制御機器

受注終了品を探す



コンパクトセーフティライトカーテン[Type4 PLe SIL3] SF4B-C

使用上のご注意

配線

  • 本装置を使用する地域の該当規格を参照し、本装置を設置してください。また、接地障害等による危険な誤動作を発生させないよう考慮してください。

  • 配線作業は、必ず電源を切った状態で行なってください。
  • 電源入力は、定格を超えないよう電源変動をご確認ください。
  • 電源に市販のスイッチングレギュレータをご使用になる場合には、必ず電源のフレームグランド(F.G.)端子を接地してください。
  • センサ取り付け部周辺にノイズ発生源となる機器(スイッチングレギュレータ、インバータモータなど)をご使用の場合は、機器のフレームグランド(F.G.)端子を必ず接地してください。
  • 高圧線や動力線との並行配線や、同一配線管の使用は避けてください。誘導による誤動作の原因となります。

ページトップへ戻る

インタロック機能

  • インタロック設定入力(薄紫)の配線により、手動リセット/自動リセットの選択が可能です。手動リセットを選択することにより、インタロックが有効になります。
インタロック設定入力線(薄紫) インタロック機能
PNP出力使用時:+Vへ接続
NPN出力使用時:0Vへ接続
手動リセット
開放 自動リセット

  • インタロック機能を使用する場合、危険領域に作業者がいないことを必ず確認してください。このことに起因して死亡または重傷を負うおそれがあります。

手動リセット

  • 本装置が入光しても制御出力(OSSD1、OSSD2)が自動的にONしません。本装置が入光状態のときにリセット[投光停止入力/リセット入力を開放→0Vまたは+Vに短絡→開放]することで、制御出力(OSSD1、OSSD2)がONします。
  • リセットボタンは、常に危険領域全体が把握でき、かつ危険領域外で操作できる場所に設置してください。

自動リセット

  • 本装置が入光したときに制御出力(OSSD1、OSSD2)が自動的にONします。
  • 本装置を自動リセットで使用する場合、安全出力遮断後のシステムの自動復帰をセーフティリレーユニットなどで防止してください。(EN 60204-1より)

ハンディコントローラSFB-HC(別売)を用いて、インタロック条件を変更することが可能です。
詳細については、取扱説明書をご参照ください。

ページトップへ戻る

投光停止機能

  • 投光器の投光動作を停止させる機能です。
    投光停止入力/リセット入力線(桃)の状態で、投光/投光停止の選択ができます。
インタロック機能 投光停止入力/
リセット入力線(桃)
投光停止
入力
制御出力状態
(OSSD1、OSSD2)
手動リセット 開放 無効 ON
PNP出力使用時:+Vへ接続
NPN出力使用時:0Vへ接続
有効 OFF
自動リセット 開放 有効 OFF
PNP出力使用時:+Vへ接続
NPN出力使用時:0Vへ接続
無効 ON
  • 投光停止中は、制御出力(OSSD1、OSSD2)がOFFとなります。
  • 本機能を用いることにより不要な外来ノイズによる誤動作や制御出力(OSSD1、OSSD2)および補助出力の異常を装置側でも確認することが可能となります。
  • 投光停止入力/リセット入力線(桃)を0Vまたは+Vに接続(手動リセットの場合、開放)すると通常動作に復帰します。
  • 投光停止機能は、SF4B-Cシリーズを設置している機械を停止させる目的で使用しないでください。死亡または重傷を負うおそれがあります。

ページトップへ戻る

外部デバイスモニタ機能

  • 制御出力(OSSD1、OSSD2)に接続された外部セーフティリレーが、制御出力(OSSD1、OSSD2)に従い正常に動作していることをチェックする機能です。外部セーフティリレーのb接点をモニタし、接点の溶着などの動作不良 による異常が検知された場合、本装置をロックアウト状態にし、制御出力(OSSD1、OSSD2)をOFFします。

外部デバイスモニタ機能を有効にする場合

  • 外部デバイスモニタ入力(黄緑)を、制御出力(OSSD1、OSSD2)に接続した外部セーフティリレーに接続してください。

外部デバイスモニタ機能を無効にする場合

  • 外部デバイスモニタ入力(黄緑)と補助出力(黄緑/黒)を結線してください。このとき補助出力の動作モードは、「制御出力(OSSD1、OSSD2)の負論理」(出荷時の設定)としてください。
  • 外部デバイスモニタ機能を無効にした場合、補助出力に外部機器を接続することはできません。
ハンディコントローラSFB-HC(別売)を用いることにより、外部デバイスモニタ機能を無効にすることができます。
詳細については、取扱説明書をご参照ください。

