制御機器

受注終了品を探す



LT4H-Lデジタルタイマ(DIN□48)

経済価格タイプのデジタルタイマ

UL C-UL Recognaized CE Marking

UL/C-UL 、CE を取得しています。

特長

1.市場ニーズを先取りした経済価格。

コストパフォーマンスを追及した驚異の経済価格です。

2.反射型液晶を採用。

※ 暗がりでのご使用には、LT4Hデジタルタイマをお薦めします。

3.LT4Hデジタルタイマの特長をそのまま継承。

シーソー式キートップの採用で簡単操作
IP66の耐環境に対応
首下70.1mmの短胴化

4.UL、c-UL、CEマーキングに対応。


動作モード・時間レンジ・時間の設定について

設定手順1)動作モード・時間レンジの設定

タイマ側面[ディップスイッチ部]のディップスイッチで、動作モード・時間レンジを設定します。

設定手順2)時間の設定

タイマ前面[表示部]のキースイッチ(アップキーとダウンキー)で設定時間を設定します。
[表示部]

  • 1.経過時間表示
  • 2.設定時間表示
  • 3.限時中表示
  • 4.制御出力表示
  • 5.リセット表示
  • 6.ロック表示
  • 7.時間単位表示
  • 8.アップキー
    対応する各桁の設定時間を加算方向に変更します。
  • 9.ダウンキー
    対応する各桁の設定時間を減算方向に変更します。
  • 10.リセットキー
    経過時間と出力をリセットします。
  • 11.ロックキー
    アップ、ダウン、リセットの各キー操作を受付なくします。

設定時間の変更について
  • 1.タイマ限時中でも、アップキー、ダウンキーにて設定時間を変更することが可能です。ただし、下記の点にご注意ください。
  • 1.限時が加算方向で経過時間より設定時間を短くした場合、フルスケールまで限時をした後”0”に戻り、変更後の設定時間まで限時を行い、タイムアップします。
    設定時間を長くした場合は、変更後の設定時間まで限時を行い、タイムアップします。
  • 2.限時が減算方向の場合は、経過時間より設定時間を短くした場合でも、長くした場合でも、時間に関係なくそのまま”0”まで限時を行い、タイムアップします。
  • 2.設定時間を”0”に設定した場合、動作モードにより動作が異なります。
  • 1.A:パワーオンディレー1、A2:パワーオンディレー2は電源ONにて出力がONします。ただし、リセット入力が入力中は出力はOFFしています。
  • 2.その他のモードは、スタート入力が入力された時点で出力がONします。ただし、C:シグナルオフディレー、D:ワンショット、F:フリッカはスタート入力が入力中のみ出力がONします。また、リセット入力が入力中は出力はOFFしています。

停電記憶について

EEPROMにより停電記憶を行っており、書き換え寿命は10万回以上です。
EEPROMは、下記タイミングで書き換えます。

出力モード 書き換えタイミング
パワーオンディレー(2) A2 電源OFF時
積算 G プリセット値変更またはスタート、リセット入力ON後の電源OFF時
その他のモード プリセット値変更後の電源OFF時
外部ロック端子(4)-(3)、[7]-[6]入力中は電源OFF時にすべてのモードでEEPROMの内容を書き換えますのでご注意ください。
前面よりのロック操作ではこのような動作はありません。
電源ON/OFFを頻繁に繰り返す使用をされる場合のロック操作は、前面よりのセットをおすすめします。

動作

動作形式  
パワーオンディレー(1)
(A)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリアして限時スタート。
  • タイムアップ後は設定値表示(加算)にてストップ。または"0"(減算)にてストップ。
  • スタート入力は無視。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
タイム
チャート
パワーオンディレー(2)
(A2)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリアせず。(停電補償機能)
  • 出力のON状態は電源を切って再投入しても保持。
  • タイムアップ後は設定値表示(加算)にてストップ。または"0"(減算)にてストップ。
  • スタート入力は無視。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
タイム
チャート
シグナルオンディレー
(B)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて限時スタート、スタートOFFにて経過値クリアまたは出力リセット
  • リセットOFF時および電源ON時にすでにスタートONの場合、即限時スタート。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
●電源ONで限時スタート、電源OFFでリセットでご使用の場合、あらかじめスタート入力を短絡してください。
タイム
チャート
シグナルオフディレー
(C)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて制御出力ON、スタートOFFにて限時スタート。
  • 限時中再びスタートONのときは、経過値クリア。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
タイム
チャート
ワンショット
(D)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて限時スタート、制御出力ON。
  • タイムアップにて制御出力OFF、経過値クリア。
  • 限時中のスタート入力は無視。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
●電源ONで限時スタート、電源OFFでリセットでご使用の場合、あらかじめスタート入力を短絡してください。
タイム
チャート
自己保持
(E)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて限時スタート。限時中のスタート入力は無視。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
●電源ONで限時スタート、電源OFFでリセットでご使用の場合、あらかじめスタート入力を短絡してください。
タイム
チャート
フリッカ
(F)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて限時スタート。限時中のスタート入力は無視。
  • タイムアップ後制御出力反転、経過値クリア、限時スタート。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
●電源ONで限時スタート、電源OFFでリセットでご使用の場合、あらかじめスタート入力を短絡してください。
タイム
チャート
積算
(G)
説明 ●タイマ側面ディップスイッチ部の動作モード(スイッチ番号[1][2][3])をに設定してください。
  • 電源ON時、経過値クリアせず。(停電補償機能)
  • 出力のON状態は電源を切って再投入しても保持。
  • ストップONにて限時動作は停止。
  • ストップOFFにて限時動作は再継続。
タイム
チャート
注1: 各信号(スタート、リセット、ストップ、ロック)入力は、それぞれの入力端子と共通端子(8ピンタイプは端子(1)、11ピンタイプは端子(3)、ネジ締め端子タイプは端子[6])を短絡すると印加されます。
注2: 8ピンタイプには、ストップ入力、ロック入力はありません。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

3年保証 FAシステム・FA機器商品
関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])