制御機器

受注終了品を探す



LT4H-Wデジタルタイマ(DIN□48)

短く、見やすく、使いやすい…
LT4Hシリーズに、ツインタイマを追加し系列充実。

8ピンタイプ
11ピンタイプ
ネジ締め端子タイプ
UL C-UL Recognaized CE Marking

UL/C-UL 、CE を取得しています。

特長

1.ワイドな時間仕様

0.01秒~9999時間の動作時間をカバー。またタイマ1とタイマ2は、独立した時間レンジの設定ができます。
時間レンジ
99.99s 99min59s 99h59min
999.9s 999.9min  999.9h
9999s         9999h

2.明るく、見やすい表示

明るい2色バックライト付LCD表示で見やすく、数値の確認・設定が簡単に行えます。

3.使いやすい簡単操作

操作方式にシーソー式キートップの採用で操作がさらに容易になりました。

4.首下70.1mm(ピンタイプ)、64.5mm(ネジタイプ)の短胴化

短胴サイズで薄型化する制御盤にスッキリ取り付けできます。

5.IP66の耐環境性の対応

表面パネルは、耐水、耐塵性能を有しています。

6.ネジ締め端子タイプ(M3.5)とピンタイプを標準化

2種類の端子タイプを揃えましたので、盤面取付や埋込取付が自由に選択できます。

7.パネルカバーの交換が可能

パネルカバー(黒色)の交換でパネル面のデザインが変更できます。

8.UL、c-UL、CEマーキングに対応

9.経済価格

コストパフォーマンスを追求した経済価格です。


時間レンジ・動作モードの設定について

設定手順A)時間レンジ(タイマT1、タイマT2)の設定

タイマ側面[ディップスイッチ部]のディップスイッチで、時間レンジを設定します。

設定手順B)動作モードの設定

タイマ前面[表示部]のキースイッチで動作モードを設定します。
[表示部の名称]

  • 1.経過時間表示(減算時,残時間表示)
  • 2.設定時間表示
  • 3.T1/T2動作表示
  • 4.T1/T2設定値切替表示
  • 5.制御出力表示
  • 6.ロック表示
  • 7.時間単位表示
  • 8.アップキー
    対応する各桁の設定時間を加算方向に変更します。
  • 9.ダウンキー
    対応する各桁の設定時間を減算方向に変更します。
  • 10.リセットキー
    経過時間(残時間)と出力をリセットします。
  • 11.セット/ロックキー
    T1/T2設定表示の切替動作,動作モード設定,動作モードの確認とキーロック(アップ,ダウン,リセットの各キー操作を受付なくする)動作を行います。

1)動作モード設定(変更)のしかた

  • 1.[セット/ロックキー]を押しながら1桁目の[アップキー]または、[ダウンキー]を押すと設定モードに移行します。

  • 2.設定モードに移行しましたら、[セット/ロックキー]を離してください。
  • 3.設定モード時の動作モード切替は、1桁目の[アップキー]を押すと左回りに、また1桁目の[ダウンキー]を押すと右回りに動作モードが切替ります。

  • 4.[リセットキー]を押すと表示されている動作モードに設定され、通常動作表示に戻ります。

2)時間設定(変更)のしかた

  • 1.[セット/ロックキー]を押すと、T1/T2の設定表示が切替りますので設定(変更)したいタイマ(T1又はT2)を表示させてください。
  • 2.設定したいタイマ(T1又はT2)を表示させた後、[アップキー]または、[ダウンキー]を押して時間設定します。

動作モード確認のしかた

[セット/ロックキー]を押しながら2桁目の[アップキー]又は[ダウンキー]を押すと動作モードの確認ができます。
動作モードを約2秒間表示後、通常動作表示にもどります。(動作モード表示中の約2秒間の動作は、表示以外は通常動作を継続しています。)[表示部]

ロック設定のしかた

[セット/ロックキー]を押しながら4桁目の[アップキー]または、[ダウンキー]を押すとキーロック動作となります。
[アップキー]、[ダウンキー]、[リセットキー]操作を受付しなくなります。
ロック設定の解除は、もう一度[セット/ロックキー]を押しながら4桁目[アップキー]または、[ダウンキー]を押します。
※動作モード、加減算及び最小入力信号欄はT1/T2で別々に設定することはできません。

T1/T2設定表示切替のしかた

[セット/ロックキー]を押すと、T1/T2設定値表示が切替ります。(動作には影響ありません。また、設定時間と経過時間(残時間)のT1/T2は連動します。)

設定について

  • 1.タイマの限時中、[アップキー]、[ダウンキー]にて設定時間を変更することが可能です。ただし、下記の点にご注意ください。
  • 1.限時が加算方向で経過時間より設定時間を短くした場合、フルスケールまで限時をした後”0”に戻り、変更後の設定時間まで限時を行い、タイムアップします。
    設定時間を長くした場合は、変更後の設定時間まで限時を行い、タイムアップします。
  • 2.限時が減算方向の場合は、経過時間より設定時間を短くした場合でも、長くした場合でも、時間に関係なくそのまま”0”まで限時を行い、タイムアップします。
  • 2.設定時間をT1/T2共に”0”に設定した場合、スタート入力が入力中のみ出力がONします。ただし、リセット入力が入力中は出力がOFFしています。

動作

[PULSE]:パルス入力 [INTEGRATION]:積算入力
[ A]
ディレーワンショット
  • 電源ONにて経過値クリア
  • スタートONにて限時スタート、限時中のスタート入力は無視。
  • 1動作終了後、経過値クリア。
  • 電源ON時、経過値クリアせず(停電補償機能)
  • 電源再投入時、出力は電源を切る前の状態を保持します。
  • 1動作終了後、経過値クリア。
[B]
OFF
スタートフリッカ
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて限時スタート、限時中のスタート入力は無視。
  • 電源ON時、経過値クリアせず(停電補償機能)
  • 電源再投入時、出力は電源を切る前の状態を保持します。
[C]
ON
スタートフリッカ
  • 電源ONにて経過値クリア。
  • スタートONにて限時スタート、限時中のスタート入力は無視。
  • 電源ON時、経過値クリアせず(停電補償機能)
  • 電源再投入時、出力は電源を切る前の状態を保持します。
備考
及びご注意
  • パルス入力モードは、スタート入力の立ち上がりにより、動作がスタートするモードです。
  • パワーオンスタートでお使いになる場合、スタート端子(8ピン:(1)-(4)、11ピン(3)-(6)、ネジ[6]-[9])を短縮してお使いください。
  • 積算入力モードは、スタート入力の積算時間により、動作するモードです。言い換えますと、スタート入力が入力されている時のみにタイマが動作するモードです。
  • リセット入力にて経過値をクリアし、出力リセットされます。
  • パワーオンスタートでお使いになる場合、スタート端子(8ピン:(1)-(4)、11ピン(3)-(6)、ネジ[6]-[9])を短縮してお使いください。
  • 各信号(スタート、リセット、ストップ、ロック)入力は、それぞれの入力端子と共通端子(8ピンタイプは(1)、11ピンタイプは(3)、ネジ締め端子タイプは端子[6])を短絡すると印加されます。
  • 8ピンタイプには、ストップ入力・ロック入力はありません。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

3年保証 FAシステム・FA機器商品
関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])