ページトップへ戻る

補助出力(非安全出力)

  • 本装置は非安全用途として、補助出力(黄緑/黒)を装備しています。補助出力は投光器に装備されています。
補助出力の設定 通常動作 ロックアウト
投光停止 制御出力(OSSD1、OSSD2)状態
入光 遮光
OSSDの負論理
(出荷時の設定)
ON OFF ON ON
  • 補助出力は、SF4B-Cシリーズを設置している機械を停止させる目的で使用しないでください。死亡または重傷を負うおそれがあります。

ページトップへ戻る

ミューティング機能(SF4B-□CA-J05のみ)

  • 誤ったミューティング制御の使用は事故につながります。ミューティング制御をよくご理解の上、正しくご使用ください。ミューティング制御については、以下のような国際規格に要求事項があります。
    ISO 13849-1(EN ISO 13849-1/JIS B 9705-1)
    IEC 61496-1(ANSI/UL 61496/JIS B 9704-1)
    IEC 60204-1(JIS B 9960-1)
    EN 415-4
    ANSI B11.19
    ANSI/RIA R15.06
  • ミューティング制御はマシンサイクルの危険でない間にご使用ください。ミューティング制御中の安全性は他の方法で保持してください。
  • 検出物体が通過するときにミューティング制御が有効になるアプリケーションの場合、検出物体とともに、または検出物体が通過していないときに、人の侵入によりミューティング制御の条件が成立しないようにミューティングセンサを配置してください。
  • ミューティング機能を使用する前に必ず、動作確認を行なってください。

  • ミューティング機能は、本装置の安全機能を一時的に無効にします。制御出力(OSSD1、OSSD2)がONのとき、機械を止めることなく本装置の検出領域にワークを通過させたい場合に使用できます。
    以下の条件をすべて満足したとき、ミューティング機能が有効になります。
    (1) 制御出力(OSSD1、OSSD2)がONであること。
    (2) ミューティングセンサA、BがOFF(開放)からONになる。このときミューティングセンサA、BがONした時間の差が0.03~3秒(注1)であること。
  • ミューティングセンサには、半導体出力の光電センサや近接センサ、N.O.(ノーマルオープン)接点のポジションスイッチなどが使用可能です。
(注1): Ver.2.1以降のハンディコントローラSFB-HC(別売)を使用し、かつミューティング入力AにN.O.(ノーマルオープン)タイプのミューティングセンサを、ミューティング入力BにN.C.(ノーマルクローズタイプ)のミューティングセンサを接続することにより、0~3秒で使用することができます。
(注2): Ver.2以降のハンディコントローラSFB-HC(別売)にてミューティング表示灯診断機能を設定することができますが、無効に設定して使用してください。有効に設定するとミューティング機能が使用できなくなります。

<ミューティング補助出力の配線>
ミューティング動作時に大型アプリ表示灯を点灯させる場合は、下記の通り行なってください。下記以外のリード線については、用途に合わせて配線を行なってください。

ミューティング補助出力の配線

ページトップへ戻る

オーバーライド機能(SF4B-□CA-J05のみ)

  • オーバーライド機能は、本装置の安全機能を強制的に無効にします。ミューティング機能を使用時に、制御出力(OSSD1、OSSD2)がOFFの場合や、ライン始動時にミューティングセンサがON状態の場合に機械を始動したいときに使用できます。以下の条件をすべて満足したとき、オーバーライド機能が有効になります。
    (1) ミューティング入力A、Bの一方または両方に信号が入力されていること。
    (2) オーバーライド入力(黄)を0Vまたは+Vに短絡、投光停止入力/リセット入力(桃)を開放すること(3秒継続)。
    2つの条件のうち1つでも無効になるか、60秒(注1)を経過するとオーバーライド機能は無効になります。
  • オーバーライド機能は、インタロック機能無効(自動リセット)時のみ動作します。
(注1): Ver.2.1以降のハンディコントローラSFB-HC(別売)にて、60~600秒まで10秒単位で変更することができます。
(注2): Ver.2以降のハンディコントローラSFB-HC(別売)にてミューティング表示灯診断機能を設定することができますが、無効に設定して使用してください。有効に設定するとミューティング機能が使用できなくなります。
(注3): オーバーライド機能は、自動リセット(インタロック無効)時のみ動作します。
  • オーバーライド機能を起動させるための装置は、必ず手動で行なってください。また、オーバーライド機能を起動させる装置は、常に危険領域全体が把握でき、かつ危険領域外で操作できるように設置してください。
  • オーバーライド機能を使用する場合、危険領域に作業者がいないことを必ず確認してください。このことに起因して死亡または重傷を負うおそれがあります。

ページトップへ戻る

その他

  • 本装置は、工業環境に使用する目的で開発/製造された装置です。
  • 電源投入時の過渡的状態(2s)を避けてご使用ください。
  • 蒸気、ホコリなどの多い所での使用は避けてください。
  • シンナーなどの有機溶剤や、水、油、油脂が直接かからないようにご注意ください。
  • 種類にもよりますが、ラピッドスタート式や高周波点灯式の蛍光灯の光は、検出に影響を及ぼすことがありますので、直接入光しないようにご注意ください。
  • 本装置を「PSDIモード」で使用するには、本装置と機械の間に適切な制御回路を構成する必要があります。詳細については、使用する国や地域の該当する規格、規制をご参照ください。
  • 本装置を日本国内でプレス安全用として使用しないでください。日本国内で使用するプレス機械・シャー(紙断裁機)にはSF4B-□-01〈V2〉をご使用ください。

ご使用にあたっては必ず取扱説明書をお読みください。
出荷時に投・受光器で調整してありますので、 投光器と受光器は同じシリアルNo.の組み合わせでご使用ください。
シリアルNo.は、 投光器および受光器の銘板に表記されています。(型式名の下側)

  • 必ず、安全のため始業点検を行なってください。
  • 本装置は非常停止装置により、動作サイクルの途中で急停止できない機械には、使用しないでください。

ページトップへ戻る

検出領域

  • 機械の危険部へ到達するには、必ず検出領域を通過する構造にしてください。また、機械の危険部で作業をする場合は、人体の一部もしくは全部が、検出領域内に残る構造にしてください。人体が検出されないと、死亡または重傷を負うおそれがあります。
  • 反射型、回帰反射型の配置では、使用しないでください。
  • 1つの投光器(受光器)に対向して複数の受光器(投光器)を接続することはできません。

正しい検出領域の設定例

正しい検出領域の設定例

誤った検出領域の設定例

誤った検出領域の設定例

ページトップへ戻る

光沢面の影響

  • 本装置を設置する場合、光沢面からの影響を考慮して設置するか、光沢面の塗装・マスキング・光沢面の目を粗くする・光沢面の材質の変更などの方法により、光沢面への対策を行なってください。光沢面の影響を考慮せず対策を行なわない場合、セーフティライトカーテンが検出不能状態となり、死亡または重傷を負うおそれがあります。

  • 金属製の壁、床、天井、ワークなどやカバー、パネル、ガラスなどの光沢面(光の反射率が高い面)から以下に示す距離A(m)以上離して本装置を設置してください。

(注1):本装置の有効開口角θは、IEC 61496-2、ANSI/UL 61496-2により±2.5° (L>3mにて)以下ですが、取り付け時の光軸ズレなどを考慮し、有効開口角を±3°と想定して、光沢のある面から離して設置してください。

ページトップへ戻る

ハンディコントローラについて

  • 本装置は、ハンディコントローラSFB-HC(別売)を用いることにより各種機能設定が可能です。機能の中には、最小検出物体の大きさなど安全距離に関わる内容が変化するものがあります。各機能を設定する際には、安全距離の再計算を行ない安全距離以上の空間をあけて設置してください。充分な空間をあけていない場合は、機械の危険部に到達する前に機械が急停止せず、死亡または重傷を負うおそれがあります。

ハンディコントローラSFB-HC(別売)を用いる機能設定に関する詳細については、ハンディコントローラに付属の取扱説明書をご参照ください。

ページトップへ戻る

安全距離

  • 安全距離を正確に計算し、機械の危険部と本装置の検出領域との間に、必ず安全距離以上の間隔をあけて設置してください。(計算式については、最新の規格にてご確認ください。)安全距離の計算方法を間違えた場合や、充分な間隔をあけていない場合は、機械の危険部に到達する前に機械が急停止せず、死亡または重傷を負うおそれがあります。
  • 実際にシステム設計をする前には、本装置を使用する地域の該当規格を参照し、本装置を設置してください。

安全距離

本装置の最小検出物体の大きさは、フローティングブランキング機能を使用するか否かで変わります。正しい最小検出物体の大きさと正しい計算式で、安全距離を計算してください。

