制御機器

受注終了品を探す



概要 - レーザ光について

概要

レーザ(LASER)とは

レーザ(LASER)は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiationの頭文字をとったもので、「分子や原子の固有振動を利用して光を放出する装置」、つまり、気体分子や固体の中にある電子をエネルギの高い状態にしておき、そのエネルギを光として外に放出するときに、例えば光の往復によって増幅を起こして、極めて純度の高い光(レーザ光)を放出する装置のことです。

レーザ光には次の特長があります。

(1)単色性(単一波長)である。
(2)指向性が優れている。
(3)エネルギ密度が高い。
(4)干渉性がある(位相が揃っている)。

ページトップへ戻る

レーザの種類

レーザ光を作り出す媒質として、次のようなものがあります。

液体 色素
気体 He-Ne(ヘリウム-ネオン)、Ar(アルゴン)、CO2(炭酸ガス)
固体 YAG(イットリウム-アルミニウム-ガーネット)、ルビー、ガラス
半導体 GaAs(ガリウムヒ素)

<レーザ発振波長域>

ページトップへ戻る

PDFダウンロード

  • laser.pdfダウンロード

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAデバイス技術相談窓口

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート