制御機器

受注終了品を探す



パワーリレー無極・有極の違い

1.パワーリレー無極・有極の違い

  無極 有極
代表リレー
接点構成 品種
1a, 1c, 2a, 2c
1a, 1b, 1c, 2a, 2b, 2c, 1a1b, 4a, 4c, 2a2b, 3a1b
ラッチングタイプ
無し
有り
消費電力
(比較:10Aタイプ)
JSリレー 360mW
DKリレー 200mW
耐振動・耐衝撃性能
有極リレーと比較し、弱い
無極リレーと比較し、強い

2.有極パワーリレーの特長

1.ラッチングタイプがあります

パルス入力でリレー接点ONまたはOFFの状態を保持できるため、コイルの消費電力を抑えられます。
(パルス駆動時以外は消費電力ゼロ)

無極(ノンラッチング)の場合 有極(ラッチング)の場合
ずっとコイルに電流流れっぱなし

コイルに励磁している間だけリレーの接点がON

ON状態を維持するためにはずっと
コイルに励磁しなければいけない
パルス入力で省エネ実現

パルス入力でリレーの接点がON/OFF

パルス駆動時以外は消費電力ゼロ

2.高感度です

同じ接点容量で比較すると無極リレーと比べ、高感度

制御容量10Aで比較 DKリレー 200mW
JSリレー 360mW

3.優れた耐振動性

耐振動性(誤動作振動) DKリレー 10~55HZ(複振幅3mm)
JSリレー 10~55HZ(複振幅2mm)

4.優れたNC(b接点)開閉能力

永久磁石の力で復帰時の接点バウンスを抑制
NO(a接点)と同等レベルのNC開閉能力を維持

●リレー復帰時

無極の場合 有極の場合
接点バネの力だけで復帰するため
接点バウンスが大きくなります。
⇒ 接点へのダメージ大
接点バネと永久磁石のダブル
パワーでNCへしっかり復帰します。
⇒ 接点へのダメージ小


ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

商品に関するお問い合わせ
制御部品・電子デバイス
技術サポート

0120-101-550

FAX 0120-027-278

ダウンロード

コネクタ オリジナルレシピ 初級編 コネクタ オリジナルレシピ 初級編

SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ SSRソリッド ステートリレー オリジナルレシピ <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/ssr/index.jsp>

PhotoMOS リレーの基本 PhotoMOS リレーの基本 <https://www3.panasonic.biz/ac/j/user/blog/photomos/index.jsp>

PhotoMOS リレー上級編 PhotoMOS リレー上級編

パワーリレー (2A超)
を選ぶ


ご注文・ご使用に際してのお願い