蓄電システム

オフィス、工場など業務用をはじめ、一般の家庭でも活躍する蓄電システム。再生エネルギーの出力安定化や、高い充放電効率の実現にお役立ちするパナソニックのリレーをご紹介します。

蓄電システム向け

インバータ

ACコンセント

負荷

蓄電池

蓄電池

HE-N HE PV HE-S LF-G
HE-N HE PV HE-S LF-G
(HE-N : 1a 120A 480V AC)
(HE PV : 1a 35A-90A 277V AC)
(HE-S : 2a/2a1b 35A 277V AC)
(LF-G : 1a 22A-33A 250V AC)
EP HE-V AQ-A
SSR
EP HE-Vリレー AQ-A
(EP : 1a 10A-20A 1,000V DC ※1)
(HE-V : 2a 20A 1,000V DC ※2)
(AQ-A : 1a 10A 600V DC)
※1 1,000V DCは最大許容電圧。定格は400V DCです。
※2 1,000V DCは各1a接点を直列接続した時の最大許容電圧。定格は800V DCです。
PhotoMOS
PhotoMOS
最大1,500V耐圧品を品揃え。
品種については、当社営業担当までお問い合わせください。
EP AQ-A
SSR
EP AQ-A
(EP : 1a 20A-300A 1,000V DC ※)
(AQ-A : 1a 10A 600V DC)
1,000V DCは最大許容電圧。
定格は400V DCです。
その他
おすすめ商品
機器用はめ込みコンセント

安全遮断(AC側/DC側)

AC側安全遮断用途
リレーは電力網の安全遮断用として使用されます。具体的には、異常電流発生時にその影響が商用電源側に回りこまないよう遮断することです。電力系統の保護のため、安全対策としてパワーリレーは必要です。
HE-S リレー使用時

※2a1bタイプ×1個を使用
(接点溶着監視回路構築が可能)
おすすめ
リレー
DC側安全遮断用途
バッテリーおよびシステムが不具合・故障した際に、安全対策としてパワーリレーは必要です。
おすすめ
リレー

※ 1,000V DCは最大許容電圧。定格は400V DCです。

充放電

充放電用途
AQ-A SSR(PhotoMOSリレー)は充電・放電時の切替に使用されます。ON/OFFの切替回数の多い用途には半導体リレーがおすすめです。
充電制御
放電制御
蓄電池
1
通常時
充電・放電制御の両方の半導体リレーをON。
双方向に電流が流れます。
2
過充電防止
過充電防止のため、充電制御側の半導体リレーがOFFになります。
放電側はダイオードがあるため電流は流れます。
3
過放電防止
過放電防止のため、放電制御側の半導体リレーがOFFになります。
充電側はダイオードがあるため、電流は流れます。
半導体リレー内部ダイオードを有効活用することにより、充電・放電制御が可能です。
出力側等価回路
※内部ダイオードを有効活用する場合は、当社営業担当までお問い合わせください。
(最大制御容量が出力部と異なります。)
おすすめ
リレー

充電時コンデンサの突入防止用

充電時コンデンサの突入防止用(プリチャージ回路)
AQ-A SSR(PhotoMOSリレー)、HE-Vリレー、EPリレー 10A、20Aタイプは充電時コンデンサの突入電流防止用として使用されます。小型要望の場合は半導体リレー、高電圧の場合はHE-Vリレー、EPリレー10A、20Aタイプがおすすめです。

メインリレー
(DC安全遮断用)

インバータ

高容量コンデンサを使用。
突入電流の恐れあり。

突入防止用リレー
(プリチャージリレー)


機器起動時、突入防止用リレーがONし、コンデンサ充電後にメインリレーがONします。
コンデンサ充電時に発生する突入電流に対する保護として有効です。
おすすめ
リレー

※1 1,000V DCは最大許容電圧。定格は400V DCです。

※2 1,000V DCは各1a接点を直列接続した時の最大許容電圧。定格は800V DCです

絶縁検知

絶縁検知用途
PhotoMOSリレーは蓄電池ユニットの絶縁劣化を監視するのに使用します。
ユニット内に絶縁劣化がある場合、ON時に地絡電流が流れ、センサで検知します。
蓄電池が高電圧なため、高耐圧タイプのPhotoMOSリレーが最適です。

警報信号出力
〈異常時〉

電流センサ

蓄電池

電流センサ

絶縁劣化部

蓄電池ユニット内部

絶縁劣化部がある場合、リレーをオンすると電流が流れる。

(高電圧部とシャーシの絶縁が劣化している時)
1. PhotoMOS がON
2. 電流センサで地絡電流を検知
3. 警報信号の出力

電流

おすすめ
リレー

最大1,500V耐圧品を品揃え。品種については、当社営業担当までお問い合わせください。

バッテリーモニタリング

バッテリーモニタリング用途
PhotoMOSリレーは電池セル(群)の充電電圧のモニタリング回路用として使用されます。
小型サイズ、高頻度開閉可能なPhotoMOSリレーが最適です。
リレーを使用する事で高電圧部との絶縁が可能です。

コンデンサ充電時

〈電池セル側〉

〈計測側〉

1. 電池セル側のPhotoMOSがON
2. コンデンサに充電

計測時

〈電池セル側〉

〈計測側〉

1. 電池セル側のPhotoMOSがOFF
2. 計測側のPhotoMOSがON
3. コンデンサの電圧(=電池セル(群)の電圧)を計測
おすすめ
リレー

最大1,500V耐圧品を品揃え。品種については、当社営業担当までお問い合わせください。

おすすめ資料

シリーズカタログ タイトル 言語 ファイル
サイズ
更新日
PhotoMOS_SSR セレクションガイド
PhotoMOSリレー, MOSFETドライバ, フォトトライアックカプラ, ソリッドステートリレーを掲載しています。このカタログの記載内容は2019年10月現在のものです。
JP 2.7MB 2020年10月31日
アプリケーション事例 タイトル 言語 ファイル
サイズ
更新日
エネルギーマネジメント向け商品のご提案
初版
JP 6.7MB 2017年5月31日
シリーズカタログ タイトル 言語 ファイル
サイズ
更新日
パワーリレー(2A超)、高容量遮断リレーセレクションガイド
パワーリレー (2A超)、高容量遮断リレーを掲載しています。このカタログの記載内容は2021年2月現在のものです。
JP 2.2MB 2021年2月2日