制御機器

受注終了品を探す



コントロールユニット ELC2

クラウドとの連携によりどこでも「見える化」!省エネはもちろん、エネルギーの新たな活用に!

ELC2

特長

クラウドサービスとの連携により複数拠点の一括管理・遠隔制御や、ビッグデータ情報を活用し状況に応じた電力使用量の最適管理が可能になります。
天気予報により制御パターンを変更したり、販売データと連携させ、顧客行動分析や販売政策に活用できます。
クラウドにアップデートされたデータは、タブレットPC、スマートフォンなどで確認できます。
Webににつながる環境であれば どこからでもデータのモニタリング・制御、リモートメンテナンスが可能(注)。

(注)サービス事業者の提供するサービス内容によって異なります。
詳細なサービス内容については、ELC2で接続検証済みの各サービス事業者までご確認をお願いいたします。

特定事業者/特定連鎖化事業者単位でエネルギーの一括管理と電力制御ができます。
(事業全体のエネルギー使用量が原油換算値で1,500kℓ以上の事業者が対象)

特定事業者/特定連鎖化事業者単位でエネルギーの一括管理と電力制御ができます。

例:工場、事業場等
工場 + 事業場 + 営業所 = 1,500kℓ以上

例:フランチャイズチェーン等
本部 + 直営店 + 加盟店(注) = 1,500kℓ以上

(注):本部と加盟店の約款により指定がある場合

快適と省エネの両立を実現する環境パラメータ

電力使用量のみを基準にしたデマンドコントロールシステムでは、過ごす人々の環境が損なわれ、「我慢の省エネ」になってしまいがちです。
温度や湿度、照度といった環境パラメータのほか、温湿度データを元にPMV(注)や不快指数を演算して制御に取り入れることで、快適空間を保持しながら省エネコントロールやデマンド制御が実現できます。
(注):PMV(Predicted Mean Vote):人間が感じる温冷感を定量的に示す指標としてISO7730にも規定されている指標です。

従来のデマンドコントロールシステム
「我慢の省エネ」

従来のデマンドコントロールシステム「我慢の省エネ」

EcoLogiXにて環境パラメータを28度で設定
「快適な省エネ」

EcoLogiXにて環境パラメータを28度で設定「快適な省エネ」
28度以上の場合は、警報1、2が発報しても環境パラメータが優先され、快適性を優先しデマンド制御が実行されない。
警報3はデマンド制御が優先され、目標デマンドは超過しない。

上位クラウドからの命令により、警報レベルをシフトすることで快適性を保持

上位クラウドからの命令により、警報レベルをシフトすることで快適性を保持

蓄電池などの他の電力を使用し、ピークカット/ピークシフトを実現

蓄電池などの他の電力を使用し、ピークカット/ピークシフトを実現

柔軟な制御を可能にする複数の制御パターンと警報設定

季節や時間帯によって制御パターンをフレキシブルに変更します。
例えば、金融機関や旅行代理店など営業時間内と営業時間外で制御を変更することや、24時間営業のスーパーやレストランなどでお客様の多い時間帯と少ない時間帯で制御を変更することで、シチュエーションに最適な制御になり快適性の保持と省エネを実現します。

3種類の制御パターン
■警報連動制御
デマンド値などの条件に合わせて三段階で負荷を制御し、ピークカットを実現

警報連動制御

■サイクリック制御
グルーピングした負荷を輪番式に制御することで全体の使用電力の削減をする

サイクリック制御

■始動制御
始動する時間をずらすことにより、突入電力を減少させピークカットを実現

始動制御

2種類のデマンド予測方式
■平均電力方式
経過時間に対しての平均電力で予測デマンドを算出

平均電力方式

■移動平均方式
直近n分(任意で選択可能)の積算電力量の増加量から予測デマンドを算出
時限の前半後半(任意で選択可能)で別の値(直近n分)にできる

移動平均方式

受電点以外の合算電力での電力監視と制御

ショッピングモールでのテナントや雑居ビルのテナントで、課金電力メータがない場合でも、最大50台までのエコパワーメータを接続した合算値での電力監視・制御ができます。
フランチャイズ店舗のエネルギー使用報告も述べ床面積での一定数値でなく、実際のエネルギー使用量を把握、制御でき、削減につながります。

最大50台までの合算電力での電力監視/制御が可能

受電点以外の合算電力での電力監視と制御

見える化によるPDCAサイクル運用が可能

無償ソフトウェア KW Watcher でエネルギー使用量の見える化が可能です。
Before/Afterの比較も簡単操作で表示できるので、効果がはっきりわかります。
効果がわかると次の対策につながり、エネルギー使用量削減のいいサイクルがはじまります。
設定用ツールソフト Configurator EL では、PCで簡単に初期設定ができ、デマンドグラフ(現在・年次デマンド)も用意していますのでシステム導入時の検証用にご使用できます。
また、日報・月報・年報機能により報告資料や分析に役立ちます。

見える化によるPDCAサイクル運用が可能

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

FAX 0120-336-394

海外サポートはこちら
+81-568-20-5080

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報


ご注文・ご使用に際してのお願い