【夏期休業期間のお知らせ】 2022年8月11日 (木) ~ 2022年8月21日 (日) の期間、勝手ながら当ウェブサイトへのお問合せの回答を休止いたします。

制御機器

受注終了品を探す



レーザ加工技術のご紹介 - レーザー樹脂(プラスチック)溶着

レーザ加工技術のご紹介

レーザー加工機(レーザマーカ)による切断、穴あけ、表面改質、溶着、表面層の剥離などのレーザー加工実例のご紹介です。
レーザー加工機(レーザマーカ)の原理、ショットブラストや薬品処理(エッチング)、研磨加工、熱針/熱刃、焼印などの既存工法からレーザー加工への置き換え例、レーザー安全基準など、レーザー加工に必要な情報を分かりやすく説明します。

加工工程 ご担当者様必見 レーザ加工への置き換え ご提案6選 をダウンロードする

レーザー加工について

レーザー樹脂(プラスチック)溶着

レーザー樹脂溶着の原理

レーザー光を照射し、被着物の境界面で熱を発生させて溶着する 「接合工法」です。レーザー溶着には、「光透過性樹脂(透過材)」と「光吸収性樹脂(吸収材)」とを組み合わせます。

一般的には透過材と吸収材を密着させるために、接合面へ向けて圧力をかけた上でレーザーを照射します。

レーザー加工によるメリット
非接触による接着

超音波振動による接着では、振動による内部部品へのストレスが加わりますが、レーザー溶着は非接触加工のため、部品へのダメージの心配がありません。

乾燥時間不要

レーザーのエネルギーにより、瞬間的に溶融/ 接合が可能なため、乾燥時間などが不要です。

複雑な形状に対応可能

レーザーを走査させて接着させるため、複雑なパターンでの接着が可能です。

 

レーザー加工 アプリケーション事例

赤外線通信窓

ECUカバー

マイクロ流体デバイス

ページトップへ戻る

樹脂溶着をもっと詳しく知りたい方へ!
レーザー樹脂溶着技術のご紹介

レーザー樹脂溶着技術のご紹介 - 樹脂接合の基礎からレーザー溶着ノウハウまで、レーザー溶着に必要な情報を分かりやすく説明します。接着剤や超音波溶着など従来工法で実施中の方、必見です。

樹脂(プラスチック)接合の基礎からレーザー溶着ノウハウまで、レーザー加工機導入に必要な情報を分かりやすく説明します。接着剤や超音波溶着など、従来工法で樹脂・プラスチック接合をご使用・ご検討中の方、必見です。

レーザー溶着のノウハウを凝縮した「レーザー溶着工法読本」を公開。無償でダウンロードできます。

ページトップへ戻る

その他のレーザー加工への置き換え事例をみる

ページトップへ戻る

販売に関するお問い合わせ

最寄の当社営業担当 担当営業所が承ります

電話 0120-998-394

技術に関するお問い合わせ

FAデバイス技術相談窓口

電話 0120-394-205

受付時間 9:00 - 17:00 (12:00-13:00、当社休業日を除く)

レーザマーカ メールでのご相談はこちら

ページトップへ戻る

ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品を除く]
ご注文・ご使用に際してのお願い(制御部品・電子デバイス)[特定商品]
ご注文・ご使用に際してのお願い(FAセンサ・システム[モータ以外])
ご注文・ご使用に際してのお願い(産業用モータ専用)


ダウンロード制御機器知恵袋よくあるご質問お客様サポート