制御機器

受注終了品を探す



透過型デジタル変位センサ HG-T

使用上のご注意

このWebサイトは製品を選定していただくためのガイドであり、 ご使用にあたっては必ず取扱説明書をお読みください。
  • 本製品は、人体保護用の検出装置としては使用しないでください。
  • 人体保護を目的とする検出にはOSHA、ANSI、およびIEC等の各国の人体保護用に関する法律 および規格に適合する製品をご使用ください。

ユーザーズマニュアルのご案内

「HG-Tシリーズユーザーズマニュアル」を用意しています。
Webサイトよりダウンロードできます。

レーザ光に関する注意事項

  • 本製品は、JIS / IEC / GB規格およびFDA規則のクラス1レーザ製品です。危険ですので、レーザ光をレンズなどの観察光学系を通して見ないでください。
  • 本製品には警告ラベルおよび認識・識別ラベルが取り付けられています。ラベルの内容に従ってお取り扱いください。
FDA規則のLazer Notice No.50(2007.6.24)の規定に従い、FDA規則(21 CFR 1040.10および1040.11)に準拠しています。

HG-SとHG-Tの組み合わせ使用について

HG-SコントローラとHG-Tコントローラを組み合わせて使用する場合については、下記のページをご参照ください。
>>HG-SとHG-Tの組み合わせ使用について
新しいウィンドウで開く

[センサヘッド] 取り付け

センサヘッドの投・受光面に、水や油や指紋など光を屈折させるもの、あるいはホコリや ゴミなど光を遮断するものを付着させないようにしてください。
太陽光などの外乱光がセンサヘッド受光部に直接入らないようにしてください。特に精度を要求される場合は、センサヘッドに遮光板などを設置してご使用ください。
センサヘッドの投・受光面に対して、反対の面にシリアル番号が記載されています。 同じシリアル番号の投光器と受光器とを組み合わせてご使用ください。

  • センサヘッドを取り付ける際は、M3ビスを使用し、締め付けトルクは0.5N・mとしてください。M3ビスは別途ご用意ください。

センサヘッド : 取り付け

[コントローラ] 取り付け

取り付け方法
(1) 取り付け部後部をDINレールにはめ込みます。
(2) 取り付け部後部をDINレールに押さえ付けながら、取り付け部前部をDINレールにはめ込みます。

取り付け方法

取り外し方法
(1) 本製品を持ち、前方に押し付けます。
(2) 前部を持ち上げれば、外すことができます。

取り外し方法

センサヘッド接続ケーブルの取り付け方法
取り付け方法
(1) コントローラのセンサヘッド接続ケーブル用コネクタに、センサヘッド接続ケーブルを差し込みます。

取り付け方法

取り外し方法
(1) コントローラ本体を持って、センサヘッド接続ケーブルのコネクタ部のロック解除レバーを押さえながら手前に引くと取り外せます。
(注1): 取り外す際、ロック解除レバーを押さえないでケーブル部を引っ張ると、ケーブルが断線したり、コネクタが破損するおそれがありますので、ご注意ください。

取り外し方法

[コントローラ] 連結

親機に子機を連結または取り外す場合は、必ず電源を切ってから行なってください。電源ONの状態で連結すると、コントローラの破損の原因になります。
連結用オスコネクタは連結用メスコネクタの奥までしっかり差し込んでください。接続が不完全な場合、コントローラの破損の原因になります。
親機に子機を連結する際は、NPN出力タイプ同士またはPNP出力タイプ同士を連結してください。異なった出力タイプの連結はできません。
連結する場合は、必ずDINレールに取り付けてください。その際、エンドプレートMS-DIN-E(別売)を両端からはさみ込むようにして取り付けてください。

  • コントローラHG-TC□と当社接触式デジタル変位センサHG-SシリーズのコントローラHG-SC□を組み合わせてご使用になる場合は、必ず、2019年2月以降生産の新コントローラHG-SC□をご使用ください。また、親機に近い側に同シリーズの子機を、遠い側に異シリーズの子機を連結してください。

[共通] 配線

本製品は、センサヘッドHG-T□とコントローラHG-TC□とを組み合わせて使用することで仕様を満足させるように作られています。異なった製品との組み合わせでは、仕様を満たさない場合があるばかりでなく、故障などの原因にもなります。
コントローラの直流電源には、必ず絶縁トランスなどで絶縁されたものをご使用ください。
オートトランス(単巻トランス)などをご使用になると、短絡して本体や電源が破損するおそれがあります。また、誤った取り付けおよび接続を行なうと、短絡して本体や電源が破損するおそれがありますのでご注意ください。

  • 配線作業や増設作業は、必ず電源を切った状態で行なってください。
  • 配線後、電源を投入する前に配線状態を確認してください。
  • 高圧線や動力線との並行配線や、同一配線管の使用は避けてください。誘導による誤動作の原因となります。
  • 電源入力は、定格を超えないよう電源変動をご確認ください。
  • 電源に市販のスイッチングレギュレータをご使用になる場合には、必ず電源のフレームグランド(F.G.)端子を接地してください。
  • ケーブルの引き出し部に無理な曲げ、引っ張りなどのストレスが加わらないようにしてください。

[共通] その他

  • 本製品は、工業環境に使用する目的で開発/製造された製品です。
  • 本製品の仕様範囲外では、使用しないでください。事故や故障の原因となります。また、著しく寿命の低下を招きます。
  • 電源投入時の過渡的状態を避けてご使用ください。
  • 性能を確保するため、電源投入後30分以上のウォーミングアップ時間をおいてご使用ください。
  • 本製品(コントローラおよびセンサヘッド受光器)は、EEPROMを採用しています。EEPROMには寿命があり、設定を100万回以上行なうことができません。
  • 屋外で使用しないでください。
  • 蒸気、ホコリなどの多い所での使用は避けてください。
  • シンナーなどの有機溶剤がかからないようにご注意ください。
  • 強い酸、アルカリがかからないようにご注意ください。
  • 油、油脂がかからないようにご注意ください。
  • 引火性、爆発性ガスの雰囲気中での使用はできません。
  • 強い電磁界内では、性能が満足できない場合があります。
  • センサヘッドは防浸形となっていますが、コネクタ部は構造上、防塵、防水、耐食性にはなっていませんので、水中や降水中での測定はできません。使用環境にご注意ください。
  • 本製品は精密機器です。落下などの衝撃を加えないでください。故障の原因となります。
  • 製品の分解・修理・改造などは、絶対にしないでください。

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])