフトウェアです。
このソフトウェアをインストールするためには、すでにEnerVisualizeRがインストールされている必要があります。

  • FP7とリアルタイム通信するには、FP7のプログラムで収集しているデータをDTレジスタに保存する必要があります。
  • ウィルスバスター Corp.11.0をご使用の環境で、EnerVisualizeRを運用する場合、ウィルスバスターCorp.11.0 ビルド6325以上のバージョンにしてご使用ください。

ページトップへ戻る

ご注意

本ソフトウェアのご使用に際しては、以下の点にご注意ください。
本ソフトウェアの著作権は、パナソニック デバイスSUNX株式会社(以下"弊社")が保有しております。
ご使用になられた時点で、下記の【使用条件】に同意いただけるものといたします。

使用条件

  • 弊社は、本ソフトウェアに対していかなる保証もいたしません。
  • 弊社は、本ソフトウェアの使用または、動作から発生する直接損害・間接損害・波及的損害・結果的損害、または特別損害についても一切の責任を負いません。
  • 弊社は、本ソフトウェアの使用・転載、および配布に関しては、特に制限をいたしません。
    ただし、転載・配布する際に、メディア代等以上の手数料を徴収したり使用に制限を付けることはこれを禁じます。

動作環境

インストールする際のパソコン動作環境をご確認ください。

項目 仕様
OS Microsoft® Windows® 7 Professional (64bit)
Microsoft® Windows® 8.1 Pro (64bit)
Microsoft® Windows® 10 Pro (64bit)(注1)
CPU Intel® Core™ i5 2GHz以上(注2)
Intel® Core™ i7 3GHz以上(注3)
搭載メモリ 8GB以上
16GB 以上(注4)
ハードディスク 300GB以上(注2)
700GB以上(注3)
USBポート 2ポート以上の空き(注5)
画面サイズ SXGA+ (1400 × 1050)以上
Java™ Java™ 1.7(注6)
Java™ 1.8(注7)
ブラウザ Google Chrome®バージョン:62.0.3202.62以上
Mozilla Firefox® バージョン:56.0.1以上
その他 Microsoft® Excel® 2010, 2013
(帳票レイアウト作成時に使用)
Adobe® Reader® (マニュアル閲覧時に使用)
(注1): 弊社ではWindows®10 Version1709にて動作確認を行っております。
Version1709以外のバージョンでは正常動作しない場合や、動作が不安定になる場合があります。
(注2): 蓄積デバイスまたは、瞬時デバイスの登録数が4000点未満の場合に必要です。
(注3): 蓄積デバイスまたは、瞬時デバイスの登録数が4000点以上の場合に必要です。
(注4): 蓄積デバイスまたは、瞬時デバイスの登録数が2000点以上の場合に必要です。
(注5): USBライセンスキー装着用、追加ライセンス用
(注6): Java™ 1.7はEnerVisualizeR Ver.1.20以下のバージョンをインストール時に自動でインストールされます。Ver.1.20以下のEnerVisualizeRはJava™ 1.7以外の環境では正常に動作いたしません。
(注7): Java™ 1.8はEnerVisualizeR Ver.1.30以上のバージョンをインストール時に自動でインストールされます。Ver.1.30以上のEnerVisualizeRはJava™ 1.8以外の環境では正常に動作いたしません。
※1 MicrosoftおよびWindows、Windows7 Professional、Windows8.1 Pro、Windows10 Pro、Excelは米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
Google Chromeは、Google Inc.の登録商標です。
Mozilla Firefoxは、Mozilla Foundationの米国およびその他の国における登録商標です。
Intel、Intel Coreは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation の登録商標です。
HDMIは、HDMI Licensing LLC の登録商標です。
Java、JavaScriptは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。

インストール方法

1.以下のダウンロードファイルをクリックし、ファイルの保存先を指定してください。

任意の保存先を指定して「保存」ボタンをクリックしてください。
ファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロードファイル 言語 バージョン ファイルサイズ 更新日
evr_spv131.zip JP 1.31 367.9MB 2018年5月24日

2.ダウンロードが終了したら、上記でダウンロードしたファイルをダブルクリックし、インストールを行ってください。

  • EnerVisualizeR をアンインストールせずに実行してください。
  • アップデートする前に、System Managerでバックアップを実施してください。
    バックアップ完了後にSystem ManagerとConfigurator EVRを終了してください。
  • [evr_spv131.exe]をダブルクリックするとアップデートが始まります。
 

3.インストールが完了したら、パソコンの再起動を行ない、ブラウザのキャッシュをクリアしてください。

上記マニュアルはウェブサイトからダウンロード頂けます。ダウンロードのご利用には、制御機器Web会員へのご登録が必要です。
 
マニュアル タイトル 言語 ファイル
サイズ
更新日
EnerVisualizeR ユーザーズマニュアル JP 4.5MB 2018年12月3日
 

ページトップへ戻る