【夏期休業期間のお知らせ】 2022年8月11日 (木) ~ 2022年8月21日 (日) の期間、勝手ながら当ウェブサイトへのお問合せの回答を休止いたします。

制御機器

受注終了品を探す



レーザ加工技術のご紹介 - 焼印からの置き換え

レーザ加工技術のご紹介

レーザー加工機(レーザマーカ)による切断、穴あけ、表面改質、溶着、表面層の剥離などのレーザー加工実例のご紹介です。
レーザー加工機(レーザマーカ)の原理、ショットブラストや薬品処理(エッチング)、研磨加工、熱針/熱刃、焼印などの既存工法からレーザー加工への置き換え例、レーザー安全基準など、レーザー加工に必要な情報を分かりやすく説明します。

加工工程 ご担当者様必見 レーザ加工への置き換え ご提案6選 をダウンロードする

レーザ加工について

焼印からレーザー加工機(レーザマーカ)への置き換え

従来方式の問題点
焼印のパターンごとに焼型が必要

複数の種類の焼印を行うには、それぞれ型の制作コストが必要。

焼型の温度管理が必要

焼型の温度の変化によって、焼印対象が焼型に付着し、品質不良となる可能性がある。

焼型のメンテナンスが必要

食品等へ接触して焼印を行うため、定期的に清潔に清掃が必要。

 

レーザー加工によるメリット
自由なパターン設定

加工パターンをあらかじめ複数準備することにより、多品種の焼印にも対応可能。

安定的なレーザ照射

周囲温度などに左右されず、レーザーにより安定加工が可能。

非接触加工

非接触で加工するため、短期的なメンテナンスは、照射部のレンズ清掃と、フィルタ清掃のみで利用可能。

 

レーザー加工 アプリケーション事例

凹凸体への焼き印

レーザー光の絞り込みにより、多少の凹凸体でも焼印が可能です。

コルクへの焼印

木材や、革製品など、製品のロゴマークやロットナンバーなどの印字にて利用されています。

食品への焼き印

食品表面を炭化させて印字します。印字部は多少焦げたような味になるので注意が必要です。

ページトップへ戻る

加工工程ご担当者様必見! レーザ加工への置き換えご提案6選
eブックダウンロードのご案内

当ウェブサイトでご紹介している「従来工法からレーザ加工への置き換えご提案6選」を、一冊のeブックにまとめました。
加工工程で課題をお持ちの方への解決策のヒントが満載されていますので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

加工工程ご担当者様必見 レーザ加工への置き換えご提案6選 eブックをダウンロードする

ページトップへ戻る

その他のレーザー加工への置き換え事例をみる

ページトップへ戻る

販売に関するお問い合わせ

最寄の当社営業担当 担当営業所が承ります

電話 0120-998-394

技術に関するお問い合わせ

FAデバイス技術相談窓口

電話 0120-394-205

受付時間 9:00 - 17:00 (12:00-13:00、当社休業日を除く)

レーザマーカ メールでのご相談はこちら

ページトップへ戻る

ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート