【夏期休業期間のお知らせ】 2022年8月11日 (木) ~ 2022年8月21日 (日) の期間、勝手ながら当ウェブサイトへのお問合せの回答を休止いたします。

制御機器

受注終了品を探す



レーザマーカ技術のご紹介 - レーザマーカとは

レーザマーカ技術のご紹介

レーザーマーカーとは、レーザー光を樹脂や金属などの対象物に照射し、表面の状態を変質させることで日付・ロット番号などの文字や記号・2次元コード・図形など様々な情報をマーキングするための機器です。
ここではレーザマーカによる印字の基礎から、打刻機やラベルプリンタ・インクジェットプリンタなど他方式との比較、レーザーマーキングによる金属印字・樹脂印字例、切断・表面加工・刻字・刻印などの加工例、レーザの安全基準やよくあるご質問まで、レーザマーカ導入に必要な情報を分かりやすく説明します。

ファイバレーザーマーカーLP-RFシリーズ 他工法からの改善提案ガイドブック ダウンロード

レーザマーカとは

レーザーマーカーとは、レーザ光を集光した高いエネルギーを用いて材質の表面を直接溶かしたり焼いたり剥離して、日付やロット番号などの文字や、2次元コードや図形などの情報をマーキングする機器です。

レーザー光の波長によって適した材質や用途が異なるため、ワークや用途に最適なレーザーを用いたレーザマーカを選定します。パナソニックでは、ファイバレーザ・CO2レーザのレーザマーカをラインアップしています。

レーザマーキングでは、ワークを直接変化させて印字をしているため、消えることがなく高精細な印字が可能なので、2次元コード印字などトレーサビリティに最適です。

また、非接触印字なのでメンテナンスが楽な点や、消耗品がなく、電気代のみで使用できることからランニングコストも抑えられるため、近年では打刻機(刻印機)やインクジェットプリンタに変わる印字方式として注目を集めています。

レーザ印字のイメージ画像です。

ページトップへ戻る

その他の印字方式

印字とは、製品や個装箱等に対して、文字やバーコード、ロゴマークなどを刻印することを差します。
印字には様々な方式があり、表記する目的に合わせて選定する必要があります。

ここでは印字方式を選定する上で代表的なものをご紹介します。

刻印

刻印には打刻機や振動ペンなどの方式があります。
接触式の印字方式はワークに対して圧力をかけることで、ワークを凹ませて印字を行ないます。

消えない印字をすることが可能ですが、ワークへのダメージ等の懸念点があります。
また、打刻では印字内容の変更に手間がかかり、可変情報の印字には向きません。

振動ペン、打刻機のイメージ画像です。

振動ペン、打刻機


ラベル

ラベルプリンタはラベル印刷を行ない、ワークに貼り付けて使用します。

ラベルプリンタはイニシャルコストが安く、工場内で多く見られる印字方式ですが、貼り付けられたラベルが剥がれたり、経年劣化で視認できなくなる可能性や、ラベルを故意に剥がしたり改ざんされる等のリスクがあります。

ラベルプリンタのイメージ画像です。

ラベルプリンタ


スタンプ

スタンプ方式は導入が容易で安価なため、様々な場所で使われています。
しかしながら、版にインクを付けて対象ワークに転写させるスタンプは印字内容を変更する際には、毎回、版を変更する必要があるため可変情報の印字には向きません。

ロット番号や日付等の印字で使われることも多いですが、その場合はロット毎、日付毎に版を交換する必要があります。

スタンプのイメージ画像です。

スタンプ


IJP(インクジェットプリンタ)

インクジェットプリンタはワークにインクを吹き付け印字をしていきます。
移動中の製品に対しても印字が可能な点や、材質を選ばないといった特徴が有りますが、インクを使用しているため、印字が消えてしまう等の不確実性やノズル洗浄などのメンテナンス性、インク・溶剤代等のランニングコストの問題があります。

インクジェットプリンタ


ページトップへ戻る

レーザマーカのメリット

消えない印字が可能

レーザ光でワークを変化させて印字をするので、消えない印字が可能です。
インクやラベルの剥がれたり、消えたりする心配がなくなり、確実なトレーサビリティを行なうことができます。

 

ランニングコストが削減できる

インクを使用しないレーザマーカは消耗品が必要なく、ランニングコストの削減に貢献します。
インク代だけでなく、発注や管理の工数も削減できるため、合理化のテーマとして採用いただくケースも多くあります。

 

メンテナンス負荷を軽減

レーザマーカの主な日常メンテナンスはレンズ・フィルタの清掃のみ。
インク方式ような洗浄作業や、打刻方式の磨耗具合の確認や交換作業などはが不要です。

 

高精細な印字が可能

レーザ光は非常に細い線分で印字することができますので、小文字印字にも適しています。
製品の小型化による印字スペースの確保もしやすくなります。

 

ページトップへ戻る

ファイバレーザーマーカーLP-RF 他工法からの改善提案ガイドBOOK
無償ダウンロード

印字・刻印工程における従来工法の問題点とファイバレーザマーカLP-RFシリーズへの置き換えによるメリットを、一冊のeブックにまとめました。
印字・刻印などの工程で課題をお持ちの方への解決策のヒントが満載されていますので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

ファイバレーザーマーカーLP-RFシリーズ 他工法からの改善提案ガイドブック ダウンロード

販売に関するお問い合わせ

最寄の当社営業担当 担当営業所が承ります

電話 0120-998-394

技術に関するお問い合わせ

FAデバイス技術相談窓口

電話 0120-394-205

受付時間 9:00 - 17:00 (12:00-13:00、当社休業日を除く)

レーザマーカ メールでのご相談はこちら

ページトップへ戻る


ページトップへ戻る

ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート