制御機器

受注終了品を探す



堅牢セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B-□G Ver.2

回路・接続

入・出力回路図

<PNP出力で使用する場合>

入・出力回路図 <PNP出力で使用する場合>
(注1): 上図は12芯ケーブル使用時です。8芯ケーブルを使用する場合、赤、黄、灰、灰/黒、空/白、空/黒リード線はありません。

※ S1

スイッチS1
投光停止入力/リセット入力
手動リセットの場合
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):投光停止(注1)
開放:投光

自動リセットの場合
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):投光(注1)
開放:投光停止
インタロック設定入力、オーバーライド入力、ミューティング入力A/B、
外部デバイスモニタ入力
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):有効(注1)
開放:無効
(注1): Vsは、使用している電源電圧です。


<NPN出力で使用する場合>

入・出力回路図 <NPN出力で使用する場合>
(注1): 上図は12芯ケーブル使用時です。8芯ケーブルを使用する場合、赤、黄、灰、灰/黒、空/白、空/黒リード線はありません。

※ S1

スイッチS1
投光停止入力/リセット入力
手動リセットの場合
0~+1.5V(流出電流5mA以下):投光停止
開放:投光

自動リセットの場合
0~+1.5V(流出電流5mA以下):投光
開放:投光停止
インタロック設定入力、オーバーライド入力、ミューティング入力A/B、
外部デバイスモニタ入力
0~+1.5V(流出電流5mA以下):有効
開放:無効

接続例

基本構成(8芯ケーブル):インタロック機能“有効(手動リセット)”、外部デバイスモニタ機能“有効”


<PNP出力で使用する場合>

接続例 基本構成(8芯ケーブル) <PNP出力で使用する場合>

※ S1

スイッチS1
投光停止入力/リセット入力
手動リセットの場合
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):投光停止(注1)
開放:投光

自動リセットの場合
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):投光(注1)
開放:投光停止
(注1): Vsは、使用している電源電圧です。

上図は、PNP出力で使用し、インタロック機能“有効(手動リセット)”、外部デバイスモニタ機能“有効”の場合です。

インタロック機能を“無効(自動リセット)”にする場合
接続例 基本構成(8芯ケーブル) <PNP出力で使用する場合> インタロック機能を“無効(自動リセット)”にする場合
外部デバイスモニタ機能“無効”の場合
接続例 基本構成(8芯ケーブル) <PNP出力で使用する場合> 外部デバイスモニタ機能“無効”の場合


<NPN出力で使用する場合>

接続例 基本構成(8芯ケーブル) <NPN出力で使用する場合>

※ S1

スイッチS1
投光停止入力/リセット入力
手動リセットの場合
0~+1.5V(流出電流5mA以下):投光停止
開放:投光

自動リセットの場合
0~+1.5V(流出電流5mA以下):投光
開放:投光停止

上図は、NPN出力で使用し、インタロック機能“有効(手動リセット)”、外部デバイスモニタ機能“有効”の場合です。

インタロック機能を“無効(自動リセット)”にする場合
接続例 基本構成(8芯ケーブル) <NPN出力で使用する場合> インタロック機能を“無効(自動リセット)”にする場合
外部デバイスモニタ機能“無効”の場合
接続例 基本構成(8芯ケーブル) <NPN出力で使用する場合> 外部デバイスモニタ機能“無効”の場合
ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付):インタロック機能“無効(自動リセット)”、外部デバイスモニタ機能“無効”


<PNP出力で使用する場合>

接続例 ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付) <PNP出力で使用する場合>

※ S1

スイッチS1
投光停止入力/リセット入力
手動リセットの場合
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):投光停止(注1)、開放:投光

自動リセットの場合
Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):投光(注1)、開放:投光停止
オーバーライド入力、ミューティング入力A/B、外部デバイスモニタ入力Vs~Vs-2.5V(流入電流5mA以下):有効(注1)、開放:無効
(注1): Vsは、使用している電源電圧です。

