制御機器

受注終了品を探す



プログラマブルコントローラ FP7

仕様

CPUユニット

制御仕様

項目 AFP7CPS41E(S) (注6)
メモリ
容量
メモリ選択パターン
(注1)
1 2 3(出荷時) 4 5
プログラム(ステップ)
(注2)
234,000 221,500 196,000 144,500 51,500
データレジスタ(ワード)
(注2)
65,536 131,072 262,144 524,288 999,424
最大PB数 468 443 392 289 103
項目 AFP7CPS31E(S)/AFP7CPS31(S) (注6)
メモリ
容量
メモリ選択パターン
(注1)
1(出荷時) 2 3 4
プログラム
(ステップ)(注2)
121,500 96,000 64,000 32,000
データレジスタ
(ワード)(注2)
131,072 262,144 425,984 589,824
最大PB数 243 192 128 64
項目 AFP7CPS21
メモリ
容量
メモリ選択パターン
(注1)
1(出荷時) 2
プログラム
(ステップ)(注2)
64,000 32,000
データレジスタ
(ワード)(注2)
131,072 262,144
最大PB数 128 64
項目 AFP7CPS41E(S)/AFP7CPS31E(S)/AFP7CPS31(S)/AFP7CPS21
プログラム方式 リレーシンボル方式
制御方式 サイクリック演算方式
プログラムメモリ フラッシュROM内蔵(バックアップ電池不要)
演算処理速度 基本命令 最小11ns(AFP7CPS21は14ns)/ステップ~
外部入力(X)/出力(Y) 8,192点(注4)/8,192点(注4)
内部リレー(R) 32,768点
システムリレー(SR) 内部動作の状態等を示す各種リレー
リンクリレー(L) 16,384点
タイマ(T) 4,096点、(10μs、1ms、10ms、100ms、1s 単位)×
4,294,967,295 まで計数可能
カウンタ(C) 1,024点、1~4,294,967,295 まで計数可能
リンクデータレジスタ(LD) 16,384ワード
システムデータレジスタ(SD) 内部動作の状態等を示す各種レジスタ
インデックスレジスタ(I0~IE) 15ロングワード/切替機能付
マスタコントロールリレー(MCR) 制限なし
ラベル(LOOP)数 各PBごとに最大65,535
微分点数 制限なし
ステップラダー数 制限なし
サブルーチン数 各PBごとに最大65,535
割り込みプログラム数 1本(一定周期プログラム)
SDメモリカード機能 SDHC 最大32GBまで使用可 ※AFP7CPS21を除く
コンスタントスキャン 可(0~125ms)
カレンダタイマ(注3) 年(西暦2桁)・月・日・時(24時間表示)・分・秒・曜日
電池寿命 3.3年以上(25℃)(完全無通電の場合の値) ※AFP7CPS21を除く
セキュリティ機能(注5) パスワード/限定配布/読み出し禁止設定/暗号化
PLCリンク機能
(シリアル通信/MEWNET-W0)
最大16台、リンクリレー1,024点、リンクレジスタ128ワード
(データ転送、リモートプログラミングはできません)
(リンクエリア割付を前半と後半の切替可)

(注1):出荷時、AFP7CPS41E(S)はパターン3、AFP7CPS31E(S)/AFP7CPS31(S)/AFP7CPS21はパターン1が選択されています。
(注2):バックアップ可能なDTは262,144ワードまでです。
(注3):カレンダ精度 0℃:月差95秒以下、25℃:月差15秒以下、55℃:月差130秒以下。
(注4):実I/Oとして使用できる点数はハードにより制限されます。実I/Oとして使用しない場合は内部リレーとして使用可能。
(注5):暗号化はAFP7CPS41ES、AFP7CPS31ES、AFP7CPS31Sにて使用可能。
(注6):品番末尾にSの付くものは、暗号化機能のあるタイプです。

COMポートの通信仕様

項目 仕様
インタフェース RS-232C 3線式 1CH(注1)
伝送距離 15m
伝送速度 300, 600, 1200, 2400, 4800, 9600, 19200, 38400, 57600, 115200, 230400 bit/s
通信方式 半二重方式
同期方式 調歩同期方式
伝送フォーマット ストップビット 1bit/2bit
パリティ 無し/有り(奇数/偶数)
データ長 7bit/8bit
始端コード STX有り/STX無し
終端コード CR/CR+LF/無し/ETX
データ送出順序 キャラクタ単位にビット0より送出
接続 汎用通信、コンピュータリンク、MODBUS-RTU

(注1):端子SD、RD、SGは内部回路と絶縁されています。

GT表示器専用電源出力ポート仕様

端子(注1) 接続機器
5V DC5VタイプGTシリーズ用
24V(注2) DC24VタイプGTシリーズ用

(注1):5Vと24Vは同時に使用することはできません。
(注2):CPUユニットの電源供給はDV 21.6V~26.4Vで使用してください。
GT表示器の接地処理については、GTシリーズハードマニュアルを確認してください。
AFP7CPS21にはこのポートはありません。

LAN通信ポート仕様[AFP7CPS31(S)/AFP7CPS21を除く]

項目 仕様
通信インタフェース イーサネット 100BASE-TX/10BASE-T
通信速度 100Mbps・10Mbps オートネゴシエーション
ケーブル総延長 100m(500m リピータ使用時)
ノード数 最大254台
同時コネクション数 最大220(ユーザコネクション 216、システムコネクション 4)
通信プロトコル(通信レイヤ) TCP/IP、UDP
DNS ネームサーバ対応
DHCP/DHCPV6 IPアドレス自動取得
FTPサーバ/
クライアント(SSL対応)
サーバ機能 ファイル転送、ユーザ数3
クライアント機能 データ・ファイル転送
HTTPサーバ/
クライアント(SSL対応)
サーバ機能 システムWEB、カスタマWEB(8MB)、同時セッション数16
クライアント機能 データ転送
SMTPクライアント(SSL対応) クライアント機能 メール転送
SNTP 時刻合わせ機能
汎用通信 16kB/1コネクション(ユーザコネクション 1~16)
専用通信 スレーブ通信
(MEWTOCOL-COM, MEWTOCOL7-COM, MEWTOCOL-DAT, MODBUS-TCP, MCプロトコル(注1))
マスタ通信
(MEWTOCOL-COM, MEWTOCOL-DAT, MODBUS-TCP, MCプロトコル(注1))

(注1):MCプロトコルとはMELSECコミュニケーションプロトコルの略称で、MELSECは三菱電機株式会社の登録商標です。
QnA 互換3E フレーム、バイナリ(一括書き込み、一括読み出し)のみ使用可能です。

Webサーバ仕様

項目 仕様
対応CPUユニット Ver.3.30以降のEthernet機能内蔵タイプCPUユニット
Webサーバ 同時アクセス数:16セッション
システムWeb:システムモニタ機能
カスタマWeb:コンテンツ最大容量13.83MB
Control Web Creator
対応OS
Windows7®以上
Webサーバにアクセス可能な
Webブラウザ
[Windows®]
Google Chrome、Mozilla Firefox、Opera、Internet Explorer
[OS X]
Safari、Google Chrome、Mozilla Firefox
[iOS]
Safari、Google Chrome
[Android]
Google Chrome

(注1): Windows®およびInternet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Google Chrome、Androidは、Google Inc.の登録商標です。
Safari、OS Xは、米国Apple Inc.の商標または登録商標です。
iOSは、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。
Firefoxは、Mozilla Foundationの米国およびその他の国における登録商標です。
Operaは、Opera Software ASA の商標または登録商標です。
(注2): 最新バージョンのOSとブラウザを使用してください。
古い機種の場合、最新バージョンのブラウザが動作しない場合があります。

