制御機器

受注終了品を探す



KT7温度調節器

使用上のご注意

設置周囲状況の注意

本器は、次の環境仕様で使用されることを意図しています。(IEC 61010-1)

  • 過電圧カテゴリII、汚損度2

本器の使用は、下記のような場所でご使用ください。

  • 塵埃が少なく、腐蝕性ガスのないところ。
  • 可燃性ガス、爆発性ガスなどが発生しないところ。
  • 機械的振動や衝撃の少ないところ。
  • 直射日光が直接あたらず、周囲温度が0~50℃(KT4R/KT8R/KT9Rは-10~55℃)で、急激な温度変化のないところ。(盤内に設置される場合には、特に放熱について考慮してください。また、熱を発生する機器の真上などへの設置は避けてください。)
  • 急激な温度変化により結露が起こる可能性のある場所。
  • ベンジン、シンナーおよびアルコールなどの有機溶剤や、アンモニアおよびカセイソーダなどの強アルカリ物質などが付着する可能性のある場所または、それらの雰囲気の中。
  • 直接、振動や衝撃が伝わるような場所や直接水滴の当たる可能性のある場所。
  • 高圧線・高圧機器・動力線・動力機器あるいはアマチュア無線など送信部のある機器、または大きな開閉サージの発生する機器の近辺。
  • 湿度は35~85%RHで、結露の可能性がないところ。
  • 大容量の電磁開閉器や大電流の流れている電線から離れているところ。
  • 水や油、薬品など、またはそれらの蒸気が直接あたるおそれのないところ。

配線上の注意

  • KT4R/KT8R/KT9R/KT4H/KT4Bシリーズの端子台は、左側から配線する構造になっています(KT2シリーズの端子は、上下方向)。リード線は、必ず左側方向から端子へ挿入し、端子ネジで締め付けてください。M3のネジに適合する絶縁スリーブ付圧着端子を使用してください。
圧着端子 メーカ 形名 締め付けトルク
Y形 (株)ニチフ端子工業 1.25Y-3 0.6N・m
最大1.0N・m
日本圧着端子製造(株) VD1.25-B3A
丸形 (株)ニチフ端子工業 1.25-3
日本圧着端子製造(株) V1.25-3

  • 端子ネジの締め付けトルクは、0.6N・m~1.0N・m(KT4R/KT8R/KT9R/KT4H/KT4B)、KT7シリーズのM3ネジは0.5N・m以下、M2ネジは0.25N・m以下にて緩みがないように締め付けてください。
  • 熱電対、補償導線は本器のセンサ入力仕様に合ったものをご使用ください。
  • 測温抵抗体は3導線式のもので、本器のセンサ入力仕様に合ったものをご使用ください。
  • 本器は電源スイッチ、遮断器およびヒューズを内蔵していません。必ず上記の装置類を、本器の近くに別途設けてください。(推奨ヒューズ:定格電圧250V AC、定格電流2Aのタイムラグヒューズ)
  • 電源が24V AC/DCで、DCの場合、極性を間違わないようにしてください。
  • リレー接点出力形については、内蔵リレー接点保護のため外部に負荷の容量に合ったリレーのご使用をおすすめします。
  • 入力線(熱電対、測温抵抗体など)と電源線、負荷線は離して配線してください。
  • 配線などの作業を行う時は、計器への供給電源を切った状態で行なってください。電源を入れた状態で作業を行なうと、感電のため人命や重大な傷害にかかわる事故の起こる可能性があります。
  • 配線作業を行なう場合、電線屑を通風窓へ落とし込まないでください。
  • 予期しないレベルのノイズによる、温調器への悪影響を防ぐため、電磁開閉器のコイル間にスパークキラーを取り付けてください。

取り付け上の注意

  • KT4R/KT8R/KT9R/KT4H/KT4Bシリーズの取付枠、取付金具のネジを必要以上に締めすぎると、取付金具やケースが変形するおそれがあります。KT8R/KT9Rシリーズは、0.1N・m位で締め付けてください。KT4H/KT4Bシリーズは、0.05~0.06N・m位で締め付けてください。KT4Rシリーズは、0.15N・m位で締め付けてください。
  • KT7シリーズのDINレールへの取り付けは、横方向で取り付てください。カチッと音がし、確実に固定されたことを確認してください。

オプションのヒータ断線警報出力について
(KT7/KT4Hシリーズ)

  • 位相制御されているヒータ電流の検出には使用できません。
  • CTは付属のものを使用し、ヒータ回路の導線1本をCTの穴へ通してください。
  • 外部からの干渉を避けるため、CTの導線と電源線、負荷線は離して配線してください。
  • KT4Hシリーズのみ三相の場合R、S、Tの内いずれかの2線にCTを挿入し、CT1[(13)-(14)] CT2[(14)-(15)]端子へ接続してください。

KT7シリーズの端子部は棒端子をご使用ください

推奨棒端子はフェニックス・コンタクト社製。
(1)~(4)は、AI0.25-8YE、AI0.34-8TQ、AI0.5-8WH、AI0.75-8GY、AI1.0-8RD、AI1.5-8BK。
(5)~(9)は、AI0.25-8YE、AI0.34-8TQ、AI0.5-8WH。ネジ締めトルクは(1)~(4)は0.5N・m以下にて、(5)~(9)は0.25N・m以下にて、緩みがないように締め付けてください。

取付方法

・DINレール取付時方法

[1] DINレールの上部に、KT7シリーズの(1)の部分を引っ掛けてください。
[2] KT7シリーズの(1)の部分を支点にして、KT7シリーズの下部をはめ込んでください。完全にはまり込むと、"カチッ"と音がし、 DINレールに固定されます。
推奨DINレール:機器取付レールATA48011
推奨止め金具:止め金具ATA4806

DINレール取付時方法

各部の名称

各部の名称

(1)PV表示 プロセス値(PV)を表示します。
(2)SV表示 設定値(SV)を表示します。
(3)アップキー 設定値の数値が増加します。
(4)ダウンキー 設定値の数値が減少します。
(5)モードキー 設定モードの切り替え、設定値の登録を行ないます。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAデバイス技術相談窓口

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])