制御機器

受注終了品を探す



角型近接センサ[アンプ内蔵] GX-F/H

仕様

GX-6タイプ

種類 NPN出力タイプ PNP出力タイプ
型式名
(注2)
フラットON GX-F6A(I) GX-F6B(I) GX-F6A(I)-P GX-F6B(I)-P
ヘッドON GX-H6A(I) GX-H6B(I) GX-H6A(I)-P GX-H6B(I)-P
最大動作距離
(注3)
1.6mm±8%
安定検出範囲
(注3)
0~1.3mm
標準検出物体 鉄12×12×t1mm
CEマーキング適合指令 EMC指令、RoHS指令
応差
(ヒステリシス)
動作距離の20%以下(標準検出物体にて)
繰り返し精度 検出軸方向、検出軸に直角方向: 0.04mm以下
電源電圧 12~24V DC +10-15% リップルP-P10%以下
消費電流 15mA以下
出力 NPNトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流入電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-0V間)
・残留電圧:2V以下(流入電流100mAにて)
PNPトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流出電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-+V間)
・残留電圧:2V以下(流出電流100mAにて)
  出力動作 接近時ON 離れてON 接近時ON 離れてON
最大応答周波数 400Hz
動作表示灯 橙色LED(出力ON時点灯)



保護構造 IP68(IEC)、IP68G (注4)(注5)
使用周囲温度 -25~+70℃、保存時:-40~+85℃
使用周囲湿度 35~85%RH、保存時:35~95%RH
耐電圧 AC1,000V 1分間 充電部一括・ケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガにて50MΩ以上 充電部一括・ケース間
耐振動 耐久10~500Hz 複振幅3mm(MAX.20G) XYZ各方向2時間
耐衝撃 耐久10,000m/s2(約1,000G) XYZ各方向3回






温度特性 使用周囲温度範囲にて+23℃のときの検出距離の±8%以内
電圧特性 使用電源電圧の+10%/-15%の変動にて±2%以内
材質 本体:PBT、表示灯部:ポリエステル
ケーブル 0.15mm2 3芯耐油・耐熱・耐寒キャブタイヤケーブル 1m付
ケーブル延長 0.3mm2以上のケーブルにて全長100mまで延長可能
本体質量 約15g

(注1):指定のない測定条件は、使用周囲温度=+23℃です。
(注2):型式名に"I"が付いた機種は異周波タイプ、型式名末尾に“-P”が付いた機種はPNP出力タイプです。
(注3):最大動作距離は、標準検出物体に対する最大検出距離を示します。安定検出範囲は、使用周囲温度や電源電圧の変動などを考慮し、標準検出物体を安定して検出できる距離範囲を示しています。
(注4):IP68の当社試験方法
1. 0℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置し、その直後に70℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置する。
2. 1.のヒートショック試験を1サイクルとし、20サイクル行なう。
3. 水深1mの水中に500時間放置する。
4. 1.~3.の試験後、絶縁抵抗・耐電圧・消費電流・検出距離が規格値を満足すること。
(注5):切削油の飛沫がかかる環境で使用される場合は、油に含まれる添加物等により劣化する恐れがあります。
ご使用の切削油に対する耐性につきましては事前のご確認をお願いします。

GX-8タイプ

種類 NPN出力タイプ PNP出力タイプ
型式名
(注2)
フラットON GX-F8A(I) GX-F8B(I) GX-F8A(I)-P GX-F8B(I)-P
ヘッドON GX-H8A(I) GX-H8B(I) GX-H8A(I)-P GX-H8B(I)-P
最大動作距離
(注3)
2.5mm±8%
安定検出範囲
(注3)
0~2.1mm
標準検出物体 鉄15×15×t1mm
CEマーキング適合指令 EMC指令、RoHS指令
応差
(ヒステリシス)
動作距離の20%以下(標準検出物体にて)
繰り返し精度 検出軸方向、検出軸に直角方向: 0.04mm以下
電源電圧 12~24V DC +10-15% リップルP-P10%以下
消費電流 15mA以下
出力 NPNトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流入電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-0V間)
・残留電圧:2V以下(流入電流100mAにて)
PNPトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流出電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-+V間)
・残留電圧:2V以下(流出電流100mAにて)
  出力動作 接近時ON 離れてON 接近時ON 離れてON
最大応答周波数 500Hz
動作表示灯 橙色LED(出力ON時点灯)