ページトップへ戻る

増設ユニット

品名 増設マスタユニット 増設スレーブユニット
ご注文品番 AFP7EXPM AFP7EXPS
増設台数 ブロック 最大3ブロック(合計4ブロック)
ユニット 最大48台(合計64台)
伝送距離 ブロック間距離 増設ケーブル長(0.5m、1m、3m、10m)
総延長 最大30m(増設ケーブル×3増設)(注1)
最大許容電流 - 3.0A(DC24V電源端子にて)
増設バスコネクタ MIL40pin MIL40pin×2
付属品 - 電源ケーブル(AFPG805)
エンドユニット(AFP7END)

(注1): ブロック間最長100mまで対応することもできます。詳細については、別途お問い合わせください。
(注2): AFP7CPS21には、使用できません。

ページトップへ戻る

拡張カセット(通信カセット)

仕様

項目 AFP7CCS1 AFP7CCS2
(注7)
AFP7CCM1
(注6)
AFP7CCM2
(注6)
AFP7CCS1M1
インタフェース RS-232C 1ch RS-232C 2ch RS-422/RS-485 1ch RS-422/RS-485 2ch RS-232C 1ch + RS-485 1ch
伝送距離 最大15m(注2) RS-485モード時 最大1,200m(注3)(注4)
RS-422モード時 最大400m(注3)(注4)
RS-232C
最大15m(注2)
RS-485
最大1,200m(注3)(注4)
伝送速度 300, 600, 1200, 2400, 4800, 9600, 19200, 38400, 57600, 115200, 230400 bit/s
通信方式 半二重方式
同期方式 調歩同期方式
伝送フォーマット ストップビット 1bit/2bit
パリティ 無し/有り(奇数/偶数)
データ長 7bit/8bit
始端コード STX有り/STX無し
終端コード CR/CR+LF/無し/ETX
データ送出順序 キャラクタ単位にビット0より送出
接続台数
(注2)(注3)(注4)
- - 汎用通信時 最大99台(注8) - 汎用通信時 最大99台
コンピュータリンク時 最大99台(注8) コンピュータリンク時 最大99台
PLC間リンク時 最大16台(注8) PLC間リンク時 最大16台
MODBUS-RTU時 最大99台(注8) MODBUS-RTU時 最大99台

(注1): RS-485/RS-422インタフェースを持つ市販機器と接続する場合は、実機による確認をお願いします。また、局数、伝送距離、通信速度は、接続する機器により変わることがあります。
(注2): 38.4kbit/s以上の速度で通信する場合は、ケーブル長を3m以内としてください。
RS-232の配線は耐ノイズ性向上のため必ずシールド線を使用してください。
(注3): RS-485設定時の伝送速度および接続台数により伝送距離が下記のとおり制限されます。

38.4kbit/s以下の速度では最大1,200m、99台となります。
RS-422 設定時は最大400mとなります。
(注4): C-NETアダプタ混在時、最大接続台数は32台、伝送速度は19.2kbit/s以下に制限されます。
(注5): パソコン側のRS-485変換器としては、(株)ラインアイ社製SI-35を推奨いたします。SI-35使用時にはFP7がコマンドを受け取ってから、レスポンスを返送するまでの時間をプログラムにて調整していただく必要がある場合もあります。
(注6): RS-422とRS-485の切替は通信カセット内蔵のディップSWにて行ないます。
(注7): 通信カセット内蔵のディップSWを切り替えることにより、RS-232 5線式×1chとして使用することができます。
(注8): RS-422では1:1になります。

項目 AFP7CCET1
インタフェース Ethernet 100Base-TX/10BASE-T
通信速度 100Mbps、10Mbps オートネゴシエーション
ケーブル延長距離 100m(500mリピータ使用時)
ノード数 254台
同時コネクション数 最大4(ユーザコネクション3、システムコネクション1)
通信プロトコル(通信レイヤ) TCP/IP UDP
DHCP IP自動取得
汎用通信 4kB/1コネクション
専用通信 スレーブ通信(MEWTOCOL-COM、MEWTOCOL7-COM、MEWTOCOL-DAT)
マスタ通信(MEWTOCOL-COM、MEWTOCOL7-COM、MEWTOCOL-DAT)

(注1): Ethernetケーブルの接続は電源を切った状態で行なってください。
(注2): シリアルコミュニケーションユニットには使用できません。
(注3): Ethernet拡張機能(FTPサーバ/クライアント、HTTPクライアント、Webサーバ、メール等)は、使用できません。

ページトップへ戻る

拡張カセット(機能カセット)

アナログ入力カセット/アナログ入出力カセット
入力仕様(AFP7FCAD2/AFP7FCA21)

項目 AFP7FCAD2/AFP7FCA21
入力点数 2ch(ch間非絶縁)
入力レンジ 電圧 0~10V/0~5V ※SW切り替え(個別設定可)
電流 0~20mA
デジタル変換値 K0~K4000
分解能 1/4000(12ビット)
変換速度 1ms/ch
総合精度 ±1%F.S.以下(0~+55℃)
入力インピーダンス 電圧 1MΩ
電流 250Ω
絶対最大入力 電圧 -0.5V、+15V
電流 +30mA
絶縁方式 アナログ入力端子~内部デジタル回路間:トランス絶縁、アイソレーションIC絶縁
アナログ入力端子~アナログ出力端子間:トランス絶縁、アイソレーションIC絶縁
外部接続方式 コネクタ式端子台

(注1): アナログ入出力カセットとアナログ入力カセットの入力仕様は同じです。

アナログ入出力カセット
出力仕様(AFP7FCA21)

項目 AFP7FCA21
出力点数 1ch
出力レンジ 電圧 0~10V/0~5V ※SW切り替え
電流 0~20mA
デジタル設定値 K0~K4000
分解能 1/4000(12ビット)
変換速度 1ms/ch
総合精度 ±1%F.S.以下(0~55℃)
出力インピーダンス 0.5Ω(電圧出力)
出力最大電流 10mA(電圧出力)
出力許容負荷抵抗 600Ω以下(電流出力)
絶縁方式 アナログ入力端子~内部デジタル回路間:トランス絶縁、アイソレーションIC絶縁
アナログ入力端子~アナログ出力端子間:トランス絶縁、アイソレーションIC絶縁
外部接続方式 コネクタ式端子台

(注1): アナログ入力カセットにはアナログ出力機能はありません。


熱電対カセット
仕様

項目 AFP7FCTC2
入力点数 2ch(ch間絶縁)
入力レンジ
(注1)
K熱電対 -50.0~+500.0℃
J熱電対 -50.0~+500.0℃
デジタル変換値
通常時 K-500~K5000
レンジオーバー時 K-501、K5001またはK8000
断線時 K8000
データ準備中 K8001
分解能 0.2℃(ソフトウェア平均処理で表示は0.1℃)
サンプリング周期 100ms/2ch
総合精度 ±0.5%F.S.以下+冷接点誤差:1.5℃(0~+55℃)
入力インピーダンス 344kΩ
絶縁方式 熱電対入力端子~内部デジタル回路間:トランス絶縁、アイソレーションIC絶縁
熱電対入力端子間:トランス絶縁、アイソレーションIC絶縁
外部接続方式 コネクタ式端子台

(注1): 熱電対設定はカセット前面スイッチで切り替え。

ページトップへ戻る

入・出力ユニット

入力仕様

項目 DC入力ユニット
16点タイプ 32点タイプ 64点タイプ
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
定格入力電圧 12~24V DC 24V DC
定格入力電流 約6mA(24V) 2.7mA
インピーダンス 3.6kΩ 8.2kΩ
最小ON電圧/最小ON電流 9.6V/2mA 19.2V/2.5mA
最大OFF電圧/最大OFF電流 2.5V/1mA 5V/1.5mA
応答時間 OFF→ON 0.1ms 以下(注1) 0.2ms 以下(注1)
ON→OFF 0.2ms 以下(注1) 0.2ms 以下(注1)
コモン方式 8点/コモン 32点/コモン
外部接続方式 端子台接続(端子ネジM3) コネクタ接続(MIL規格準拠40P) コネクタ接続(MIL規格準拠40P 2個使用)

(注1):入力時定数切替機能により変更可能。

項目 入・出力混合ユニット(入力部)
DC入力/シンクタイプ DC入力/ソースタイプ
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
定格入力電圧 24V DC
定格入力電流 2.7mA 3.4mA
インピーダンス 8.2kΩ 7.5kΩ
最小ON電圧/最小ON電流 19.2V/2.5mA
最大OFF電圧/最大OFF電流 5V/1.5mA
応答時間 OFF→ON 0.2ms 以下(注1)
ON→OFF 0.2ms 以下(注1)
コモン方式 32点/コモン
外部接続方式 コネクタ接続(MIL規格準拠40P)

(注1):入力時定数切替機能により変更可能。

出力仕様

項目 リレー出力ユニット 入・出力混合ユニット
(出力部)
16点タイプ シンクタイプ
(NPNオープンコレクタ)
32点タイプ
絶縁方式 リレー絶縁 フォトカプラ絶縁
定格制御容量 2A 250V AC
2A 30V DC
-
最小負荷 1mA 100mV DC(抵抗負荷) -
出力形式 - オープンコレクタ
定格負荷電圧 - 5~24V DC
負荷電圧許容範囲 - 4.75~26.4V DC
最大負荷電流 0.3A仕様
(Y0-Y7)
- 0.3A(20.4~26.4V DC)
30mA(4.75V DC)
0.1A仕様
(上記以外)
- 0.1A(20.4~26.4V DC)
15mA(4.75V DC)
コモン制限 5A 3.2A/コモン
最大突入電流 - 0.6A
OFF時漏洩電流 - 1μA以下
ON時最大電圧降下 - 0.5V以下
応答時間 OFF→ON 約10ms 0.1ms以下
(負荷電流2mA以上)
ON→OFF 約8ms 0.3ms以下
(負荷電流2mA以上)
寿命 機械的寿命 2,000万回以上 -
電気的寿命 10万回以上 -
外部供給電源 電圧 - 4.75~26.4V DC
電流(24V時) - 70mA
サージキラー スナバ回路
(漏れ電流:0.2mA以下)
ツェナーダイオード
短絡保護 - -
コモン方式 16点/コモン 32点/コモン
外部接続方式 端子台接続
(端子ネジM3)
コネクタ接続
(MIL規格準拠40P 1個使用)
項目 トランジスタ出力ユニット
シンクタイプ
(NPNオープンコレクタ)
ソースタイプ
(PNPオープンコレクタ)
16点タイプ 32点タイプ 64点タイプ 16点タイプ
絶縁方式 フォトカプラ絶縁 フォトカプラ絶縁
定格制御容量 - - - -
最小負荷 - - - -
出力形式 オープンコレクタ
定格負荷電圧 5~24V DC
負荷電圧許容範囲 4.75~26.4V DC
最大負荷電流 0.3A仕様
(Y0-Y7)
1A 0.3A
(26.4~20.4V DC)
30mA
(4.75V DC)
0.3A
(20.4~26.4V DC)
30mA
(4.75V DC)
1A
0.1A仕様
(上記以外)
0.1A
(20.4~26.4V DC)
15mA
(4.75V DC)
コモン制限 5A 3.2A/1コモン 5A
最大突入電流 3A 0.6A 3A
OFF時漏洩電流 1μA以下 1μA以下
ON時最大電圧降下 0.5V以下 0.5V以下
応答
時間
OFF→ON 0.05ms以下
(負荷電流0.5mA以上)
0.1ms以下
(負荷電流1mA以上)
0.1ms以下
(負荷電流2mA以上)
0.05ms以下
(負荷電流0.5mA以上)
ON→OFF 0.3ms以下
(負荷電流0.5mA以上)
0.3ms以下
(負荷電流1mA以上)
0.3ms以下
(負荷電流1mA以上)
0.3ms以下
(負荷電流0.5mA以上)
寿命 機械的寿命 - - - -
電気的寿命 - - - -
外部供給電源 電圧 4.75~26.4V DC 4.75~26.4V DC
電流(24V時) 70mA 110mA 70mA/コモン 70mA
サージキラー ツェナーダイオード ツェナーダイオード
短絡保護 - -
コモン方式 16点/コモン 32点/コモン 16点/コモン
外部接続方式 端子台接続
(端子ネジM3)
コネクタ接続
(MIL規格準拠40P)
コネクタ接続
(MIL規格準拠40P 2個使用)
端子台接続
(端子ネジM3)
項目 トランジスタ出力ユニット 入・出力混合ユニット(出力部)
ソースタイプ(PNPオープンコレクタ)
32点タイプ 64点タイプ 32点タイプ
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
出力形式 オープンコレクタ
定格負荷電圧 5~24V DC
負荷電圧許容範囲 4.75~26.4V DC
最大負荷電流 0.3A仕様
(Y0-Y7)
0.3A(26.4~20.4V DC)
30mA(4.75V DC)
0.3A(20.4~26.4V DC)
30mA(4.75V DC)
0.1A仕様
(上記以外)
0.1A(20.4~26.4V DC)
15mA(4.75V DC)
コモン制限 3.2A/1コモン
最大突入電流 0.6A
OFF時漏洩電流 1μA以下
ON時最大電圧降下 0.5V以下
応答時間 OFF→ON 0.1ms以下(負荷電流2mA以上)
ON→OFF 0.5ms以下(負荷電流2mA以上)
外部供給電源 電圧 4.75~26.4V DC
電流(24V時) 130mA 90mA/コモン 90mA
サージキラー ツェナーダイオード
短絡保護 -
コモン方式 32点/コモン
動作表示 32点LED表示(ON時点灯) 32点LED表示(ON時点灯、SW切り替え)
外部接続方式 コネクタ接続
(MIL規格準拠40P)
コネクタ接続
(MIL規格準拠40P 2個使用)
コネクタ接続
(MIL規格準拠40P 1個使用)

ページトップへ戻る

アナログ入・出力ユニット

アナログ入力仕様(AFP7AD4H/AFP7AD8)

ご注文品番 AFP7AD4H AFP7AD8
ch数 4ch 8ch
入力レンジ
(分解能
最大16ビット)
電圧(注1) -10~+10V(分解能:1/62,500)
0~10V(分解能:1/31,250)
0~5V(分解能:1/31,250)
1~5V(分解能:1/25,000) (注2)
電流 0~20mA(分解能:1/31,250)
4~20mA(分解能:1/25,000)(注2)
変換速度 電圧/電流 25μs/ch(ch間非絶縁時)
5ms/ch(ch間絶縁時)
25μs/ch(ch間非絶縁)
総合精度 ±0.05%F.S.以下(at +25℃)
±0.1%F.S.以下(at 0~+55℃)
±0.1%F.S.以下(at +25℃)
±0.3%F.S.以下(at 0~+55℃)
入力
インピーダンス
電圧入力 約1MΩ
電流入力 250Ω
絶対最大入力 -15~+15V電圧入力
-2~+30mA電流入力
絶縁方式 入力端子~
内部回路間
フォトカプラ
絶縁型DC/DCコンバータ
チャンネル間 フォトモスリレー 非絶縁
デジタル
処理
平均 回数 2~60,000回の範囲設定
時間 1~1,500ms(ch間非絶縁時)
200~60,000ms(ch間絶縁時)
の時間設定
1~1,500msの時間設定
(ch間非絶縁)
移動 2~2,000回の範囲設定
スケール変換設定 ±30,000で任意
オフセット設定 ±3,000で任意
ゲイン設定 9,000~11,000 で任意
入力レンジ切り替え チャンネルごと切り替え
変換実行/非実行チャンネル設定 1チャンネル単位で設定可能
最大値・最小値保持 各チャンネルごとに設定可能
上限値・下限値比較 各チャンネルごとに設定可能(ヒステリシス可)
断線検知 0.7V/2.8mA 未満の時検出
※電圧入力レンジ 1~5V DCまたは、電流入力レンジ 4~20mAの設定時のみ
2.8mA未満の時検出
※電流入力レンジ4~20mAの設定時のみ
バッファ機能 トリガ3種(ソフトトリガ/外部トリガ/入力レベル)
トリガ
入力部
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
定格入力電圧 24V DC 24V DC
定格入力電流 約4.5mA(24V DC) 約12mA(24V DC)
入力インピーダンス 約5.1kΩ 約2kΩ
使用電圧範囲 21.6~26.4V DC
最小ON 電圧/最小ON 電流 19.2V/3.5mA
最大OFF 電圧/最大OFF 電流 5V/1.5mA
応答時間 OFF→ON 0.2ms以下 0.1ms以下
ON→OFF 0.2ms以下 0.1ms以下
コモン方式 2点/1コモン 1点/1コモン
外部接続方式 端子台接続(M3端子ネジ)

(注1): AFP7AD8で電圧レンジ設定時に、入力が未接続となっているチャンネルには、約2Vのアナログ入力に相当するデジタル変換値が入力リレーエリア(WX)に格納されますのでご注意ください。
(注2): 電圧1~5V DC、電流4~20mAにおける精度上のフルスケール(F.S.)は、それぞれ0~5V DC、0~20mAです。

アナログ出力仕様(AFP7DA4H)

項目 AFP7DA4H
ch数 4ch
出力レンジ
(分解能
最大16ビット)
電圧 -10~+10V(分解能:1/62,500)
0~10V(分解能:1/31,250)
0~5V(分解能:1/31,250)
1~5V(分解能:1/25,000)
電流 0~20mA(分解能:1/31,250)
4~20mA(分解能:1/25,000)
変換速度 電圧/電流 25μs/ch
総合精度 ±0.1%F.S.以下(at +25℃)
±0.3%F.S.以下(at 0 ~ +55℃)
出力インピーダンス(電圧出力) 0.5Ω以下
出力最大電流(電圧出力) 10mA
出力許容負荷抵抗(電流出力) 500Ω以下
絶縁方式 入力端子~
内部回路間
フォトカプラ
絶縁型DC/DC コンバータ
チャンネル間 非絶縁
スケール変換設定 ±30,000 で任意
オフセット
ゲイン機能
オフセット設定 ±3,000 で任意
ゲイン設定 9,000~11,000 で任意
出力レンジ切り替え チャンネルごと切り替え
変換実行/非実行チャンネル設定 1チャンネル単位で設定可能
上下限出力クリップ機能 各チャンネルごとに設定可能
アナログ出力保持(PROG時) 現在値保持/任意値で保持/保持しない
外部接続方式 端子台接続(M3 端子ネジ)

ページトップへ戻る

温度入力ユニット

温度入力ユニットはCPUユニットの本体ファームウェアVer.2.0以降のみ対応。
Control FPWIN GR7はVer.2.2 以降にて対応。

熱電対マルチアナログ入力ユニット仕様(AFP7TC8)

品名 熱電対マルチアナログ入力ユニット
ご注文品番 AFP7TC8
ch数 8ch
入力レンジ
(分解能)
熱電対
(分解能:0.1℃)
K1:-100.0~+600.0℃/K2:-200.0~+1000.0℃
J1:-100.0~+400.0℃/J2:-200.0~+750.0℃
T :-270.0~+400.0℃/N :-270.0~+1300.0℃
R : 0.0~+1760.0℃/S : 0.0~+1760.0℃
B : 0.0~+1820.0℃/E :-270.0~+1000.0℃
PL II: 0.0~+1390.0℃/WRe5-26:0.0~+2315.0℃
電圧 -10~+10V DC(分解能:1/62,500)
0~5V DC(分解能:1/31,250)
1~5V DC(分解能:1/25,000)(注1)
-100~+100mV DC(分解能:1/62,500)
分解能16bit(最大)
電流 0~20mA(分解能:1/31,250)
4~20mA(分解能:1/25,000)(注1)
分解能16bit(最大)
変換速度 5ms/ch+5ms(注2)
25ms/ch+25ms
測定ch数にドリフト補正測定時間を加算
総合精度 ±0.1%F.S.以下(at +25℃)
±0.3%F.S.以下(at 0~+55℃)
基準接点補償精度 ±1.0℃(熱電対入力時)
入力
インピーダンス
電圧 1MΩ
電流 250Ω
絶縁方式 入力端子~
内部回路間
フォトカプラ
絶縁型DC/DCコンバータ
チャンネル間 フォトモスリレー
変換実行/非実行チャンネル設定 1チャンネル単位で設定可能
入力レンジ切り替え チャンネルごと切り替え
デジタル
処理
平均処理 回数、時間、移動
スケール変換設定 ±30,000で任意(電圧・電流レンジのみ)
オフセット設定 ±3,000で任意
ゲイン設定 ±10%
上限値・下限値比較 各チャンネルごとに設定可能
最大値・最小値保持 各チャンネルごとに設定可能
断線検知 あり
外部接続方式 コネクタ式端子台接続

(注1):電圧:1~5V DC、電流:4~20mAにおける精度上のフルスケール(F.S.)は、それぞれ0~5V DC、0~20mAです。
(注2):ACノイズ除去は無効となります。

測温抵抗体入力ユニット仕様(AFP7RTD8)

品名 測温抵抗体入力ユニット
ご注文品番 AFP7RTD8
ch数 8ch
入力レンジ
(分解能)
熱電対
(分解能:0.1℃)
Pt100 (1) :-100.0~+200.0℃
Pt100 (2) :-200.0~+650.0℃
JPt100(1):-100.0~+200.0℃
JPt100(2):-200.0~+650.0℃
Pt1000 :-100.0~+100.0℃
変換速度 25ms/ch + 25ms
測定ch数にドリフト補正測定時間を加算
総合精度 ±0.1%F.S.以下(at +25℃)
±0.3%F.S.以下(at 0~+55℃)
許容信号源抵抗 測温抵抗体入力:30Ω(3線バランス時)
絶縁方式 入力端子~
内部回路間
フォトカプラ
絶縁型DC/DCコンバータ
チャンネル間 フォトモスリレー
変換実行/非実行チャンネル設定 1チャンネル単位で設定可能
入力レンジ切り替え チャンネルごと切り替え
デジタル
処理
平均処理 回数、時間、移動
オフセット設定 ±3,000で任意
ゲイン設定 ±10%
上限値・下限値比較 各チャンネルごとに設定可能
最大値・最小値保持 各チャンネルごとに設定可能
断線検知 あり
外部接続方式 コネクタ式端子台接続

ページトップへ戻る

マルチ入出力ユニット

機能仕様

項目 AFP7MXY32DWD




占有I/O点数 入出力各64点(4ワード)
外部入出力点数 入力16点、出力16点
入力時定数設定 なし、0.5μs、1μs、2μs、4μs、8μs、16μs、32μs、64μs、96μs、128μs、256μs、2ms、4ms、8ms
2点単位で設定可能
出力極性設定 出力なし、Nch、Pch、両ch(プッシュプル出力)、差動出力
4点単位で設定可能



点数 8点/ユニット
(割り込み有効設定時はFP7システムで最大8ユニット使用可能)
モード 割り込みなしユニット、割り込みユニット
(ディップスイッチにて設定)
割り込み発生条件設定 端子入力、比較一致



カウンタ方式 リングカウンタ
リニアカウンタ
入力モード 方向判別、個別入力、位相入力
チャンネル数 4ch(注1)
計数範囲 32ビット符号付(-2,147,483,648~+2,174,483,647)
上下限値設定可能
最高計数速度 入力電圧5V時:500kHz(注2)
入力電圧12V時:500kHz(位相入力時350kHz) (注2)
入力電圧24V時:250kHz(位相入力時180kHz) (注2)
最小入力パルス幅 0.5μs
比較出力設定 最大8点 
端子入力カウンタ4ch
その他 逓倍機能(1、2、4逓倍)
経過値オフセット/プリセット機能
経過値保持機能、計数上下限値設定
入力パルス周波数計測
オーバーフロー/アンダーフロー検知




チャンネル数 4ch
出力モード 方向判別、個別出力、位相出力、比較一致停止
出力端子 パルス出力機能 2端子/ch(B11~B18端子)
PWM出力機能 1端子/ch(B11、B13、B15、B17端子)
出力周波数 パルス出力機能 1~500kHz(注3) (1Hz単位)
PWM出力機能 1~100kHz(注3) (1Hz単位)
デューティ比 パルス出力機能 約50%(固定)
PWM出力機能 0~100%(0.1%単位で設定)
その他機能 パルス数計測機能(パルス専用カウンタ4ch)

(注1): 経過値保持機能を使用するとch数が制限されます。
(注2): 入力パルス50%デューティの場合です。
(注3): プッシュプル設定または出力電流0.1A時。負荷により変動します。

高速カウンタユニット

種類 2chタイプ 4chタイプ
ご注文品番 AFP7HSC2T AFP7HSC4T

絶縁方式 フォトカプラ絶縁
定格入力電圧 12~24V DC/3.5~5V DC
入力インピーダンス 24V DC 約3.0kΩ
5V DC 約390Ω
使用電圧範囲 24V DC 10.8~26.4V DC
5V DC 3.5~5.25V DC
最小ON電圧/
最小ON電流
24V DC 10V DC/4mA
5V DC 3.0V DC/4mA
最小OFF電圧/
最小OFF電流
24V DC 2.0V DC/2mA
5V DC 1.0V DC/0.5mA
入力時定数設定 なし、0.1μs、0.2μs、0.5μs、1.0μs、2.0μs、10.0μs





カウンタ数 2ch 4ch
カウンタの種類 リニアカウンタ/リングカウンタ
計数範囲 符号付き32ビット(-2,147,483,648~+2,147,483,647)
最大計数速度 4MHz/8MHz 個別入力(A相、B相)時(デューティ比 50±10%)
4MHz/8MHz 方向判別入力時(デューティ比 50±10%)
4MHz/8MHz/16MHz 位相差(2相)入力時(デューティ比 50±10%、位相ズレ5%未満)
入力信号 A相、B相、Z相
外部入出力 コントロール信号入力4点(2点/ch)
外部出力 4点(2点/ch)
コントロール信号入力8点(2点/ch)
外部出力 8点(2点/ch)
入力の種類 個別入力     1逓倍、2逓倍
方向判別入力   1逓倍、2逓倍
位相差(2相)入力 1逓倍、2逓倍、4逓倍

周波数計測機能 カウント値の変化の間隔を計測し、周波数を算出する

目標値一致機能 カウンタ値が目標値に到達したとき、そのカウント方向により出力をセットまたはリセットする



比較結果出力機能 比較機能での結果を出力する


キャプチャ機能 入力信号のエッジにより現在のカウント値を取得し、キャプチャ0レジスタまたはキャプチャ1レジスタに保存する
カウンタ値をキャプチャする度に指定したキャプチャレジスタの値は新規の値に上書きされ、古い値は破棄する
割り込み入力機能 あり(2点/ch、最大8点/ユニット)(注1)(注2)

(注1): 割り込み入力機能は8点/ユニット、システム全体では最大8ユニット(最大64点)まで使用可能ですが、割り込みプログラムを多用すると、逆に全体のスキャンタイムが遅くなりますので、最小限でご使用ください。
(注2): 割り込み入力の優先順位は、ユニット内では割り込みビットの小さい順番、システム全体ではユニット番号の小さい順番に処理されます。

ページトップへ戻る

モーションコントロールユニット

項目 16軸タイプ 32軸タイプ 64軸タイプ

接続スレーブ
(注1)(注2)(注3)

Panasonic製 ACサーボモータ MINAS A6B / A5Bシリーズ
S-LINK V ゲートウェイコントローラ EtherCAT対応 SL-VGU1-EC
制御軸数 存在軸 : 16軸
仮想軸 : 8軸
存在軸 : 32軸
仮想軸 : 16軸
存在軸 : 64軸
仮想軸 : 32軸
通信周期 0.5ms / 1ms / 2ms / 4ms
補間機能 2軸直線補間、2軸円弧補間
3軸直線補間、3軸螺旋補間
占有I/O点数 16入力、16出力



位置制御
(CSP)
位置指定方式 アブソリュート(絶対位置指定)、インクリメント(相対位置指定)
位置指定単位 pulse
μm(指令最小単位は0.1μm、1μm からの選択)
inch( 指令最小単位は0.00001inch、0.0001inch からの選択)
degree(指令最小単位は0.1degree、1degree からの選択)
位置指令範囲 pulse : −2,147,483,648~2,147,483,647pulse
μm(0.1μm) : −214,748,364.8~214,748,364.7μm
μm(1μm) : −2,147,483,648~2,147,483,647μm
inch(0.00001inch) : −21,474.83648~21,474.83647inch
inch(0.0001inch) : −214,748.3648~214,748.3647inch
degree(0.1degree) : −214,748,364.8~214,748,364.7degree
degree(1degree) : −2,147,483,648~2,147,483,647degree
速度指令範囲 pulse : 1~2,147,483,647pps
μm : 1~2,147,483.647μm/s
inch : 0.001~32,767.000inch/s
degree : 0.001~2,147,483.647rev/s
加減速方式 直線加減速、S字加減速
加速/減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
位置決めテーブル数 各軸 標準エリア 1,000点
拡張エリア 100点(但し、同時起動使用は24軸です)
制御方式 単独 PTP制御(E点制御、C点制御)、CP制御(P点制御)
速度制御(J点制御)
2軸
補間
直線補間 E点、P点、C点制御 合成速度または長軸速度指定
円弧補間 E点、P点、C点制御 中心点または通過点指定
3軸
補間
直線補間 E点、P点、C点制御 合成速度または長軸速度指定
螺旋補間 E点、P点、C点制御 中心点または通過点指定
その他機能 ドゥエルタイム 0~32,767ms(1ms単位で設定可能)



JOG/
インチング運転
速度指令範囲 pulse : 1~2,147,483,647pps
μm : 1~2,147,483,647μm/s
inch : 0.001~2,147,483.647inch/s
degree : 0.001~2,147,483.647rev/s
加減速方式 直線加減速、S字加減速
加速/減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
原点復帰 速度指令範囲 pulse : 1~2,147,483,647pps
μm : 1~2,147,483,647μm/s
inch : 0.001~2,147,483.647inch/s
degree : 0.001~2,147,483.647rev/s
加減速方式 直線加減速、S字加減速
加速/減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
復帰方式 DOG方式(4種)、リミット方式(2種)、データセット方式、Z相方式、当て止め方式(2種)



減速停止 減速時間 起動している軸の軸動作モード起動時間
非常停止 減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
リミット停止 減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
エラー停止 減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
システム停止 減速時間 即停止(1ms)、全軸停止





同期基本設定 マスタ軸 存在軸、仮想軸から選択可能
スレーブ軸 最大8軸/マスタ 最大16軸/マスタ 最大32軸/マスタ
電子ギア機能 動作設定 ギア比設定
動作方式 ダイレクト方式、加減速方式
電子クラッチ機能 クラッチONトリガ 接点入力
クラッチ方式 ダイレクト方式、直線すべり方式
電子カム機能 カム曲線 20種類より選択
位相(0~100%)内で複数曲線指定可能
分解能 1,024、2,048、4,096、8,192、16,384、32,768
カムパターン数 16~64
(分解能による)
32~128
(分解能による)
64~256
(分解能による)




