制御機器

受注終了品を探す



ターコイズストロークミニスイッチ 抵抗内蔵型

ターコイズストロークミニスイッチ使用上の注意

はんだ付け条件

  • スイッチに過大なはんだ熱が加わった場合、 スイッチ機能を損なうおそれがございますので、 必ず下記条件内にて作業をしてください。
  • 手はんだの場合:温調付きはんだごてにて、 こて先温度350℃以下3秒以内に作業を終了し、 端子部に力が加わらないようにしてください。 (各端子への加熱は1秒以上の間隔を空けて実施ください) 60 Wを超えるはんだごてをご使用の場合は、ご相談ください。

取り付け

  • <重要>取り付けの際は、 フォーク端子部の変形による接触信頼性の低下を防止するため、 実機に対して垂直な姿勢を保ち、 端子部を保持しながら挿入可能な専用治工具を必ず製作しご使用ください。 (下図)
  • <重要>スイッチ側フォーク端子と実機側端子の接合部における、 振動・衝撃、湿度・ガスによる接触信頼性の低下を防ぐために、 必ず端子部へシール材を塗布し、スイッチを完全に固定し、 端子部を封止してください。(封止無しではご使用できません)
    また、シール材の選定に際しては、 接触障害に至るおそれがございますので、 硫化・酸化・低分子シロキサンガスを発生しないものをご採用いただくとともに、 事前に実機でご確認ください。
  • <重要>端子接続部の接触信頼性は、相手側の材料・寸法や、 スイッチの挿入方法等によって大きく低下するおそれがございます。 フォーク端子型をご検討いただく際には、 必ず、事前にお問い合わせください。
  • リード線型の固定は、 平滑面にM3の小ねじを用いて0.29 N・m以下のトルクで締め付けてください。
    ご使用のねじの種類(ねじ頭径など)やワッシャーの径およびワッシャーご使用の有無によっては、 スイッチ樹脂部を変形させるおそれがございますので、 実使用状態での締め付け評価をお願いします。
    またねじのゆるみ防止のため、接着剤によるロックをおすすめします。 ただし、接着剤は稼動部へ付着しないようにご配慮ください。
  • 取り付け状態において、 各端子とア-ス間などの絶縁距離が十分確保されているか、 お確かめください。
  • 取り付け後はスイッチの端子に引張り荷重が加わらないようご配慮ください。
  • 作動体は自由状態で押釦またはアクチュエータに直接力が加わらないようにし、 押釦に対し垂直方向に力が加わるようにしてご使用ください。
  • ピン押釦型において、操作カムによる斜め押操作の際は、 摺動用グリスの有無、操作角度、操作速度、操作頻度、ピン押釦押し込み量、 カム材質・形状・表面状態などによって、 スイッチの耐久寿命が著しく変化する可能性がありますので、 事前に実機でご確認ください。

回路上の注意事項

  • スイッチのON-OFF動作時のバウンスおよびチャタリングによるセット機器の誤作動防止のために、 実使用の操作条件と温度範囲にて回路判定をご確認ください。

実使用状態でのご確認のお願い

  • 実際に使用するに当っての信頼性を高めるため、実使用状態で品質をご確認ください。

スイッチの選択

  • 動作特性は規格値の±20%まで変化しても支障がないように考慮して選択してください。

耐油・耐薬品性

  • ゴムキャップは、油・薬品に対して膨潤する性質があり、 その種類・量によって膨潤度合いは大きく異なりますので、 実際に使用する油または薬品での確認が必要です。 特に、フレオン・クロロセン・トルエン・ アルコールなどの溶剤に対しては使用できませんのでご注意ください。

ESDについて

  • 静電気によるチップ抵抗の故障を防止するため、 端子部に触れる人や設備等に対して、静電気対策を実施してください。

使用環境

  • 温度により湿度範囲が異なりますので、 下図に示す範囲内でご使用ください。 ただし、この温度・湿度範囲は耐久性能を保証するものではございません。

その他

  • 押釦部のシール用ゴムキャップが破れないようスイッチの取り扱いに十分ご注意ください。
  • 本品は水中では使用できませんのでご注意ください。 また、水滴が付いた状態での開閉または急激な温度変化は、 呼吸作用により内部へ浸入する要因となりますのでご注意ください。
  • シリコン系接着剤・オイル・グリースなどが存在する雰囲気では、 酸化シリコンによる接触不良の原因となりますのでおさけください。 また、ガソリン・シンナーなど引火性・爆発性ガスが存在する場所での使用はおさけください。
  • レバー型をご使用になる場合、 動作の逆および横方向からの無理な荷重は加えないよう、ご注意ください。
  • 動作限度位置(TTP)を超えてアクチュエータを押し込まないでください。 動作異常となるおそれがございます。 また、動作限度内であっても高速や衝撃を伴う開閉の場合、 耐久寿命が低下するおそれがございますので実使用状態での品質をご確認ください。
  • 常時押し込み状態でご使用の場合、 周囲温湿度、オイル・グリース塗布等の油種や各種溶剤・薬品類の付着により、 スイッチの復帰性能が著しく低下するおそれがございます。 実使用状態で品質を確認してください。
  • スイッチが操作体のストッパーとならないようご配慮願います。 スイッチが故障するおそれがございます。
  • お取り扱い中に落下したスイッチは使用しないでください。 スイッチに動作特性や密閉性の異常が生じるおそれがございます。
  • 可動部(アクチュエータ、押釦など)の封止 (コーティング)は不具合の原因となりますので、 保証いたしかねます。
  • スイッチの洗浄は不具合の原因となりますので、保証いたしかねます。
  • スイッチの特性に影響を与えますので、 超音波、高周波による振動印加は絶対におさけください。
  • リード線の引き回しについて、 常時引っ張り荷重が加わることがないようにご配慮願います。
  • 端子部へのストレス印加はおさけください。 チップ抵抗の接続に異常が生じるおそれがございます。
  • 下記環境下・条件で使用される場合は、 事前にスイッチの信頼性や性能への影響を確認してください。
  • (1) 潮風、腐食性ガス(SO2、H2S、Cl2、NH3、NO2、NaClなど)の多い場所
    (2) 静電気、電磁波の強い環境
    (3) パルス等の過度的な負荷(短時間で大きな負荷)が加わる場合
  • 本スイッチはチップ抵抗を実装しているため、 通電によりジュール熱が発生いたします。 他の部品への熱的な悪影響を与えないように、 取り付け位置にご注意ください。

ノーマルスイッチと抵抗内蔵型の違い

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-101-550 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
制御部品・電子デバイス
技術サポート
ダウンロード

コネクタ オリジナルレシピ 初級編 コネクタ オリジナルレシピ 初級編

SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/ssr/index.jsp>

PhotoMOS リレーの基本 PhotoMOS リレーの基本 <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/photomos/index.jsp>

PhotoMOS リレー上級編 PhotoMOS リレー上級編


ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)