保護構造 IP68(IEC)、IP68G (注4)(注5)
使用周囲温度 -25~+70℃、保存時:-40~+85℃
使用周囲湿度 35~85%RH、保存時:35~95%RH
耐電圧 AC1,000V 1分間 充電部一括・ケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガにて50MΩ以上 充電部一括・ケース間
耐振動 耐久10~500Hz 複振幅3mm(MAX.20G) XYZ各方向2時間
耐衝撃 耐久10,000m/s2(約1,000G) XYZ各方向3回






温度特性 使用周囲温度範囲にて+23℃のときの検出距離の±8%以内
電圧特性 使用電源電圧の+10%/-15%の変動にて±2%以内
材質 本体:PBT、表示灯部:ポリエステル
ケーブル 0.15mm2 3芯耐油・耐熱・耐寒キャブタイヤケーブル 1m付
ケーブル延長 0.3mm2以上のケーブルにて全長100mまで延長可能
本体質量 フラットONタイプ:約15g、ヘッドONタイプ:約20g

(注1):指定のない測定条件は、使用周囲温度=+23℃です。
(注2):型式名に"I"が付いた機種は異周波タイプ、型式名末尾に“-P”が付いた機種はPNP出力タイプです。
(注3):最大動作距離は、標準検出物体に対する最大検出距離を示します。安定検出範囲は、使用周囲温度や電源電圧の変動などを考慮し、標準検出物体を安定して検出できる距離範囲を示しています。
(注4):IP68の当社試験方法
1. 0℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置し、その直後に70℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置する。
2. 1.のヒートショック試験を1サイクルとし、20サイクル行なう。
3. 水深1mの水中に500時間放置する。
4. 1.~3.の試験後、絶縁抵抗・耐電圧・消費電流・検出距離が規格値を満足すること。
(注5):切削油の飛沫がかかる環境で使用される場合は、油に含まれる添加物等により劣化する恐れがあります。
ご使用の切削油に対する耐性につきましては事前のご確認をお願いします。

GX-12タイプ

種類 NPN出力タイプ PNP出力タイプ
型式名
(注2)
フラットON GX-F12A(I) GX-F12B(I) GX-F12A(I)-P GX-F12B(I)-P
ヘッドON GX-H12A(I) GX-H12B(I) GX-H12A(I)-P GX-H12B(I)-P
最大動作距離
(注3)
4.0mm±8%
安定検出範囲
(注3)
0~3.3mm
標準検出物体 鉄20×20×t1mm
CEマーキング適合指令 EMC指令、RoHS指令
応差
(ヒステリシス)
動作距離の20%以下(標準検出物体にて)
繰り返し精度 検出軸方向、検出軸に直角方向:0.04mm以下
電源電圧 12~24V DC +10-15% リップルP-P10%以下
消費電流 15mA以下
出力 NPNトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流入電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-0V間)
・残留電圧:2V以下(流入電流100mAにて)
PNPトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流出電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-+V間)
・残留電圧:2V以下(流出電流100mAにて)
  出力動作 接近時ON 離れてON 接近時ON 離れてON
最大応答周波数 500Hz
動作表示灯 橙色LED(出力ON時点灯)



保護構造 IP68(IEC)、IP68G (注4)(注5)
使用周囲温度 -25~+70℃、保存時:-40~+85℃
使用周囲湿度 35~85%RH、保存時:35~95%RH
耐電圧 AC1,000V 1分間 充電部一括・ケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガにて50MΩ以上 充電部一括・ケース間
耐振動 耐久10~500Hz 複振幅3mm(MAX.20G) XYZ各方向2時間
耐衝撃 耐久10,000m/s2(約1,000G) XYZ各方向3回