上図は、PNP出力で使用し、インタロック機能“無効(自動リセット)”、外部デバイスモニタ機能“無効”の場合です。

インタロック機能を“有効(手動リセット)”にする場合
  • インタロック機能を“有効(手動リセット)”にした場合、オーバーライド機能は使用できません。
接続例 ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付) <PNP出力で使用する場合> インタロック機能を“有効(手動リセット)”にする場合
外部デバイスモニタ機能“有効”の場合
接続例 ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付) <PNP出力で使用する場合> 外部デバイスモニタ機能“有効”の場合


<NPN出力で使用する場合>

接続例 ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付) <NPN出力で使用する場合>

※ S1

スイッチS1
投光停止入力/リセット入力
手動リセットの場合
0~+1.5V(流出電流5mA以下):投光停止、開放:投光

自動リセットの場合
0~+1.5V(流出電流5mA以下):投光、開放:投光停止
オーバーライド入力、ミューティング入力A/B、外部デバイスモニタ入力
0~+1.5V(流出電流5mA以下):有効、開放:無効

上図は、NPN出力で使用し、インタロック機能“無効(自動リセット)”、外部デバイスモニタ機能“無効”の場合です。

インタロック機能を“有効(手動リセット)”にする場合
  • インタロック機能を“有効(手動リセット)”にした場合、オーバーライド機能は使用できません。
接続例 ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付) <NPN出力で使用する場合> インタロック機能を“有効(手動リセット)”にする場合
外部デバイスモニタ機能“有効”の場合
接続例 ミューティング制御構成(12芯ケーブル・干渉防止線付) <NPN出力で使用する場合> 外部デバイスモニタ機能“有効”の場合

SF-C11

SF4Bシリーズ接続図(制御カテゴリ4)

PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
  • セーフティライトカーテン入力極性選択スイッチをPNP側に設定し、0Vを接地します。
SF-C11 PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
(注1): 上図は手動リセットの場合です。自動リセットで使用する場合は、X2へ接続している配線をX3へ接続し直してください。この場合、リセット(RESET)ボタンは不要です。
(注2): リセット(RESET)ボタンには、モーメンタリ式のスイッチをご使用ください。
(注3): テスト(TEST)ボタンは、開放時投光停止、短絡時投光です。使用しない場合は、T1-T2間を短絡してください。
NPN出力(プラス接地)で使用する場合
  • 上図においてセーフティライトカーテン入力極性選択スイッチをNPN側に設定し、電源入力のプラス側を接地します。
     SF-C11 NPN出力(プラス接地)で使用する場合
SF-C11とセーフティライトカーテンを接続する場合、必ず下記の接続 ケーブルをご使用ください。
SFB-CB□、SFB-CCJ10
日本国内プレス機械の安全装置(シャー非対応)として使用時:
SFPB-CB□、SFPB-CCJ10

端子配列図

SF-C11 端子配列図     
端子名 内 容
A1 +24V DC
A2 0V
13-14、23-24、33-34 安全出力(NO接点×3)
41-42 補助出力(NC接点×1)
X1 リセット出力端子
X2 リセット入力端子(手動)
X3 リセット入力端子(自動)
A 使用しません。
B
T1 テスト出力端子
T2 テスト入力端子
AUX 半導体補助出力

セーフティライトカーテン接続用コネクタピン配置図

SF-C11 セーフティライトカーテン接続用コネクタピン配置図     
コネクタピンNo. 投光器側コネクタ 受光器側コネクタ
1 インタロック OSSD2
2 +24V DC +24V DC
3 投光停止 OSSD1
4 補助出力 EDM(外部リレーモニタ)
5 同期線+ 同期線+
6 同期線- 同期線-
7 0V 0V
8 シールド線 シールド線

SF-C12

SF4Bシリーズ接続図(制御カテゴリ4)

PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
  • 2つのセーフティライトカーテン入力極性選択スイッチをPNP側に設定し、F.G.端子を電源入力の0Vに接続します。
SF-C12 PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
(注1): 上図は手動リセットの場合です。自動リセットで使用する場合は、T1-T2間にノーマルクローズタイプの押ボタンスイッチを接続し、X1-X2間をオープンにします。
NPN出力(プラス接地)で使用する場合
  • 上図において、2つのセーフティライトカーテン入力極性選択スイッチをNPN側に設定し、F.G.端子を電源入力のプラス側に接続します。
SF-C12とセーフティライトカーテンを接続する場合、必ず下記の接続ケーブルをご使用ください。
SFB-CB05-MUSFB-CCJ10-MU

端子配列図

     SF-C12 端子配列図
端子名 内 容
FG フレームグランド(F.G.)端子
A2 0V
A1 +24V DC
13-14、23-24 安全出力(NO接点×2)
31-32 補助出力(NC接点×1)
FB4 外部リレーモニタ端子2
FB3
FB2 外部リレーモニタ端子1
FB1
    
端子名 内 容
R+ 干渉防止線-(受光器側)
R- 干渉防止線+(受光器側
E+ 干渉防止線-(投光器側)
E- 干渉防止線+(投光器側)
T2 投光停止入力端子
T1
X2 自動リセット/手動リセット切換端子
手動リセット:X1-X2間ショート
X1

セーフティライトカーテン接続用コネクタピン配置図

SF-C12 セーフティライトカーテン接続用コネクタピン配置図
(注1): 端子No.11、12の入・出力は本製品では使用しません。
    
コネクタピンNo. 投光器側コネクタ 受光器側コネクタ
1 インタロック OSSD2
2 +24V DC +24V DC
3 投光停止 OSSD1
4 補助出力 EDM(外部リレーモニタ)
5 同期線+ 同期線+
6 同期線- 同期線-
7 0V 0V
8 シールド線 シールド線
9 干渉防止線+ 干渉防止線+
10 干渉防止線- 干渉防止線-
11 (オーバーライド入力) (ミューティング入力1)
12 (ミューティングランプ出力) (ミューティング入力2)

SF-C13

SF4Bシリーズ接続図(制御カテゴリ4)

PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
  • セーフティライトカーテンの制御出力OSSD1とOSSD2をそれぞれS1、S2へ接続します。
SF-C13 PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
(注1): 上図は手動リセットの場合です。自動リセットで使用する場合は、X2へ接続している配線をX3へ接続し直してください。この場合、リセット(RESET)ボタンは不要です。
(注2): リセット(RESET)ボタンには、モーメンタリ式のスイッチをご使用ください。
NPN出力(プラス接地)で使用する場合
  • セーフティライトカーテンの制御出力OSSD1とOSSD2をそれぞれS4、S2へ接続し、プラス側を接地します。
SF-C13 NPN出力(プラス接地)で使用する場合
(注1): 上図は手動リセットの場合です。自動リセットで使用する場合は、X2へ接続している配線をX3へ接続し直してください。この場合、リセット(RESET)ボタンは不要です。
(注2): リセット(RESET)ボタンには、モーメンタリ式のスイッチをご使用ください。
SF-C13とセーフティライトカーテンを接続する場合、必ず下記のバラ線の接続ケーブルをご使用ください。
SFB-CCB□(-MU)、SFB-CC□(-MU
日本国内プレス機械の安全装置(シャー非対応)として使用時:
SFPB-CCB□(-MU)、SFPB-CC□(-MU

端子配列図

SF-C13 端子配列図     
端子名 内 容
A1 +24V DC
A2 0V
S1~S4 セーフティライトカーテン制御出力(OSSD)入力端子
AUX 半導体補助出力
X1 リセット出力端子
X2 リセット入力端子(手動)
X3 リセット入力端子(自動)
13-14、23-24、33-34 安全出力(NO接点×3)
41-42 補助出力(NC接点×1)
セーフティライトカーテン側の配線の際は、端子台を別途ご用意ください。

SF-C14EX(-01)

SF4Bシリーズ接続図(制御カテゴリ4)

PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
  • 出力極性選択スイッチをPNP側に設定し、0Vを接地します。
SF-C14EX(-01) PNP出力(マイナス接地)で使用する場合
(注1): 上図は手動リセットの場合です。自動リセットで使用する場合は破線のように、X12へ接続している配線をX13へ、X22へ接続している配線をX23へ配線し直してください。この場合、リセット(RESET)ボタンは不要です。X31-X32端子は手動リセット専用です。
(注2): リセット(RESET)ボタンには、モーメンタリ式のスイッチをご使用ください。


NPN出力(プラス接地)で使用する場合
  • 出力極性選択スイッチをNPN側に設定し、電源入力のプラス側を接地します。
SF-C14EX(-01) NPN出力(プラス接地)で使用する場合
(注1): 上図は手動リセットの場合です。自動リセットで使用する場合は破線のように、X12へ接続している配線をX13へ、X22へ接続している配線をX23へ配線し直してください。この場合、リセット(RESET)ボタンは不要です。X31-X32端子は手動リセット専用です。
(注2): リセット(RESET)ボタンには、モーメンタリ式のスイッチをご使用ください。

SF-C14EX(-01) NPN出力(プラス接地)で使用する場合


端子配列図

端子配列図     
端子名 機 能 端子名 機 能
14 安全出力1
セーフティライトカーテンの入・遮光出力
S11 非常停止接点入力
2NC入力
S11-S12間
S21-S22間
24 S12
34 安全出力2 ミューティング機能を含めたセーフティライトカーテン出力 S21
44 S22
54 安全出力3
非常停止出力
X11 安全出力1リセット入力
X11-X12:手動リセット
X11-X13:自動リセット
64 X12
S3+ ミューティングセンサ入力1
(PNP出力タイプ)
S3+、S3-:電源、S3:センサ出力
X13
S3 X21 安全出力2リセット入力
X21-X22:手動リセット
X21-X23:自動リセット
S3- X22
S4+ ミューティングセンサ入力2
(NPN出力タイプ)
S4+、S4-:電源、S4:センサ出力
X23
S4 X31 安全出力3リセット入力
X31-X32:手動リセット
S4- X32
T1 テスト入力端子
開放:テストモード、短絡:通常動作
AUX1 補助出力1 ミューティング出力
T2 AUX2 補助出力2 オーバーライド出力
O1 オーバーライド入力端子
開放:無効、短絡:有効
AUX3 補助出力3 ランプ切れ出力
O2 AUX4 補助出力4 セーフティライトカーテン補助出力
L1+ ミューティングランプ出力1 IE+ 干渉防止端子 投光+
L1- IE- 干渉防止端子 投光-
L2+ ミューティングランプ出力2 IR+ 干渉防止端子 受光+
L2- IR- 干渉防止端子 受光-
A1 +24V DC - -
A2 0V - -

セーフティライトカーテン接続用コネクタピン配置図
端子配列図 セーフティライトカーテン接続用コネクタピン配置図     
コネクタピンNo. 投光器側コネクタ 受光器側コネクタ
1 干渉防止線+ 干渉防止線+
2 +24V DC +24V DC
3 干渉防止線- 干渉防止線-
4 補助出力 未使用
5 同期線+ 同期線+
6 同期線- 同期線-
7 0V 0V
8 シールド線 シールド線

ページトップへ戻る

セーフティライトカーテン選択ガイド

セーフティライトカーテン選択ガイド

二者択一の質問に答えるだけで、用途やご使用条件に適したセーフティライトカーテンを選択していただけます。

お電話でお問い合わせ
0120-394-205 [スマートフォン・携帯電話OK]受付時間 9:00-17:00(12:00-13:00、弊社休業日を除く)
WEBでお問い合わせ
  • ご相談はこちら

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
FAセンサ・システム
技術サポート

0120-394-205

ダウンロード

レーザー溶着 工法読本 レーザ溶着工法読本をダウンロードする

ライフ サイエンス分野 分注工程に おける 課題解決事例 検体検査装置編 ライフサイエンス 分注工程における課題解決事例 検体検査装置編

関連情報

ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])