フローティングブランキング機能使用時の最小検出物体の大きさ

  未設定 設定(注1)
1光軸 2光軸 3光軸
SF4B-H□C(A-J05)
(最小検出物体ø25mm)
ø25mm ø45mm ø65mm ø85mm
SF4B-A□C(A-J05)
(最小検出物体ø45mm)
ø45mm ø85mm ø125mm ø165mm

(注1):フローティングブランキング機能の詳細については、基本情報をご参照ください。

  • 人体が本装置の検出領域に垂直に侵入(通常)するとき、次に示す計算式を使用して安全距離を算出します。
    侵入方向が垂直ではないときは必ず関連規格(地域、機械の規格など)をご確認ください。

EN ISO 13855 / ISO 13855 / JIS B 9715の場合
<最小検出物体がø40mm以下の場合>

・計算式(1)   S=K×T+C

S: 安全距離(mm)
検出領域の線上(面上)と機械の危険部で検出領域から最も近い場所までの最低限必要な距離。
K: 人体または物体の侵入速度(mm/s)
通常は、2,000(mm/s)にて計算します。
T: 装置システム全体の応答時間(s)
T=Tm + TSF4B
Tm:機械の最大停止時間(s)
TSF4B:本装置の応答時間(s)
C: 本装置の最小検出物体から算出される追加距離(mm)。
但し、Cは0未満でないこと。
C=8×(d-14)
d:最小検出物体の直径(mm)

安全距離Sを算出するときには、下記のように5つの場合分けがあります。
まず、前記計算式に K=2,000(mm/s)として計算します。
そのときの計算結果を 1)S<100、2)100≦S≦500、3)S>500の3つの場合分けをします。
計算結果が 3)S>500になった場合は、もう一度前記計算式に K=1,600(mm/s)として再計算します。
そのときの計算結果を 4)S≦500、5)S>500の2つの場合分けをします。
詳細については、取扱説明書をご参照ください。
本装置を「PSDIモード」で使用する場合は、前記とは異なる安全距離Sを算出する必要があります。詳細については、使用する国や地域の該当する規格・規制をご参照ください。

<最小検出物体がø40mmより大きい場合>
・計算式(1)   S=K×T+C

S: 安全距離(mm)
K: 人体または物体の侵入速度(mm/s)
1,600(mm/s)にて計算します。
T: 装置システム全体の応答時間(s)
T=Tm+TSF4B
Tm:機械の最大停止時間(s)
TSF4B:本装置の応答時間(s)
C: 本装置の最小検出物体から算出される追加距離(mm)
C=850(mm)(一定)

ANSI B11.19の場合
・計算式(2)   S=K×(TS+TC+TSF4B+Tbm)+Dpf

S: 安全距離(mm)
検出領域の線上(面上)と機械の危険部で検出領域から最も近い場所までの最低限必要な距離。
K: 侵入速度[OSHAによる推奨値は、63(inch/s)≒1,600(mm/s)]です。
侵入速度Kは、ANSI B11.19では定義されていません。適用するKの値を決定する際には、オペレータの身体能力を含むあらゆる要因を考慮してください。
Ts: TS:最終的に停止する制御要素(エアバルブなど)から測定した機械の停止時間(s)
Tc: 機械のブレーキを作動させるのに要する機械制御回路の最大応答時間(s)
TSF4B: 本装置の応答時間(s)
Tbm: ブレーキモニタにより許容される追加停止時間(s)
機械がブレーキモニタを装備している場合は、下記計算式となります。
Tbm=Ta-(TS+TC)
Ta:ブレーキモニタ設定時間(s)
機械がブレーキモニタを装備していない場合は、(TS+TC)の20%以上を追加停止時間とすることをお奨めします。
Dpf: 本装置の最小検出物体から算出される追加距離(mm)
SF4B-H□C(A-J05):Dpf=61.2mm
SF4B-A□C(A-J05):Dpf=129.2mm
[Dpf=3.4×(d-0.276)(inch)
      ≒3.4×(d-7)(mm)
d:最小検出物体の直径0.985(inch)≒25(mm)[SF4B-H□C(A-J05)]
最小検出物体の直径1.772(inch)≒45(mm)[SF4B-A□C(A-J05)]]

フローティングブランキング機能を使用すると、最小検出物体が大きくなります。ANSI/RIA 15.06によると、
d>64mm (2.5 inches)のときDpf=900mm (3ft)です。

ページトップへ戻る

セーフティライトカーテン選択ガイド

セーフティライトカーテン選択ガイド

二者択一の質問に答えるだけで、用途やご使用条件に適したセーフティライトカーテンを選択していただけます。

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])