制御機器

受注終了品を探す



ENR1無線環境ユニット RS-485タイプ

システム構成

低速移動機器へ搭載して情報通信

無線通信機を低速移動機器(AGV等)に搭載して、必要な情報を収集できます。
※ただし、無線不通時の安全対策を必ず実施してください。

注1 : 親機が電源断になる恐れがある場合は、無停電電源装置(UPS)等により停電対策を施してください。
注2 : 低速移動体モードでは温湿度・照度センサ、電力センサを混在して使用することはできません。

負荷の遠隔監視・操作

遠隔地の負荷ON/OFF状態がわかり、消し忘れなどを遠隔コントロールできます。

PLC間のデータ受け渡し

無線通信をすることで配線工事が不要になり、施工費用が低減できます。また、設置後のレイアウト変更も配線変更が不要なため簡単です。通信プロトコルはMEWTOCOL、MODBUS(RTU)等に対応しています。
※ただし、PLC間での通信は無線通信の遅れ時間を考慮してシステム設計してください。親機側はマスター機器、子機側はスレーブ機器でないと通信できません。

使用電力量の監視

各設備の電力量を計測し、無線通信でオフィスのデスクから電力使用量を確認できます。

システム構成
※子機1台に接続できる台数です。親機に対し子機を複数台使用するシステムにおいては、最大99台まで接続できます。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

3年保証 FAシステム・FA機器商品
関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])