温度特性 使用周囲温度範囲にて+23℃のときの検出距離の±8%以内
電圧特性 使用電源電圧の+10%/-15%の変動にて±2%以内
材質 本体:PBT、表示灯部:ポリエステル
ケーブル 0.15mm2 3芯耐油・耐熱・耐寒キャブタイヤケーブル 1m付
ケーブル延長 0.3mm2以上のケーブルにて全長100mまで延長可能
本体質量 フラットONタイプ:約20g、ヘッドONタイプ:約20g

(注1):指定のない測定条件は、使用周囲温度=+23℃です。
(注2):型式名に"I"が付いた機種は異周波タイプ、型式名末尾に“-P”が付いた機種はPNP出力タイプです。
(注3):最大動作距離は、標準検出物体に対する最大検出距離を示します。安定検出範囲は、使用周囲温度や電源電圧の変動などを考慮し、標準検出物体を安定して検出できる距離範囲を示しています。
(注4):IP68の当社試験方法
1. 0℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置し、その直後に70℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置する。
2. 1.のヒートショック試験を1サイクルとし、20サイクル行なう。
3. 水深1mの水中に500時間放置する。
4. 1.~3.の試験後、絶縁抵抗・耐電圧・消費電流・検出距離が規格値を満足すること。
(注5):切削油の飛沫がかかる環境で使用される場合は、油に含まれる添加物等により劣化する恐れがあります。
ご使用の切削油に対する耐性につきましては事前のご確認をお願いします。

GX-15タイプ

種類 NPN出力タイプ PNP出力タイプ
型式名
(注2)
フラットON GX-F15A(I) GX-F15B(I) GX-F15A(I)-P GX-F15B(I)-P
ヘッドON GX-H15A(I) GX-H15B(I) GX-H15A(I)-P GX-H15B(I)-P
最大動作距離
(注3)
5.0mm±8%
安定検出範囲
(注3)
0~4.2mm
標準検出物体 鉄20×20×t1mm
CEマーキング適合指令 EMC指令、RoHS指令
応差
(ヒステリシス)
動作距離の20%以下(標準検出物体にて)
繰り返し精度 検出軸方向、検出軸に直角方向:0.04mm以下
電源電圧 12~24V DC +10-15% リップルP-P10%以下
消費電流 15mA以下
出力 NPNトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流入電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-0V間)
・残留電圧:2V以下(流入電流100mAにて)
PNPトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流出電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-+V間)
・残留電圧:2V以下(流出電流100mAにて)
  出力動作 接近時ON 離れてON 接近時ON 離れてON
最大応答周波数 250Hz
動作表示灯 橙色LED(出力ON時点灯)



保護構造 IP68(IEC)、IP68G (注4)(注5)
使用周囲温度 -25~+70℃、保存時:-40~+85℃
使用周囲湿度 35~85%RH、保存時:35~95%RH
耐電圧 AC1,000V 1分間 充電部一括・ケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガにて50MΩ以上 充電部一括・ケース間
耐振動 耐久10~500Hz 複振幅3mm(MAX.20G) XYZ各方向2時間
耐衝撃 耐久10,000m/s2(約1,000G) XYZ各方向3回






温度特性 使用周囲温度範囲にて+23℃のときの検出距離の±8%以内
電圧特性 使用電源電圧の+10%/-15%の変動にて±2%以内
材質 本体:PBT、表示灯部:ポリエステル
ケーブル 0.15mm2 3芯耐油・耐熱・耐寒キャブタイヤケーブル 1m付
ケーブル延長 0.3mm2以上のケーブルにて全長100mまで延長可能
本体質量 約20g

(注1):指定のない測定条件は、使用周囲温度=+23℃です。
(注2):型式名に"I"が付いた機種は異周波タイプ、型式名末尾に“-P”が付いた機種はPNP出力タイプです。
(注3):最大動作距離は、標準検出物体に対する最大検出距離を示します。安定検出範囲は、使用周囲温度や電源電圧の変動などを考慮し、標準検出物体を安定して検出できる距離範囲を示しています。
(注4):IP68の当社試験方法
1. 0℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置し、その直後に70℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置する。
2. 1.のヒートショック試験を1サイクルとし、20サイクル行なう。
3. 水深1mの水中に500時間放置する。
4. 1.~3.の試験後、絶縁抵抗・耐電圧・消費電流・検出距離が規格値を満足すること。
(注5):切削油の飛沫がかかる環境で使用される場合は、油に含まれる添加物等により劣化する恐れがあります。
ご使用の切削油に対する耐性につきましては事前のご確認をお願いします。

GX-15(長距離)タイプ

種類 長距離
NPN出力タイプ PNP出力タイプ
型式名
(注2)
フラットON GX-FL15A(I) GX-FL15B(I) GX-FL15A(I)-P GX-FL15B(I)-P
ヘッドON GX-HL15A(I) GX-HL15B(I) GX-HL15A(I)-P GX-HL15B(I)-P
最大動作距離
(注3)
8.0mm±8%(注4)
安定検出範囲
(注3)
0~6.7mm(注4)
標準検出物体 鉄30×30×t1mm
CEマーキング適合指令 EMC指令、RoHS指令
応差
(ヒステリシス)
動作距離の20%以下(標準検出物体にて)
繰り返し精度 検出軸方向、検出軸に直角方向:0.04mm以下
電源電圧 12~24V DC +10-15% リップルP-P10%以下
消費電流 15mA以下
出力 NPNトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流入電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-0V間)
・残留電圧:2V以下(流入電流100mAにて)
PNPトランジスタ・オープンコレクタ
・最大流出電流:100mA
・印加電圧:30V DC以下(出力-+V間)
・残留電圧:2V以下(流出電流100mAにて)
  出力動作 接近時ON 離れてON 接近時ON 離れてON
最大応答周波数 150Hz(注5)
動作表示灯 橙色LED(出力ON時点灯)



保護構造 IP68(IEC)、IP68G (注6)(注7)
使用周囲温度 -25~+70℃、保存時:-40~+85℃
使用周囲湿度 35~85%RH、保存時:35~95%RH
耐電圧 AC1,000V 1分間 充電部一括・ケース間
絶縁抵抗 DC500Vメガにて50MΩ以上 充電部一括・ケース間
耐振動 耐久10~500Hz 複振幅3mm(MAX.20G) XYZ各方向2時間
耐衝撃 耐久10,000m/s2(約1,000G) XYZ各方向3回






温度特性 使用周囲温度範囲にて+23℃のときの検出距離の±8%以内
電圧特性 使用電源電圧の+10%/-15%の変動にて±2%以内
材質 本体:PBT、表示灯部:ポリエステル
ケーブル 0.15mm2 3芯耐油・耐熱・耐寒キャブタイヤケーブル 1m付
ケーブル延長 0.3mm2以上のケーブルにて全長100mまで延長可能
本体質量 約20g

(注1): 指定のない測定条件は、使用周囲温度=+23℃です。
(注2): 型式名に"I"が付いた機種は異周波タイプ、型式名末尾に“-P”が付いた機種はPNP出力タイプです。
(注3): 最大動作距離は、標準検出物体に対する最大検出距離を示します。安定検出範囲は、使用周囲温度や電源電圧の変動などを考慮し、標準検出物体を安定して検出できる距離範囲を示します。
(注4): 絶縁体に取り付けた場合です。鉄やステンレスなどへ取り付ける場合は、別売のアルミシート(MS-A15□)をセンサと取付板の間に入れてご使用ください。
(注5): :絶縁体に取り付けた場合です。金属に取り付ける場合は、最大応答周波数が低下します。
(注6): IP68の当社試験方法
1. 0℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置し、その直後に+70℃の水に水面下0mに潜水させ30分放置する。
2. 1.のヒートショック試験を1サイクルとし、20サイクル行なう。
3. 水深1mの水中に500時間放置する。
4. 1.~3.の試験後、絶縁抵抗・耐電圧・消費電流・検出距離が規格値を満足すること。
(注7): 切削油の飛沫がかかる環境で使用される場合は、油に含まれる添加物等により劣化する恐れがあります。
ご使用の切削油に対する耐性につきましては事前のご確認をお願いします。

ページトップへ戻る

関連情報

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])