ソフトリミット機能 設定範囲 pulse : −2,147,483,648~2,147,483,647pulse
μm(0.1μm) : −214,748,364.8~214,748,364.7μm
μm(1μm) : −2,147,483,648~2,147,483,647μm
inch(0.00001inch) : −21,474.83648~21,474.83647inch
inch(0.0001inch) : −214,748.3648~214,748.3647inch
degree(0.1degree) : −214,748,364.8~214,748,364.7degree
degree(1degree) : −2,147,483,648~2,147,483,647degree
モニタ判定 トルク判定 トルク判定 有効/無効、エラー/ワーニング選択可能
0.0~±500.0%
実速度判定 実速度判定 有効/無効、エラー/ワーニング選択可能
0.0~±5,000rpm
バックアップ パラメータ、位置決めデータはフラッシュメモリにて保存(バッテリレス)
・リミット入力CWL、CCWLモニタ、近傍(DOG)モニタ
・汎用入力5点、汎用出力1点(AMPからの入出力)
・補助出力接点、補助出力コード
消費電流(24VDC) 約180mA
質量 約150g

(注1): A6B、SL-VGU1-ECは、FP7モーションコントロールユニットVer.1.2以降に対応しています。
(注2): ネットワーク上にA6BまたはA5Bが1台以上存在している必要があります。また、A6BとA5Bは混在して使用することができます。
(注3): EtherCAT用のハブ、Ethernet用のハブは使用することはできません。

ページトップへ戻る

位置決めユニット

性能仕様

項目 仕様
2軸タイプ 4軸タイプ
ご注文品番 AFP7PP02T AFP7PP02L AFP7PP04T AFP7PP04L
出力タイプ トランジスタ ラインドライバ トランジスタ ラインドライバ
動作最大速度 500kpps 4Mpps 500kpps 4Mpps
制御軸数 2軸 4軸
補間制御 2軸直線補間
2軸円弧補間
2軸直線補間 3軸直線補間
2軸円弧補間 3軸螺旋補間
位置指定単位 pulse
μm(指令最小単位は0.1μm、1μmからの選択)
inch(指令最小単位は0.00001inch、0.0001inchからの選択)
degree(指令最小単位は0.1degree、1degreeからの選択)
位置指令範囲 pulse:-1,073,741,823~+1,073,741,823pulse
μm(0.1μm):-107,374,182.3~+107,374,182.3μm
μm(1μm):-1,073,741,823~+1,073,741,823μm
inch(0.00001inch):-10,737.41823~+10,737.41823inch
inch(0.0001inch):-107,374.1823~+107,374.1823inch
degree(0.1degree):-107,374,182.3~+107,374,182.3degree
degree(1degree):-1,073,741,823~+1,073,741,823degree
速度指令範囲 pulse:1~32,767,000pps
μm:1~32,767,000μm/s
inch:0.001~32,767.000inch/s
degree:0.001~32,767.000rev/s
※出力速度が動作最大速度を超えないように指定してください



位置
制御
位置指定方式 アブソリュート(絶対位置指定)、インクリメント(相対位置指定)
加減速方式 直線加減速 S字加減速
加速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
位置決めテーブル数 各軸 標準エリア600点、拡張エリア25点



単独 PTP制御(E点制御、C点制御)、CP制御(P点制御)
速度制御(J点制御)
2軸
補間
直線補間 E点、P点、C点制御 合成速度 または 長軸速度指定
円弧補間 E点、P点、C点制御 中心点 または 通過点指定
3軸
補間
直線補間 E点、P点、C点制御 合成速度 または 長軸速度指定
螺旋補間 E点、P点、C点制御 中心点 または 通過点指定
起動速度 標準エリア 3ms以下、拡張エリア5ms以下
その他機能 ドゥエルタイム 0~32,767ms(1ms 単位で設定可能)



JOG
運転
加減速方式 直線加減速 S字加減速
加速・減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
原点
復帰
加減速方式 直線加減速
加速・減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
復帰方式 DOG方式(3種)、リミット方式(2種)、データセット方式、Z相方式
パルサー
運転
速度指令範囲 パルサーの入力に同期して動作



減速停止 減速時間 起動している動作の減速時間
非常停止 減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
リミット停止 減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
エラー停止 減速時間 0~10,000ms(1ms単位で設定可能)
システム停止 減速時間 即停止(0ms) 全軸停止





同期基本設定 マスタ軸 存在軸、仮想軸、パルス入力(1~4)から選択可能
スレーブ軸 最大2軸 最大4軸
電子ギア機能 動作設定 ギア比設定
動作方式 ダイレクト方式、加減速方式
電子クラッチ機能 クラッチONトリガ 接点入力
クラッチ方式 ダイレクト方式、直線すべり方式
電子カム機能 カム曲線 20種類より選択
位相(0~100%)内で複数曲線指定可能
分解能 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768
カムパターン数 4~16(分解能による)




出力モード 1パルス出力(pulse+sign)、
2パルス出力(cw/ccw)
高速カウンタ
機能(注1)
計数範囲 -1,073,741,823~+1,073,741,823pulse
入力モード 位相差入力、方向判別入力、
個別入力(各モード逓倍機能あり)
サーボON出力内蔵

(注1):パルサー入力機能および高速カウンタ機能は同一のパルス入力端子を使用しますので、両機能を同時にはご使用できません。

ページトップへ戻る

パルス出力ユニット

性能仕様

項目 AFP7PG02T AFP7PG04T AFP7PG02L AFP7PG04L
出力タイプ トランジスタ ラインドライバ
占有点数 入出力各32点 入出力各64点 入出力各32点 入出力各64点
制御軸数 独立2 軸 独立4 軸 独立2 軸 独立4 軸
位置指令 指令単位 パルス(インクリメント、アブソリュート対応)
最大パルス数 符号付32 ビット(+2,147,483,647~-2,147,483,648 パルス)
速度指令 指令範囲 1pps~500kpps(1pps 単位で設定可能) 1pps~4Mpps(1pps 単位で設定可能)
加減速指令 加減速方式 直線加減速、S字加減速制御
S字種類 Sin、2次、サイクロイド、3次曲線選択可能
加減速時間 0~32,767ms(1ms 単位で設定可能)
原点復帰 原点復帰速度 速度設定可能(復帰速度、サーチ速度)
入力信号 原点入力、原点近傍入力、リミット(+)、リミット(-)
出力信号 偏差カウンタクリア信号
運転モード ・E点制御(直線加減速、S字加減速)
・P点制御(直線加減速、S字加減速)
・原点復帰動作(原点サーチ)
・JOG 運転動作 (注1)
・JOG 位置決め動作
・パルサー入力機能(注2)逓倍可能 (×1、×2、×5、×10、×50、×100、×500、×1000)
・リアルタイム周波数変更
・無限出力
起動速度 0.02ms, 0.005ms, 0.001ms 選択可能(注3)
出力インターフェイス 出力モード 1 パルス出力(パルス+サイン)、2 パルス出力(cw+ccw)
高速カウンタ
機能(注2)
計数範囲 符号付32 ビット(+2,147,483,647~-2,147,483,648pulse)
入力モード 位相差入力、方向判別入力、個別入力(各モード逓倍機能あり)
その他機能 ・I/O 接点による起動
・リミット(+)、リミット(-)内蔵
・サーボON 出力搭載
外部供給電源 電圧 21.6~26.4V
電流 50mA(24V時) 90mA(24V時) 50mA(24V時) 90mA(24V時)

(注1): 直線加減速動作を選択したときは、動作中の目標速度の変更が可能です。
(注2): パルサー入力機能および高速カウンタ機能は同一のパルス入力端子を使用しますので、両機能を同時にはご使用できません。
(注3): 起動時間は共有メモリの制御コードの設定で変更することができます。工場出荷時(初期値)は0.02ms となっております。起動時間は起動から1パルス目の出力までの時間となります。

ページトップへ戻る

プログラマブル入出力ユニット

仕様

項目 AFP7PXY001
入出力/メモリ 入力16点/出力16点、ユニットメモリ4096ワード
※各入出力の機能はユニット内部FPGAのプログラミングにより自由に設定可能
入力回路 500kHz、DC5V、24V対応(5V、24V端子別)
フォトカプラ絶縁
出力回路 200kHz、DC5V~24V
トランジスタ(シンクタイプ) 0.1A
フォトカプラ絶縁
開発ツール、環境 ザイリンクス社の開発ツール(ISE® Design Suite)を使用
(プログラミングはお客様にて実施)

(注1): 本製品には、FPGA(Field Programmable Gate Array)というデバイスを使用しています。FPGAのプログラミングには専用の言語の知識が必要となります。
(注2): ISEは、ザイリンクス社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ページトップへ戻る

電源ユニット

仕様

項目 AFP7PSA1 AFP7PSA2
入力定格電圧 100~240V AC
入力電圧許容範囲 85~264V AC
入力電源周波数 47~63Hz
突入電流 40A以下(注2)
入力電流 0.75A以下 1.25A以下
定格出力電流(24V) 1.0A 1.8A
ALARM接点容量 1A(30V DC)
残寿命期間カウント機能 なし あり(注1)

(注1):CPUユニットにて報知します。
(注2):コールドスタート時。
(注3):AFP7CPS21には、使用できません。

ページトップへ戻る

シリアルコミュニケーションユニット

仕様

項目 AFP7NSC
通信カセット装着数 最大2カセット
CPUユニットへの装着数 最大8ユニット

ページトップへ戻る

マルチワイヤリンクユニット

仕様

項目 AFP7MW
モード Wモード W2モード Fモード
通信方式 トークンバス方式 ポーリング方式
伝送方式 ベースバンド方式
伝送速度 500kbit/s 500kbit/s、
250kbit/s
500kbit/s
伝送距離 総延長最大 800m 総延長最大 800m(500kbit/s)
総延長最大 1,200m(250kbit/s)
総延長最大700m
接続局数 最大32局 親局1台+
子局最大32局
伝送エラーチェック CRC(Cyclic Redundancy Check)方式
同期方式 調歩同期式
インタフェース RS485準拠
伝送路 ツイストペアケーブル ツイストペア、VCTF
RAS機能 ハードウェア自己診断機能

PHLS(リモートI/O)ユニット

通信仕様(共通)

項目 仕様
通信方式 二線式半二重
絶縁方式 パルストランス絶縁
通信速度 6Mbps/12Mbps
同期方式 ビット同期
誤り検出 CRC-12
通信距離 総延長 200m(6Mbps)/100m(12Mbps)(注1)
接続方式 マルチドロップ方式
インピーダンス 100Ω
終端抵抗 製品上に実装
外部インターフェイス マスタユニット:端子台(2ch)
スレーブユニット(標準タイプ):ネジ式端子台
スレーブユニット(小型タイプ):コネクタ式端子台

(注1):推奨ケーブル使用時の性能です。推奨ケーブルを使用しない場合、最大伝送距離および最大スレーブ数の性能を満たさない場合があります。

入力部仕様

項目 仕様
標準タイプ 小型タイプ
絶縁方式 フォトカプラ絶縁 非絶縁
定格入力電圧 24V DC
定格入力電流 約3mA 約4.3mA
入力インピーダンス 約7.5kΩ 約5.6kΩ
最小ON 電圧/最小ON 電流 15V/2mA 17V/2mA
最大OFF 電圧/最大OFF 電流 5V/0.5mA
応答時間 OFF→ON 1ms以下
ON→OFF 1ms以下

出力部仕様(リレーを除く)

項目 仕様
標準タイプ 小型タイプ(リレーを除く)
絶縁方式 フォトカプラ絶縁 非絶縁
出力形式 シンクタイプ(オープンコレクタ出力)
定格負荷電圧 20.4~28.8V DC
最大制御容量 0.1A/1点
最大突入電流 0.5A
OFF 時漏洩電流 0.1mA以下
ON 時最大電圧降下 0.5V以下
応答時間 OFF→ON 0.05ms以下
ON→OFF 0.5ms以下
サージキラー ツェナーダイオード
短絡保護 なし

出力部仕様(リレー)

項目 仕様
小型タイプ(リレー)
絶縁方式 リレー絶縁
定格制御容量 1A 250V AC(2A/コモン)
1A 30V DC(2A/コモン)
最小負荷 0.1mA 100mV(抵抗負荷)
応答時間 OFF→ON 10ms以下
ON→OFF 5ms以下
寿命 機械的寿命 2,000万回以上
電気的寿命 10万回以上(開閉頻度:20回/分)
サージキラー なし
短絡保護 なし

ページトップへ戻る

各ユニット一般仕様

一般共通仕様

項目 仕様
使用周囲温度 0~+55℃、保存時:-40~+70℃
使用周囲湿度 10~95%RH(at +25℃ 結露なきこと)、保存時:10~95%RH(at +25℃ 結露なきこと)
耐電圧 500V AC 1分間(注2)(注3)
絶縁抵抗 100MΩ以上(500V DCにて)
耐振動 5~8.4Hz 片振幅 3.5mm 1掃引/1分間(IEC61131-2)、8.4~150Hz 定加速度 9.8m/s2 1掃引/1分間(IEC61131-2)、XYZ各方向10分間
耐衝撃 147m/s2以上 XYZ各方向3回(IEC61131-2)
耐ノイズ性 1,000V[P-P] パルス幅 50ns、1μs(ノイズシミュレータ法による)
使用雰囲気 腐食性ガスがないこと。塵埃がひどくないこと。

(注1):耐電圧および絶縁抵抗の詳細については、各製品の仕様書にてご確認ください。
(注2):入・出力ユニットのリレー出力は 2,300V AC 1分間。
(注3):アナログ入力ユニットのアナログ入力ch間は200V AC 1分間、出力ユニットはch間非絶縁。

一般個別仕様

項目 CPUユニット 増設ユニット
AFPCPS41E(S) AFP7CPS31E(S) AFP7CPS31(S) AFP7CPS21 AFP7EXPM AFP7EXPS
定格電圧範囲 20.4~28.8V DC - 20.4~28.8V DC
消費電流 200mA以下 150mA以下 120mA以下(注1) 100mA以下(注1)
本体質量 約220g
(端子台・エンドユニット含む)
約180g
(端子台・エンドユニット含む)
約120g 約200g
(エンドユニット含む)
項目 通信カセット マルチワイヤリンクユニット
AFP7CCS1 AFP7CCS2 AFP7CCM1 AFP7CCM2 AFP7CCS1M1 AFP7CCET1 AFP7MW
定格電圧範囲 - - - - - - -
消費電流 35mA以下
(注2)
60mA以下
(注2)
60mA以下
(注2)
90mA以下
(注2)
70mA以下
(注2)
35mA以下
(注2)
100mA以下
本体質量 約25g
(端子台含む)
約20g 約100g
項目 機能カセット シリアルコミュニケーション
ユニット
電源ユニット
AFP7FCAD2 AFP7FCA21 AFP7FCTC2 AFP7NSC AFP7PSA1 AFP7PSA2
定格電圧範囲 - - - - 100~240V AC
消費電流 40mA以下
(注2)
75mA以下
(注2)
45mA以下
(注2)
約50mA
(カセット未装着時)
750mA以下 1,250mA以下
本体質量 約25g
(端子台含む)
約110g 約240g 約290g
項目 入・出力ユニット
AFP7X16DW AFP7X32D2 AFP7X64D2 AFP7Y16R AFP7Y16T AFP7Y32T
定格電圧範囲 - - - - - -
消費電流 25mA以下 30mA以下 35mA以下 180mA以下 35mA以下 50mA以下
本体質量 約125g 約95g 約110g 約180g 約125g 約95g
付属品 - バラ線コネクタセット:
1セット(AWG22,24)
- - -
項目 入・出力ユニット
AFP7Y64T AFP7Y16P AFP7Y32P AFP7Y64P AFP7XY64D2T AFP7XY64D2P
定格電圧範囲 - - - - - -
消費電流 75mA以下 35mA以下 50mA以下 75mA以下 55mA以下 55mA以下
本体質量 約115g 約125g 約95g 約115g 約115g 約115g
付属品 バラ線コネクタセット:
1セット(AWG22,24)
- バラ線コネクタセット:
1セット(AWG22,24)
項目 アナログ入・出力ユニット 温度入力ユニット
AFP7AD4H AFP7DA4H AFP7AD8 AFP7TC8 AFP7RTD8
定格電圧範囲 - - - - -
消費電流 100mA以下 250mA以下 85mA以下 80mA以下 65mA以下
本体質量 約130g 約130g 約130g 約145g 約145g
項目 高速カウンタユニット 位置決めユニット
AFP7HSC2T AFP7HSC4T AFP7PP02T AFP7PP04T AFP7PP02L AFP7PP04L
定格電圧範囲 - - - - - -
消費電流 65mA以下 65mA以下 120mA以下 120mA以下 120mA以下 120mA以下
本体質量 約130g 約130g 約145g 約145g 約145g 約145g
付属品 バラ線コネクタセット:1セット(AWG22,24)
項目 パルス出力ユニット
AFP7PG02T AFP7PG04T AFP7PG02L AFP7PG04L
定格電圧範囲 - - - -
消費電流 65mA以下 65mA以下 65mA以下 65mA以下
本体質量 約130g 約150g 約130g 約150g
項目 モーションコントロールユニット マルチ入出力ユニット
AFP7MC16EC AFP7MC32EC AFP7MC64EC AFP7MXY32DWD
定格電圧範囲 - - - -
消費電流 180mA以下 180mA以下 180mA以下 100mA以下
本体質量 約150g 約150g 約150g 約100g
項目 プログラマブル
入出力ユニット
PHLS(リモートI/O)ユニット
AFP7PXY001 AFP7PHLSM AFPRP1X08D2 AFPRP1X16D2 AFPRP1Y16T
定格電圧範囲 - - 20.4~28.8V DC
消費電流 100mA以下 85mA以下 100mA以下 150mA以下 75mA以下
本体質量 約120g 約110g 約140g 約210g 約210g
項目 PHLS(リモートI/O)ユニット
AFPRP1XY16D2T AFPRP2X08D2E AFPRP2X16D2 AFPRP2Y16T AFPRP2XY16D2T AFPRP2Y04R
定格電圧範囲 20.4~28.8V DC
消費電流 120mA以下 100mA以下 170mA以下 40mA以下 110mA以下 85mA以下
本体質量 約210g 約75g 約75g 約75g 約75g 約75g

(注1): 電源電圧、増設台数によっても異なります。
(注2): CPUユニットの消費電流の増加分です。


受注終了(予定)品

機能仕様

項目 AFP7MXY32DWDH




占有I/O点数 入出力各96点(6ワード)
外部入出力点数 入力16点、出力16点
入力時定数設定 なし、0.5μs、1μs、2μs、4μs、8μs、16μs、32μs、64μs、96μs、128μs、256μs、2ms、4ms、8ms
2点単位で設定可能
出力極性設定 出力なし、Nch、Pch、両ch(プッシュプル出力)、差動出力
4点単位で設定可能



点数 8点/ユニット
(割り込み有効設定時はFP7システムで最大8ユニット使用可能)
モード 割り込みなしユニット、割り込みユニット
(ディップスイッチにて設定)
割り込み発生条件設定 端子入力、比較一致



カウンタ方式 リングカウンタ
リニアカウンタ
入力モード 方向判別、個別入力、位相入力
チャンネル数 4ch(注1)
計数範囲 32ビット符号付(-2,147,483,648~+2,174,483,647)
上下限値設定可能
最高計数速度 入力電圧5V時:500kHz(注2)
入力電圧12V時:500kHz(位相入力時350kHz) (注2)
入力電圧24V時:250kHz(位相入力時180kHz) (注2)
最小入力パルス幅 0.5μs
比較出力設定 最大8点 
端子入力カウンタ4ch
その他 逓倍機能(1、2、4逓倍)
経過値オフセット/プリセット機能
経過値保持機能、計数上下限値設定
入力パルス周波数計測
オーバーフロー/アンダーフロー検知




チャンネル数 4ch
出力モード 方向判別、個別出力、位相出力、比較一致停止
出力端子 パルス出力機能 2端子/ch(B11~B18端子)
PWM出力機能 1端子/ch(B11、B13、B15、B17端子)
出力周波数 パルス出力機能 1~500kHz(注3) (1Hz単位)
PWM出力機能 1~100kHz(注3) (1Hz単位)
デューティ比 パルス出力機能 約50%(固定)
PWM出力機能 0~100%(0.1%単位で設定)
その他機能 パルス数計測機能(パルス専用カウンタ4ch)

(注1): 経過値保持機能を使用するとch数が制限されます。
(注2): 入力パルス50%デューティの場合です。
(注3): プッシュプル設定または出力電流0.1A時。負荷により変動します。

位置決め機能仕様(AFP7MXY32DWDH)

項目 AFP7MXY32DWDH
制御軸数 最大4軸



位置指定方式 インクリメント、アブソリュート
出力インタフェース トランジスタ・オープンコレクタ出力、プッシュプル、ラインドライバ(注1)
パルス出力方式 Pulse+Sign、CW+CCW
最大出力周波数 500kHz
出力パルスデューティ比 テーブル設定モード使用時 : 50%固定
制御単位 Pulse



位置指定範囲 −1,073,741,824~1,073,741,823pulse
速度指令範囲 Pulse : 1~500,000Hz
動作最大速度 500kHz
加減速方式 直線加減速
加速時間 1~10,000ms(1ms単位で設定可能)
減速時間 1~10,000ms(1ms単位で設定可能)
位置決めテーブル数 各軸20テーブル(連続実行は2テーブル迄)
制御方式(単軸) PTP制御(E点制御、C点制御)、CP制御(P点制御)、速度制御(J点制御)(注2)(注3)
制御方式(2軸直線補間) E点、P点、C点制御、合成速度または長軸速度設定
ドゥエルタイム 0~32,767ms(1ms単位で設定可能)
J
O
G

速度指令範囲 Pulse : 1~500,000Hz(注3)
加減速方式 直線加減速
加速時間 1~10,000ms(1ms単位で設定可能)
減速時間 1~10,000ms(1ms単位で設定可能)



速度指令範囲 Pulse : 1~500,000Hz
加減速方式 直線加減速
加速時間 1~10,000ms(1ms単位で設定可能)
減速時間 1~10,000ms(1ms単位で設定可能)
復帰方式 DOG方式(3種)、原点方式、データセット方式



減速停止 各軸ごとに実行中の運転の減速時間で減速停止
非常停止 各軸ごとに非常停止時に設定した減速時間で停止
リミット停止 各軸ごとにリミット入力時に設定した減速時間で停止
システム停止 全軸を即停止

(注1): ラインドライバ設定時は軸数が削減されます。
(注2): J点制御はCH0とCH1の2軸のみ実行可能。
(注3): J点制御およびJOG運転時は起動後の速度変更可能。

一般個別仕様

項目 マルチ入出力ユニット
AFP7MXY32DWDH
定格電圧範囲 -
消費電流 100mA以下
本体質量 約100g

その他

ページトップへ戻る

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

3年保証 FAシステム・FA機器商品
関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])