制御機器

受注終了品を探す



表面電位センサ EF-S1

使用上のご注意

  • 本製品は、人体保護用の検出装置としては使用 しないでください。
  • 人体保護を目的とする検出にはOSHA、ANSI、 およびIEC等の各国の人体保護用に関する法律 および規格に適合する製品をご使用ください。
本製品は、センサヘッドとコントローラの組み合わせで仕様を満足するように作られています。必ずセンサヘッドとコントローラの組み合わせてご使用ください。
センサヘッド測定部およびその周辺には触れないでください。測定精度が低下するおそれがあります。
センサヘッドの金属部はコントローラ電源の0Vと共通になっていますので、絶縁してご使用ください。
プラス接地では使用しないでください。

取り付け

センサヘッド

  • 測定部にホコリなどが付着しないようにしてください。測定部やその周辺にホコリなどが付着すると、正しく測定できなくなるおそれがあります。測定部にホコリなどが付着した場合、エアーブロワーなどで吹き飛ばしてください。
  • 取付具が帯電すると、測定精度に影響を受けますので、取付具を接地してご使用ください。但し、ケースの金属部は絶縁してください。
  • 測定距離を21~100mmで使用する場合は、8~20.5mmで使用する場合に比べて感度が高いため、外乱ノイズの影響を受けやすくなります。使用環境をご確認の上、ご使用ください。

配線

  • 配線作業や増設作業は、必ず電源を切った状態で行なって ください。
  • 電源に市販のスイッチングレギュレータをご使用になる場合 には、必ず電源のフレームグランド(F.G.)端子を接地してく ださい。
  • 本製品の取り付け部周辺にノイズ発生源となる機器(スイッ チングレギュレータ、インバータモータなど)をご使用の場 合は、機器のフレームグランド(F.G.)端子を必ず接地してく ださい。
  • 高圧線や動力線との並行配線や、同一配線管の使用は、避 けてください。誘導による誤動作の原因となります。
  • センサヘッドは、0.09mm2の細いケーブルを採用していま す。ケーブルを強い力で引っ張ると断線するおそれがあり ますので、ご注意ください。
  • センサヘッドのケーブル延長はできません。
  • ケーブルの引き出し部に無理な曲げ、引っ張りなどのストレ スが加わらないようにしてください。
  • コントローラのケーブルを延長する場合は、0.3mm2以上 のケーブルにて全長10mまで可能です。但し、ノイズを避 けるため、配線はできる限り短くしてください。

その他

  • 電源投入時の過渡的状態(3s)を避けてご使用ください。
  • 安定した検出を行なうために、電源投入後10分以上経過し てからご使用ください。
  • 測定対象物以外に強電界がある場所では使用しないでくだ さい。
  • 強磁界内では使用しないでください。

ページトップへ戻る

関連情報

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAデバイス技術相談窓口

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])