制御機器

受注終了品を探す



ON・OFF出力

解説

ON・OFF出力とは?

光電センサや高周波発振型近接センサを出力方式で分類した時の種類のひとつで、検出結果をスイッチのON・OFFとして出力するタイプです。

現在、ほとんどの光電センサと高周波発振型近接センサはON・OFF出力となっており、アナログ出力は検出物体の状態を連続的にモニタする場合などで使用されます。

ON・OFF出力とアナログ出力は、センサで検出物体を検出した後の制御の仕方によって使い分けされます。

<反射型光電センサ(ON・OFF出力タイプ)>

<高周波発振型近接センサ(ON・OFF出力タイプ)>

どうやって、出力方式を見分けるのか?

下記は、小型光電センサCX-400シリーズの出力に関する仕様の一部です。

この中で出力動作を確認すると、入光時ON・非入光時ON 切換スイッチにて選択と記載されています。

これは、入光状態になった時、もしくは非入光状態になった時(言い換えると、検出物体を検出した時、もしくは検出物体を検出しなかった時)に出力がONし、その出力動作を切り換えて出力をOFFにすることもできる、という意味です。

したがって、CX-400シリーズは、ON・OFF出力タイプであると判断できます。

下記は、小型光電センサCX-400シリーズベーシックタイプの種類と型式名です。

入光時ON・遮光時ONが別機種となっているシリーズもあり、この場合は、下記のように入光時ON・遮光時ONの記載によりON・OFF出力タイプであると判断できます。

光電センサの入・出力回路とその等価回路

下図は、距離設定反射型光電センサCX-440シリーズのNPN出力タイプとPNP出力タイプの入・出力回路図です。

これらは、いずれも、ON/OFF出力タイプです。

この中で、Tr(トランジスタ)がスイッチの機能を果たし、検出結果をON/OFF出力します。

【NPN出力タイプ】

【PNP出力タイプ】

ページトップへ戻る

PDFダウンロード

  • glossary_032.pdfダウンロード

ページトップへ戻る

役に立つ用語解説 一覧へ戻る

 

関連商品

ファイバセンサ

光電センサと光学ファイバを組み合わせたセンサです。さまざまなファイバユニットで、幅広いアプリケーションに対応しています。

ファイバセンサ

ビーム(光電)センサ・レーザセンサ

光を検出媒体とした最もよく使用されるセンサです。LED(発光ダイオード)のほか、レーザ光タイプもございます。

ビーム(光電)センサ・レーザセンサ


近接センサ

金属のみに反応する、高周波発振型のセンサです。油や汚れに強く 機械の位置検出や、原点確認などに使用されます。

近接センサ


ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート